男性スタッフ・ボーイの面接を受ける時の服装は何がいい?

ナイトワークの求人で「ボーイ」の面接を受ける時の身だしなみについてご紹介します。アルバイトの面接時は私服でもOKということもありますが、男性スタッフの面接を受ける時は、どんな服装・髪型・髪色がいいのでしょうか?

ナイトワークの面接でも「スーツ」が基本

ナイトワークの花形といえば女性キャスト達ですが、お客様と最初に接する電話やフロント担当の男性スタッフ(ボーイ)の存在も欠かせません。キャバクラや風俗業でも特に重要な仕事なので、数多くの求人が出回っています。
そんなボーイの面接を受ける際、どのような服装で臨むのが良いでしょうか?ボーイの仕事の面接を受ける際に押さえておきたい、身だしなみや服装についてご紹介します。

ボーイの面接を受ける際の服装は、スーツが基本です。

仕事中の服装で多いのは黒ベスト、黒ズボン、黒靴と黒一色でまとめたスタイルです。また風俗店の受付などはシャツにネクタイ、ジャケットを着用していることが多いので、ナイトワークの男性スタッフは意外とフォーマルな服装をしていることがわかります。「面接の服装はどうすればいいんだろう?」と思った時は、求人を出している職場で働くスタッフの服装をチェックすると良いでしょう。

カジュアルな服装の人が多い職場ならスーツでなくてもOK、逆にきちんとした服装をしている人が多い職場ならスーツ着用での面接が無難です。スーツもシャツもきちんとプレスしたもので、靴も汚れを落として“くたびれて”見えないようにしましょう。夜の仕事だからと普段着で行くのは、アルバイトであってもNGです。

清潔感があるボーイのヘアスタイル

ナイトワークのボーイというとチャラいイメージがあるかもしれませんが、ボーイに求められるのは見た目ではなく、「常識的できちんと仕事ができるか」というポイント。そうしたところから、面接では髪の毛は短く、黒髪がベストとされています。長い髪の毛や明るい髪色は軽い印象を与えて、ホストのように見えてしまうので、面接時はOKでも入店する際に髪を切るように求めてくるお店もあります。

人の印象は最初の数秒で決まると言われています。清潔感のあるヘアスタイルが一番好印象を与えるので、入店前に整えるよりは面接時には短く、黒く整えて好印象を与えた方が採用率も上がることでしょう。

ナイトワークでも履歴書は用意しておく

ナイトワーク業界では、必ずしも経歴の良し悪しが求められるわけではありません。そのため求人を見て、応募したい旨を電話する時に「履歴書はいらないから」と言われることもあります。ですがやる気をアピールするためにも履歴書は用意しておいたほうがいいでしょう。

履歴書は経歴だけを書くのではなく「自分のアピールポイント」を書くものです。「パソコンに詳しければWeb対応の業務も任せられる」「接客業経験があるならボーイだけでなくキャスト対応もできそうだ」など、面接官も採用後の扱いについて具体的な想像ができます。履歴書の他には筆記用具、メモ帳、印鑑なども持っておくと安心です。バッグはビジネス用のものを用意しておきましょう。

ボーイの面接は何を着たらいい?【まとめ】

ボーイに求められるのは華やかさではなく「仕事ができること」です。
身だしなみに関しては、接客時にまず目に留まる清潔感が大切です。
面接時には髪の毛は短く、落ち着いた色で、きちんとスーツを着て行くのがおすすめです。

【俺の風】では風俗店をはじめとしたナイトワークの男性求人を多く掲載しています。もちろん、キャバクラなどの飲食店のボーイ求人もございます。キャバクラのボーイの仕事をお探しなら【俺の風】で!詳細は下のリンクから確認できます。ご自身の働きたい地域から働きたい条件のお店を選んで面接に挑みましょう!

キャバクラ・クラブのボーイ求人

The following two tabs change content below.
F月

F月

-196℃の酒をこよなく愛し、つまみを自炊するタイプのキッチンドランカー。最近のマイブームはアヒージョ。