今、知りたい!風俗店の繁忙期・閑散期のために備えておきたいこと

毎年繰り返される風俗業界の繁忙期と閑散期。この二つの時期に合わせた集客方法や他店との格差化をはかるイベントの打ち出し、女性キャストの出勤人数を確保する方法などをご紹介していきたいと思います。

働くなら知っておこう!風俗店の繁忙期と閑散期

2月の「閑散期」に起こる悲劇とは?

実は、毎年2月の閑散期に起こっている悲劇があることをご存知でしょうか?
それは在籍キャストが閑散期で稼げずに出稼ぎや他店への移籍をしてしまい、在籍人数が減ってしまうという状態になってしまうことです。それに伴い、イベントを打ち出してもキャストの人数が足りずまわしきれないという悲劇が毎年各地の風俗店で起こっているのです。

2月の閑散期にも負けないイベントとは?

2月の閑散期はどこのお店も割引イベントなどのイベントを打ち出してアピールをする時期ですよね。しかし、どこのお店も割引・値引きのイベントをしていては顧客が流れていってしまう可能性が高くなります。

そこで2月の閑散期こそ他店との格差化をはかるために、次回利用できる割引クーポンを配布するという方法があります。発行日から1ヶ月以内というように期限をつけることで、他店が割引をしていない時期でも利用してもらえるというメリットがあります。

年末年始など大型連休に「繁忙期」に起こる悲劇とは?

年末年始など大型連休に起こる悲劇とは、繁忙期で集客数は良いのに出勤してくれる在籍キャストが少なすぎてお客様をまわしきれないという、閑散期にも重なるところがある悲劇が起こってしまうことがあるということです。この場合は2月の閑散期のように出稼ぎや移籍ということではなく、単純に休暇をとってしまっている状態ということが多いです。
繁忙期に在籍キャストの出勤人数を確保するためにお店ができる対策としては、女性キャストが出勤をしてもらえるような気持ちになってもらうためのキャストに対してのボーナスイベントを打ち出すということです。

大型連休には特別出勤ボーナスを提示して出勤人数を確保する!

年末年始や大型連休などの繁忙期には、在籍キャストも友人と旅行に行きたいとか、実家に帰省したいとか、彼氏とゆっくり過ごしたいといったキャストが増えてしまう時期でもありますよね。
せっかくの繁忙期に、なんとかして出勤人数を確保したい!そう言った場合にはやはり特別出勤ボーナスを提示して出勤人数を確保するという方法をとっているお店が多いですよね。
年末年始のお正月であれば、出勤してくれた女性にはお年玉を渡しますよというお店や、ゴールデンウイークなどの大型連休であれば1本あたりのバック料金をその期間上げる、出勤日数に応じてボーナスを支給するなどの方法で出勤人数を確保する方法は、在籍キャストにとってもメリットがあるので人気の方法です。この特別出勤ボーナスなどの制度を提示するのは、在籍キャストが大型連休などに旅行などの予定を組み始めてしまう1ヶ月から2ヶ月前頃から待機室の貼り紙の告知や、口頭での告知をし始めておくとより効果的です。

繁忙期・閑散期をクリアできればOK!

風俗業界の閑散期と繁忙期の働き方や、二つの時期の対策方法についてご紹介してみました。どちらの時期でも女性キャストの在籍数や出勤人数の確保ということがとても重要になってきますが、特別出勤ボーナスなどの支給で出勤人数の確保という方法がやはり一番女性キャスト受けが良いということです。

集客方法についても他店との格差化をはかったイベントを打ち出していきたいところです。激安イベントなどの単発で終わってしまうイベントだけではなく、次回の利用にも繋がるような利用者限定での割引クーポンの配布などで工夫をしていきたいですね。

【俺の風】では、一般的に繁忙期と言われる年末年始はもちろんのこと、ボーナス期を過ぎた2月にも安定した入客がある風俗店の求人を多数掲載しています。気になった方は下のリンクから働きたいエリアをクリック!風俗店で働いて高収入を得ましょう!

稼げる仕事探しは『俺の風』!

The following two tabs change content below.