風俗店の店長が思う「採用したい人材」とは?あなたの適性もチェック!

風俗業界で働く、と聞くとどんなイメージを持ちますか?お給料が良さそうだとか、おしゃべりな人が向いていそうだとか、人によって持つイメージは様々でしょう。風俗店員として適性があるのはどんな人なのか、実際に風俗店の店長ならどんな人を採用したいと思うのか、そんな内容を今回はご紹介します。あなたが持つイメージと合っていますか?あなた自身が実は風俗スタッフに向いている、なんてこともあるかもしれません。

先入観だけで風俗店員を目指すと痛い目をみることも…

特に給与面での待遇が良いとイメージされることから、風俗業界への就職やアルバイトを検討する方は多く、当サイトへのアクセスも検索の際に「風俗+就職」や「風俗+待遇」といったキーワードでたどり着いた方々も、解析によると相当数見受けられました。業界としてはこのような傾向はとてもありがたい話ではあるのですが、そうした検索をされている方の中にはまた、「面接だけクリアすればいい」という安易な狙いを持って臨む方もおられるようで、解析を細かく見ていくと「風俗+面接+コツ」などの検索キーワードも結構見受けられるのも現実です。

風俗店員の給与面が待遇として良いとされるのはそれなりに一般職との違いがあるからです。
そう考えると一般職と区別される職務内容に対し「適性」が求められるのは極めて自然なことで、そのことを理解せずに、とりあえず面接をクリアしたところまではよかったものの「思ってたのと違う!」ということで、せっかく採用されたにもかかわらず早々に転職を考え始める羽目になってしまった…というケースも実は、少なくないのかもしれません。残念ながら実際にも務めてすぐ、数日で退職を申し出るスタッフというのはその多くが「思っていたのと違っていた」という、利己的な理由によるものだったりするのです。これでは採用する側もされる側にとっても、時間やコストの無駄でしかありません。

ということで今回はかなりまじめな切り口で「風俗業界における適性」というものについて、現場での第一人者である店長クラスの役職が「採用したい」と思う「人材」とその「適性」についてお話をしたいと思います。あなたはビジネスホテルを利用したことがありますか?ほとんどの方が「YES」とお答えになると思いますが、そうであればあなたはもう「風俗業界における適性」の答えそのものをその目で見て体験したことがあることになります。店長クラスの役職が「採用したい」と思う「人材」とは、まさにビジネスホテルのホテルマンの振る舞いや行動ができる人なのです。特に男性スタッフに求められるほとんどのスキルがホテルマンのそれとほぼ同じと言ったら、なんとなくイメージしていただけるのではないでしょうか?

店長・採用担当者が気にしているポイント

まずは見た目の清潔感!

髪型やひげなどはもちろん毎日整える必要があり、それができることは必須です。またワイシャツにネクタイ、スーツ着用というルールの店舗であれば、服装の清潔感、特に汚れやしわなどにも毎日注意を向ける必要があります。店舗によってはスーツの貸出をしてくれるケースもありますので、自分で用意できない場合などはむしろ進んで相談しましょう。店長的視点で言えば、すべての従業員の細かい部分にまで目が行き届かない場合などもあり、そうしたことに気が回り、自分から相談できる人が実はありがたいものなのです。

次に言葉遣いや態度!

一般社会人として標準的な言葉遣いができればこの点は問題はありませんが、接客業や営業職を経験したことのない方の場合、時々誤った言い回しなどをしてしまうことが、どうしてもあるかもしれません。言葉遣いなどのビジネススキルは、やはり日常で使い慣れていないとすぐには使いこなせるものではないかもしれません。もし自信がないのであっても、事前にビジネスマナーの本などを読んでおき、実際に働きながら身に着けていく心意気があったら、店長的にはとても高評価。できないままなのではなく、成長していく意思と過程が確認できるだけでいいのです。

そして何より「人となり」

どんな職場にいても「嘘をつく・ごまかす人」「カッコつけだけに必死な人」「不愛想な人」「わがままな人」「他人に攻撃的な人」などは、たとえ店長クラスではなくても、ほかのすべてのスタッフはもちろん、お客様にとっても迷惑な存在です。風俗業界は様々な業界からの転職者が多く、前職でうまくいかなかったからという理由でこの業界に来る方もおられますが、上記のような人は風俗業界に限らず、どこに行っても人間関係上の問題が生じてしまうのは当たり前なのはお分かりですよね。

風俗業はサービス業!どう見られるかを意識して働こう!

お客様はもとより従業員同士であっても「嘘はつかない、ごまかさない」「体裁よりも誠実さ」「明るく元気な対応」「相手の話をよく聞く」「集団の中での調和の取れる人」であるべきなのです。

完璧な人物である必要こそありませんが、「挨拶や謝罪がきちんと自分からできる人」であり、「知っているものからは学び、知らないものには教える姿勢のある人」が、責任ある社会人と考えたら、風俗業界でもまさに求められるのはそうした「人となり」であることです。店長視点というより、店長と呼ばれる役職に就く人間は、それができる人なのです。

結論になりますが、「店長が採用したい人材」とはつまり、「店長」そのもの、ということです。
当然これから務めるかもしれない初心者に、そこまでハイレベルな条件で求めているわけではありませんが、「店長を目指す心意気」を持って、業界への就職やバイトに臨んでくれれば、それは何よりの採用評価、適性評価になるということなのです。給与面の好待遇だけを利己的に考えて就職・バイトするのではなく、そうした「他者評価」の中で「真面目に素直」に働くことができる人材であることを心がけ、望んでみてください。

「俺の風」でお店を探してみる

The following two tabs change content below.
アルフ

アルフ

どんなジャンルの仕事もそつなくこなすクール系と見せかけて、風俗記事のライティング時は仕事にかける情熱がハンパなくなるファイター。最近はハリネズミに癒されています。