「その仕事、10年後もありますか?」~風俗業界をオススメしている5つの理由~

アベノミクスの失速、雇用の金銭解決制度…2017年は「これから転職したい!」という方にとって不安要素の大きい年ですよね。今回は、現在転職活動中という方やこれから転職したいという方に、当サイトが『風俗業界』をオススメしている理由をご紹介します。

大手広告代理店から転身する人も…今、『風俗業界』が人気のワケ

現在、大手風俗グループで働くスタッフの中には皆さんがテレビでよく目にするCMを取り扱う一次代理店で働かれていた方もいます。風俗業界に偏見がある方なら「なんであなたのような方が…!」と全力で止めにかかるかもしれませんね。ですが、風俗産業は今や5.7兆円規模を誇る巨大マーケットです。この市場規模は自動車整備や旅行産業とほぼ一緒。業界も安定しています。昔は「風俗店で働く男性なんて…」と言われるような職業でしたが、今は仕事を辞めて未経験で業界へ飛び込む人も少なくありません。そういった方が増えたおかげで人材育成にも力を入れられるようになり、スタッフの質もどんどん上がってきています。

風俗業界がなぜ、安定しているのか。それは『エロに終わりはないから』です。この世に男性と女性が居る限り、いや、どちらか一方の性だけでもなくなってしまわないのがこの『風俗業界』です。生き残りをかけた椅子取りゲームのなかで、いつも優雅に腰かけているのが風俗業界なんです。今回はその『風俗産業の市場価値』や『風俗業界をオススメしている本当の理由』についてお話しします。

あなたの職業…10年後、20年後も働ける?

この間、ファストファッションブランドのお店で買い物をしていたら全レジが無人で驚きましたが、ハンガーを外してカゴを箱の中に入れれば簡単に精算ができてしました…。現在はコンビニでもセルフレジ化が進んでいるようですよね。コンビニでセルフレジっておでんの具にまでバーコードつけるんでしょうか?(それはないか) このまま「人」の仕事はなくなってしまうのではないかと不安を覚えながらその日はお店を出ましたが、今後は端末化や機械化に慣れていかないと本当に時代に取り残されてしまいそうです。

現代では、「人間が開発したテクノロジーが、人間の仕事を奪おうとしている」という見方があります。確かにテクノロジーによってなくなっていく職業があるのも事実です。今では信じられない話ですが、かつては「人力コピー屋さん」や「ボーリングのピンを立てる屋さん」があった時代もあります。このように技術の発展によって完全に消滅してしまった職業もあるのです。 次に、10年後がちょっと心配?な職業についてお話ししていきます。また、10年後、20年後も安泰な仕事とはどんな仕事でしょうか?それについても考えていきましょう。

10年後、20年後がちょっと心配な仕事

◎レジ係り
◎一般事務
◎小売店販売員
◎運転手
◎車掌
◎オペレーター
◎翻訳・通訳
◎データ入力
◎不動産仲介業

などの仕事が「ちょっと心配」だと言われています。確かに最近、レジの人は減ってきているのを感じるし、自動運転の電車が出てきたし、データ入力の求人も本当に少ないですよね。翻訳なども技術革新によってなくなっていくことが想像ができます。今後は、テクノロジーに頼り始めた職種で戦おうとするのは危険だということですね。

10年後、20年後も(おそらく)安泰な仕事

◎ソーシャルワーカ―
◎小学校の先生
◎心理カウンセラー
◎アナウンサー
◎タレント・俳優
◎聖職者
◎聴覚訓練士
◎作業療法士

などの仕事です。確かにどれもロボットの人工知能ではやっていけなさそうな仕事ですよね。比較的、人間の心理に働きかけるような仕事が多い気がします。そういった意味で風俗店で働くキャストの仕事はなくならない仕事ですね。いくら技術が進んでも、人肌は恋しいというのが人間ですよ。【性欲はある→ロボットで満たすのは切なすぎる…→そうだ、風俗店へ行こう!】風俗に通う男性ならこれが自然な流れだと思います(笑)

5つのメリット~風俗業界の価値と魅力~

風俗産業自体の市場規模は「5.7兆円」だとお話ししました。『性風俗業界』はよっぽどの天変地異が起こらない限りは安泰な業界です。最近、そんな風俗業界に魅力を感じてサラリーマンから一転、風俗店で店長を目指す人も増えてきました。世間ではまだまだ肩身の狭い業界のように思えますが、働いてみると普通のサービス業と一緒なんです。娯楽の仕事は今後も残っていきます。次は、この仕事のメリットを改めて見てみましょう。

