風俗店の男性求人でよく目にする「キャスト管理」について

キャスト管理のイロハを知ろう

風俗スタッフは高収入

求人系のサイトをよく閲覧している人ならわかると思いますが、給料の高額なバイトをみつけるのはなかなか難しいものです。仮に見つかったとしても自分がすんでいるところからは遠かったり、条件が合わなかったり、ハードな仕事だったり、と何かと縁がなかったりします。そんな中で確実に高収入を見込める職業が一つあります。
それは風俗スタッフです。
風俗店というと女性の求人をかけていることが多いイメージがありますが、しっかりと検索をかければ男性向けの求人も見つけられます。職種は様々ですが、基本的には店の掃除を任せられたり、事務系の仕事をやってほしいと頼まれたり、女性の送迎を御願いされたり、いわゆる裏方の仕事が中心となります。
風俗に行く男性もいると思いますが、大抵の方は女性目当てにいくのが当たり前でしょう。
ですがその裏では多くの男性によって店が支えられています。華やかな女性の裏で男性が下支えしつつ店を盛り立てている、というところに魅力を感じられる人にとってはうってつけの求人と言えるのではないでしょうか。
なにより先程も申し上げましたが高収入なのが魅力的です。相場としては30~40万くらいが一般的な給与、ところによっては新入社員でも50万を超える店さえあるくらいで、一般的な会社に勤めるよりも多く稼げてしまいます。

自分磨きにもなる

もちろんそうした高額な報酬に見合うだけの仕事は求められますが、安い給料でそこそこの仕事をするよりもモチベーションにつながりますし、自分を高めることにもつながります。風俗店といってもお客様の気をいかに引き付けられるかが大事となりますし、プロデュース系の仕事がやりたい、と以前から思っていた方には自分の力を試す場所になるでしょう。
店舗改善のために一肌脱いでやる、という意気込みで臨むにはもってこいの職場です。
一口に風俗店といっても業種は様々です。デリヘル、箱ヘル、パブ、クラブなどなど、店によって売り出し方は違うものです。そうした環境のなかでどの子を売り出していくか、どの子をどのお客様につけるか…といったことに頭を使いながらやっていかなければなりません。ですので高収入を得つつ、なおかつ自分の手腕を磨く場所として、風俗はおすすめできる職場と言えるでしょう。
もちろん、結果を出せば昇給が見込めます。とにかく稼ぎたい人にとって、風俗店は最高の職場と言えます。

キャスト管理とは一体なに?

そんな風俗の職業のなかで「キャスト管理」というものがあります。
おそらく風俗系の求人を閲覧する人にとっては何度か見たことがあるのでないでしょうか。
一口に言えばお店で働いている女の子のスケジュール調整やお店に来るお客様の調査、それから裏方で働いている社員なりアルバイトなりの管理をする職業のことを指します。
業務内容はまずシフトの作成が一番大事な仕事となります。
これは普通のお店においても大切な仕事なのですが、特に風俗はシフト管理がたいへんな仕事として知られています。お店で働く女性は、多いところで40~50人にのぼるところもありますし、少なくても20人程度はいます。
風俗店のようなところは店にやってくるお客様の好みにいかに合わせられるかどうかで売り上げがかわってきますし、確実に営業するためには数打ちゃ当たるの論理で多くの女性を雇用するのが一番の近道となります。
とはいえ全ての女性をお店に待機させるわけにはいきません。今日は人気ナンバーワンのこの子が休みだから人気ナンバーツーのあの子を出勤させよう、という具合にバランスを考えつつシフト管理をする必要があるのです。また女性ならではの悩みに向き合う必要があります。一番に挙げられるのは生理ですね。
生理中は働くことが困難になりがちですので、常にそういう状況が起こってもいいように代わりの人員をストックしておけるかどうかが風俗店を経営する上で重要なこととなります。もちろん一方でその時々の人気の上下を見極めることも大事です。この子は最近よく指名がかかっているからもう少し出勤してくれないか交渉してみよう、あの子は最近指名がかからないから出勤する日変えてみよう、といった感じに女の子たちがより稼げるように配慮しなければなりません。
売れない子は出勤を減らした方が効率がいいんじゃないの、思うかもしれませんが、女性が風俗店で働く上でまず考えるのはこの店がいかに待遇よく雇ってくれるかどうかです。
人気が無くなったら私たちは放っておかれてしまう、ということを女性は敏感に感じ取ります。
最近私シフトが少なくなってきている、ということが広まってしまったら上司に対する信頼もなくなってしまいます。また女性は掛け持ちをしつつ働く人が多いです。この店がダメだったらあの店に行けばいい、ということであっという間に店に来てくれなくなるということがしばしばですから、気づいたら働いてくれる人がいなくなっていた、ということになりかねません。お客様だけでなく女性の人気を得ることも大事なのです。そうすることを防ぐために管理をする上では全ての女性が稼げるよう、細心の注意をしなければならないのです。

大切なキャストの教育

その他には新人の教育が主な業務となります。
風俗に働きにやってくる女性は性行為の経験がある人が普通ですが、テクニックに関しては未熟な人が多いです。
そのあたりは先輩のスタッフや、外部から雇った教師をつけて指導していく必要があります。
またただ単にサービスをすればいいと言うものでもなく、客商売ですから言葉遣いなどは徹底的に教育する必要があります。男性ならわかると思いますが、気持ちよく店を後にするためには、女性の態度も重要となります。
極端な例ですが、ため口ばかりで礼儀がなっていない女性が多数在籍している店は、そういう趣向の業種でない限りお客が寄り付くはずがありません。
お客様が気持ちよく店にいられるような状況を作るために、新人を教育することが男性社員の役割となります。

