新宿 百人町 つけ蕎麦『近江家』つかさ君の風俗メシ コラム編最終回~風俗街の旨いメシをご紹介!~

どうもどーもです!つかさ君です!今回、新宿 歌舞伎町 つけ蕎麦 『近江屋』で風俗メシ食べてきました!明治38年創業の老舗!東京に数店舗しかない『江戸蕎麦』を今なお受け継いでいる伝統の名店。 風俗店へ遊びに行く道中に飲食店を見つけても中々入る勇気が出なかったり、「どうせ美味しくないでしょ...」とお思いの方が多いと思います!そこで、私が各地の風俗街の絶品グルメを予算1,000円を目安にご紹介いたします!

有名風俗街には美味しいご飯屋がある!?

このブログは、風俗店で働かれているスタッフさんはもちろんですが風俗街での食事に抵抗があるの方へ様々な名店をご紹介させていただきます!
日々のランチをコンビニ等で簡単に済ませていませんか?近くて便利ですがコスパを考えると良くは無いですよね。
でも、風俗街に安くて美味しいお店なんか無いよ…
そんなことを思ったことはありませんか?優良風俗店が建ち並ぶ有名な風俗街には必ずと言っていいほど美味しいご飯屋さんがあります。出勤前の腹ごしらえや同僚とのランチにも最適!『つかさ君の風俗メシ』では、人気風俗街周辺の〝1,000円以下〟で食べられる美味いメシをシリーズでご紹介していきます!
ちなみに今回がコラムとしては最終回!(休止中)
Twitter&Instagramは変わらず更新中!!

新宿 百人町 つけ蕎麦『近江屋』


今回ご紹介するのは、新宿 歌舞伎町のつけ蕎麦『近江屋』さんです。新大久保駅から徒歩5秒の最高立地!
大久保周辺というと韓国料理等も多い多国籍エリアのイメージが強いと思うのですが『近江屋』は創業明治32年(1899年)の超老舗です。※今年がちょうど120周年※


『近江屋』の蕎麦を説明するに当たって『江戸蕎麦』というキーワードが外せません。
『江戸蕎麦』というと有名店『更科』『藪』『砂場』という三大蕎麦屋が有名ですよね。『近江屋』もその系譜であり老舗のみで構成される『本鉢会』の加盟店でもあります!

このエリアで絶対に寄るべき名店のオススメメニューは『合鴨せいろ』(¥1,520‐)これが鉄板で至高の風俗メシ。
国内産(特に北海道)のそば粉を使用し、旨みを最大限に引き出すため、木鉢で練り込むという珍しい製法仕上げ。蕎麦の香りはあまり強くはありませんが、江戸蕎麦らしい細切りで喉越しがかなり良いです!つゆは、甘すぎず、辛すぎずで相性抜群です!

戦国時代の甲冑が飾られているので見ながら江戸蕎麦を食べることが出来るので歴史マニアにもオススメです♪
各線『新大久保』『JR大久保駅』から徒歩数分の高立地!風俗店事務所等も多いエリアなので
店舗スタッフさんにもオススメの名店!是非一度足を運んでみてください。
・美味しさ:★★★★★
・価格:★★★★☆
・風俗街へアクセス:★★★★☆
・店内の雰囲気:★★★★★
・おひとり様度:★★★★☆
【営業時間】
平日:11:15~21:45(ラストオーダー21:00頃)
日祝:11:15~21:15(ラストオーダー20:30頃)
【定休日】土曜

風俗メシへのアクセス方法

つけ蕎麦『近江屋』がある新宿/大久保の男性求人はコチラ!
色々つぶやく風俗メシTwitterアカウント
インスタ映えてる?風俗メシInstagramアカウント

The following two tabs change content below.
つかさ君

つかさ君

つかさ君 LINE ID:mlth6 風俗好きと外食好きの趣味が高じて風俗・飲食店周りをしている20代営業・ライターです! 取材をして欲しいまたはオススメの飲食店ございましたらご連絡ください♪ お気軽にLINEして頂けるとモチベーション上がります!