【デリヘルの送迎ドライバー※車持込】どんな車種が好まれる?

デリヘルドライバーの求人は、ほとんどの場合車持ち込みとなっています。デリヘル店で車を用意している場合もありますが、それでも車持ち込みのほうが優遇されます。デリヘルのドライバーが持ち込む車はどんな車種がいいのでしょうか。 デリヘルドライバーを考えている人の中には、自分が持っている車でいいのだろうかと心配な人もいるかもしれません。そのため、ここではデリヘルドライバーが持ち込むと歓迎される車種について解説します。

デリヘルドライバー向きの車は”後部座席”

デリヘルドライバーに限らず、車は燃費がいいほうがガソリン代が安くなるのは当たり前ですよね。そのためデリヘルに使う車もできれば燃費がいい車がオススメです。

ただし、デリヘルの仕事をするためにわざわざ車を買う人はまずいないでしょうから、現在持っている車で間に合わせることになります。都心で送迎する場合はハイブリッド軽自動車が向いていますが、これはあくまでも燃費を考えてのことで、いわばドライバーにとって得だということです。デリヘルドライバーは店の女の子を送迎するのが仕事ですから、軽自動車だと乗り心地もあまりよくない上に、車が小さいので乗り降りも楽ではありません

そのため、女の子から嫌がられる可能性があることも頭の隅に入れておきましょう。女の子から「あのドライバーさん(の車)は嫌だ」と店側に言われると、ドライバーにとって大きなマイナスとなります。店の女の子のために乗り心地を考えると後部座席の広さは重要です。

ゆったりした後部座席のほうがくつろげるので、女の子には普通車のほうが喜ばれます
女の子にとってお客様の家から次のお客様の家に向かう移動時間だけが安らげる時間ですから、せめてその時間だけはゆったりした座席でくつろがせてあげたいものです。

スライドドア車が重宝

女の子を送迎するために使う道路は、大きな通りばかりとは限りません。小さな路地を通ることもあるので、自分が持っている車で大丈夫かどうか、面接の際に確認しておくといいでしょう。
狭い場所での乗り降りを考慮すると、普通のセダンよりもスライドドアのワゴン車のほうが向いているとも考えられます。また、ワゴン車のほうが乗り降りが楽なので、女の子としてもありがたい車です。

車両持ち込みで注意すべきこと

車両持ち込みで仕事をする場合、一般的に個人事業主としてデリヘル店と契約することになります
個人事業主であれば、万が一事故を起こした場合はすべて自己責任で会社は一切関知しないこともありますから、この点については事前に確認しておく必要があります。つまり、就労中の事故でも労災が下りない可能性があるということです。

その万が一の場合を考えると、任意保険加入済み車両が好ましいことになります。また、デリヘル店によってはガソリン代が給料に含まれる場合もあるので注意しましょう。ガソリン代が支給されるのかどうか、しっかり確認する必要があります。

デリヘルのドライバーは、車を持ち込んでの業務となり普通車が好ましく、狭い道でもスラスラ行けるスライドドアなどのワゴン車が理想的となります。
さらに事故を起こすと自己負担での処理をする場合もあるので、保険加入済みであると安心して働いていけます。

俺の風」では短時間でもドライバーを募集している求人をたくさん掲載しています。
デリヘル業界においてデリヘルドライバーは人手不足なので、興味があるなら即戦力としてすぐに働けるでしょう。
まずはどんな求人があるのかチェックしてみてください♪ドライバー求人を探す

The following two tabs change content below.
アルフ

アルフ

どんなジャンルの仕事もそつなくこなすクール系と見せかけて、風俗記事のライティング時は仕事にかける情熱がハンパなくなるファイター。最近はハリネズミに癒されています。