実際にはどんなことをする?風俗の送迎ドライバーの仕事内容について

風俗店の求人を見ていると、「送迎ドライバー」という職業があります。送迎ドライバーとは、具体的にどんな仕事内容なのでしょうか? 今回は送迎ドライバーの仕事内容や収入の相場についてご紹介します。

ナイトワークには、送迎ドライバーの存在が欠かせません。
風俗店やキャバクラで働くキャストを派遣先や自宅付近まで送り迎えする仕事ですが、基本的にはルート通りに車を走らせるだけなので体への負担が軽く、短時間で稼げるとあって人気を集めています。
今回は、送迎ドライバーの詳しい仕事内容や、お給料のことなどについてご紹介いたします。

送迎ドライバーの業務内容

ナイトワークの送迎ドライバーの仕事は、大きく分けて2通りあります。
1つ目は、勤務を終えてすでに終電がないキャストを自宅付近まで送り届ける仕事。
2つ目は、風俗店から派遣されるキャストをお客様のもとに送り届け、キャストの呼び出しで再び迎えに行く仕事です。
それぞれの詳しい業務内容について見ていきましょう。

自宅送迎のドライバーの業務内容

キャバクラや店舗型の風俗店など、営業時間が決まっているお店で働く送迎ドライバーの場合は、キャストの終業時間に合わせて複数のキャストを車に乗せ、送って行くのがメイン業務です。ドライバーが複数いる場合は方向を分けることもありますが、1人しかいない場合はキャストの自宅の場所が遠方でも送っていかなければならないので、走行距離が長くなることもあります。
勤務時間は誰をどこまで送るかによって変動しますが、深夜1時~4時頃にかけてが多めです。

派遣先へ送迎するドライバーの業務内容

派遣型風俗店で働く送迎ドライバーは、キャストをお客様のもとに連れていき、サービス終了後に呼び出しがあった際に再び迎えに行くのが仕事です。
こちらは勤務時間が決まっているのが特徴で、事務所に出勤して業務を開始し、送迎や売上の受け取りを行い、退勤時間が来るとその日の業務を終えます。

送迎ドライバーの収入はどれくらい?

送迎ドライバーは日払いと月払いの2タイプがあります。
日払いのお給料の相場は1日5,000~7,000円、月払いの場合は時給1,000円~1,500円が相場になります。

日給5,000円の仕事なら週5回で10万円になるため、副業としても最適。勤務時間の変動がありますが、たいていは3~4時間程度で終わるので肉体的な負担が少ないのが特徴です。

月払いの送迎ドライバーの場合、平均手取り額は25万円なので一般的な昼の仕事とほぼ変わらないだけの収入を得ることができます。昼職と異なるのは、仕事内容がキャストの送迎だけなので精神的にも肉体的にも楽だという点。待機時間はいつ呼び出しがかかるか分からないので車のそばにいなければなりませんが、スマホを見たり資格のための勉強をしたりと、自由に過ごすことができるのが送迎ドライバーの利点と言えます。

送迎ドライバーとして働くならココに注意!

送迎ドライバーは運転が得意な方にとっては最適な仕事ですが、車の持ち込みが必要になったり、ガソリン代や高速代が自己負担になるというケースもあるため注意が必要です。

走行距離が長くなればなるほどガソリン代も高額になるため、ガソリン代の支給があるお店を選ぶといいでしょう。
また、送迎以外の時間はほぼ待機となり、拘束時間が長いのもデメリット。待機中は自由に過ごせるとはいえ、車のそばから離れられないことが苦痛に感じる方は、時間の過ごし方を考える必要があるでしょう。

送迎ドライバーはストレスが少なく、好きに使える時間もたっぷりある仕事なので、効率よく稼げる仕事だと言えるでしょう。本業だけでは足りないというときの副業にもぴったりなので、お小遣い稼ぎとして働くのも1つの方法です。もちろん、腰を据えて本業にして取り組めば昼職以上の収入を得ることも可能なので、ぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか。

ドライバー求人