長く働ける

先ほど、昔は「ボウリングのピンを立てる屋さん」も居たと、お話ししましたが年々技術が進んでなくなってしまう職業が出てくるのも事実です。最初にもご紹介しましたが風俗産業は5兆円以上の巨大市場です。この先も消えることがない業界なので安定した収入を継続的に得ることができます。「年金なんて貰えないだろ…」「子どもが産まれるってのにこんなんじゃ養っていけないぜ…」とお思いの方はこの業界がオススメです。

学歴・職歴・経歴不問

日本ではまだまだ「学歴社会」が根強いですよね。実際に大手企業などでは有名大学卒の社員がうじゃうじゃ居たりします。ですが、風俗業界ではそのようなことはありません!風俗店で働くなら主になる業務は接客です。どんなに高学歴でも人とのコミュニケーションが上手くなければ意味がありません。経験があるに越したことはありませんが、やはり「人柄」が重視されます。最初の仕事も未経験の人でも出来る簡単なものです。サラリーマンの方がどんどん挑戦していっているのも頷けますね。

安定した高収入がある

風俗業界に転職したいという方が、働きたい理由として挙げるのが「高収入」という点です。世間体や見栄を気にするよりとにかく稼いで老後に備えたいという賢い男性は風俗業界で働くことを選びます。イメージはそれほど良くはないのでこれから結婚したいという方には少しハードルが多いかもしれません。ですが、既婚者である、結婚する気は毛頭ない(←笑)という方には非常にお勧めできる業界でもあります。生活するにはお金が必要です。現在、お子様がいらっしゃる男性なら感じているかもしれませんが、人を一人育てるのには本当にお金がかかります。一人の子どもを大学卒業まで育てようと思えば約3,000万円かかると言われています。安定した収入かつ、高額の収入を望むのであればやはり『風俗業界』は賢い選択なのかもしれませんね。

職種も豊富にある

風俗業界は職種も豊富にあるという利点があります。皆さんが風俗の男性求人として想像するのには「店舗スタッフ」や「ドライバー」などが挙げられますが、もちろんそれだけではありません。風俗業界ではお店を売り込むための仕事が多いです。それに伴いデザイナーやレタッチャー、カメラマン、SEO対策班、システムエンジニアなどの職種があり、人事部や経理部など一般企業にもある職種が存在します。大きいグループであればあるほど細かく分業されています。クリエイティブ職やカメラマンとして成長したいという方にも非常にお勧め出来るので、大手グループ店の求人情報も合わせてご覧ください。
【編集部オススメ!】厚待遇で大人気!大手風俗グループ8選

昇進・出世が早い

『風俗業界』では、出世や昇進が早いということがよく言われます。風俗業界は慢性的な人不足に悩まされています。それは高収入であるからこそ、短期的に働く方が多いからです。そのため、スタッフからマネージャー、マネージャーから店長というように昇進がしやすい環境があります。もちろん、給与も30万円から40万円、40万円から50万円というふうに徐々にアップしていきます。昇進・昇格に伴って給与もグンと上がるのでその分、貯金もしっかりすることができ、意欲がある方であれば『独立』の道も開けます。

「その仕事、10年後もありますか?」~風俗業界をオススメしている5つの理由~【まとめ】

今回は、当サイトが風俗業界をオススメしている5つの理由をご紹介しました。 今現在、あなたが就いている職業はどんな職業でしょうか?その業界は10年後も20年後も安泰な業界でしょうか?同じ給料をもらい続けることは可能でしょうか?

答えは専門家にだって分からないかもしれません。ですが、人間の心理や欲に働きかける職業は今後も残っていきます。いくら技術が進んだとは言え、ロボットに出来ない仕事は沢山あります。例えば、小学校の先生がロボットだったらどうでしょうか?道徳の授業や、人間特有のしなやかな動きが必要とされるマット運動やダンスを教えられるでしょうか?これらは「人間にしかできない仕事」ですよね。そのような仕事は多く存在します。

もちろん『風俗』もその一つです。人にしかできないサービスを求めて男性客は風俗店に足を運ぶのです。

『風俗業界』は皆さんが思う程、怖い業界ではありません。「店長…僕、再来月で退職したいんです…」と言っても「おのれぇえええ!!!…どうなるか分かっとるやろなぁあ!!?」なんてことも言われません(笑)まだまだ嫌なイメージも多いですが、働いている方もイキイキとした好青年が多いです。「実際に働いている人のことが知りたい」「具体的な業務内容が知りたい」という方は【闘う男のインタビュー】も合わせてご覧ください。

闘う男のインタビューを見る