風俗店の男性スタッフ「服装・髪型自由」って実際どうなの?

風俗の男性スタッフ求人を見ていると「服装・髪型自由」となっているものを時々見かけると思います。特にお客様と関わることの少ない内勤スタッフは「服装・髪型自由」「私服でOK」といった形での募集になっていることが多いです。とはいえなんでもアリってわけじゃないだろうし、じゃあどんな服装・髪型は良くて、どんなのがダメなの?っと気になる方も多いと思います。今回は、OKな身だしなみ、NGな身だしなみについてご説明していきます。

基本は清潔感のある「ビジネスカジュアル」で

風俗の男性スタッフ求人で「服装・髪型自由」と言われたら、基本は「ビジネスカジュアル」だと考えてもらうと良いかと思います。「ビジネスカジュアル」とは、スーツよりはカジュアルだけどビジネスシーンで失礼のない服装、という意味で、ジャケットとシャツが基本とされています。

昼間の普通のアルバイトであっても、風俗店であっても、働く以上はビジネスマンとしてきちんとした人だと思ってもらえるような服装であるべきです。しかも風俗店ならば、お客様と顔を合わせる機会がいつ訪れるかわかりません。実際にお客様と遭遇したときに悪い印象を与えないよう、「ビジネスカジュアル」を基本とした服装を心がけましょう。

また合わせて気を付けたいのが「清潔感のある服装と髪型」です。ジャケットやシャツはシワだらけになっていないか?目立つ汚れやシミはないか?髪型もこざっぱりした感じにまとめられているか?といった感じで、いわゆる「きちんとした格好」であればOKです。

こんな服装・髪型は「自由」とはいってもNG!

ビジネスマンらしからぬ服装や髪型は、いくら「自由」といっても控えましょう。
たとえば、ガラの悪そうな人が着ていそうな威圧感のある服装だったり、まるで自宅にいるかのようなジャージ姿だったり、アーティスト気取りと言われかねないような独創性あふれる身なりだったりと、いかにもビジネスに不釣り合いな服装は避けるべきです。

髪型で言えば、金髪やそれに近い茶髪だったり、アーティストや一昔前のヤンキー、バンドマンに間違われそうなくらいのロン毛だったり。そういった服装や髪型では、お客様もビックリしてしまいますし、良い印象を持ってもらえないのでお店の評判を下げてしまうことにもなりかねません。こういった格好はNGです。
また、ごくまれですが、面接時に脱帽しない人もいるので、こちらもマナー違反です。注意しましょう。

また、ジャケットを着ていても、皺だらけだったり、中に来ているシャツに汚れやシミがたくさんついていたり、頭がボサボサだったり。あとは髭が伸び放題でお手入れされていない状態なのも良くないですね。そういった状態ではいくらビジネスカジュアルと呼べる格好であっても、職場では受け入れてもらえないと思います。お客様からも「このお店に来るのはもうやめよう」と思われてしまうかもしれません。「清潔感のある格好」を心がけましょう。

悩んだらお店に相談してみよう

どんな服装がいいの?どんな髪型がいいの?と心配なようであれば、働く前であれば面接のときに聞いてみるとよいでしょう。中にはジーパンやチノパンといったカジュアルアイテムでもOKとしているところもあります。

また、お店側でスーツや制服を貸し出してくれるところもあります。制服アリの場合には、私服を着るのはお店との行き帰りだけになるので、ビジネスカジュアルでなくても問題なかったりします。

実際に働くことになったら、同じように働く先輩にズバリ聞いてみたり、先輩たちの服装を真似てみると良いでしょう。特に面接では何も言われなくても、職場に行くとそこのローカルルールが存在するケースもあります。

いずれにしても、迷ったら確認するのが一番手っ取り早いです。「たぶんこうだろうな」と自分で勝手に判断するよりも、分かる人に聞いてしまいましょう。

まとめ

「髪型自由」「服装自由」の場合にどんな格好をしたら良いか、だいたいイメージできましたでしょうか。
繰り返しになりますが、分からなかったら聞くのが一番です。面接はこちらからもいろいろ聞けるチャンスですから、ぜひ服装や髪型についてもしっかり質問しておきましょう。

まずはビジネスマンとして恥ずかしくない格好や清潔感で、面接に挑んでください!お仕事探しは「俺の風」が便利です。

高収入のお仕事探しはこちらから!

The following two tabs change content below.
アルフ

アルフ

どんなジャンルの仕事もそつなくこなすクール系と見せかけて、風俗記事のライティング時は仕事にかける情熱がハンパなくなるファイター。最近はハリネズミに癒されています。