店によってはキャスト管理を担当制にしているところも…

先程も申し上げましたが風俗店では多くの女性を雇わなければいけません。
仮に20人程度ならともかく、50人のスケジュールをすべて一人で管理するのは至難の業と言えるでしょう。
それゆえ店によってはキャストの管理を担当制にしているところもあります。
5人なら5人、10人なら10人といった具合に一人の男性に何人かの女性を割り当て、彼女達のスケジュールの管理をそれぞれに任せる、という体制を取った上で営業している店もあります。
次はこちらのケースを見ていこうと思うのですが、仮に5人の女性を担当した時に重要となるのは彼女達を平等に扱うということです。女性はあの子に比べて私はないがしろにされている、ということを感じ取りやすいです。
そのためスケジュールを平等に割り当てるだけでなく、日ごろの言葉遣いなども慎重に選びましょう。
かといって堅苦しい他人行儀な態度だけではいけません。
もちろん風俗店といえど一つの会社に他なりませんから、敬語で接することは当たり前です。とはいえ、常に敬語では女の子も退屈してしまいます。
風俗店というのは女性にとって色々なお客様と出会う場所です。常日頃多くの男性を見てきている女性は、この人は面白くない人だ、と悟ると信頼を寄せてくれません。それゆえ担当する方としてはジョークやフランクな口調を交えつつ、誰にでも心を開いている、というポーズを見せることが大切です。

悩みを聞くことも仕事の一つ

風俗店で働く上では多くの悩みが女性を見舞います。その上でこの人になら話せるかもしれない、という社員になれれば、営業を円滑に進めることにもつながります。もちろん、仕事を進める中で女性から申し訳ないけど辞めたい、と切り出されることもあるでしょう。
とはいえ、そういう状況になるということは、この人になら話してもいい、と頼りにされている証拠です。
そういう時は一度どんなことで悩んでいるのか全て話してもらい、共に考えつつ、結論を出すようにしましょう。
何事もそうですが対話がなくては人間同士の付き合いは成り立ちません。風俗店についてもドライなコミュニケーションが当たり前というイメージを持っている方がいらっしゃるかもしれませんが、思いのほかメンタルケアが大事な職業だと言えます。女性の機微を一つ一つ目にとめなければなりません。風俗店は高収入が得られるだけでなく自分の人間力も試される場所なのです。

どれくらいお客様が来るかを調べることはキャスト管理の必須事項

一般的なお店では客層を調べた上でどんなサービスを用意するかを考えることが業績向上の要因となりやすいですが、それは風俗店についても言えることです。
たとえば飲食店などではこの時間にお客は来ないから社員はそこまで出勤させなくていい、この季節は繁忙期だから新しくアルバイトを雇おう、という具合に雇用状況をその都度変化させる必要があります。
夜に営業することが多い風俗においてそうした計算は成り立ちやすいと思われるかもしれませんが、思いの外気を配らなければなりません。
店にもよりますが風俗は歩合制の給与体系を取っているところがほとんどです。どれだけお客様に指名されるかで給料が決まってくるのですが、逆にいえば待機している時間は給料が発生しないのが風俗店です。
ですから、この時間はこれくらいお客の数が来るから、このくらいの女性を待機させておこう、と常に考えつつ
営業を続けなければなりません。
先程も言いましたが、女性はこの店は稼げないとみるやあっという間に他所の店に行ってしまいます。女性の待機時間が長い、ということは稼げない無駄な時間が多いことを意味します。店にとっては給料を払わないで社員を雇えるというのが一見有り難いことのように思えますが、長期的に見れば給料を払えない店であるとみなされてしまい、信用が落ちることにもつながります。
一人だけ待機時間が長く勝手に辞めて行ってしまったけれど他は上手くいっている、というならまだいいですが、現実は連鎖的に女性の辞職が続いてしまいます。あの子が辞めていった、次は私かも知れない、という推測が女性たちのあいだで伝播してしまうのです。
そうした事態を未然に食い止めるためにも、お客の数と待機している女性の数のバランスを整えることは重要となります。でも歩合制だからそうしたことが起きてしまうのであって、時給制ならそうしたことは起きないのでなはないか、と思うかもしれません。しかし、時給制の場合に待機してばかりの女性が多くいると店にとっては赤字です。歩合制でも時給制でもバランスを取るのは大事なのです。むろん、女性の数を少なくして供給を減らしてしまってはいけません。需要となる男性が、あの店はいつもまともに楽しめない、ということでやはり他所のお店に行ってしまうことに繋がってしまいます。


そのため男性社員としては日々の営業状況を事細かに記録に残している必要があります。たとえばこの日はあまり人が来なかった、なぜだろう、雨の日だったからだれも人が来なかったのだろうか、と推測することが出来れば、雨季には人を減らしても問題なくバランスよく営業できる、ということになります。またこの店にはこれだけの部屋数があるのだから、それらを一杯にできるようにしたい、一杯にするためにはどれくらい女性を雇う必要があるだろうか、ということを考える必要もあります。こうしたことは一般的なお店でもやっていることですが、風俗店にとってはことのほか肝要なこととなります。こうして書いてみると大変な仕事であるように思えますが、今の風俗店はこうした作業を、パソコンを通して円滑にできるようなシステムを持っているところがほとんどです。
とはいえ、マニュアルにそって運営すればそれで後はやることがない、というものでもありません。半分くらいは機械に任せて、残りの半分は人間の目で判断する、というのが重要となります。慣れるまでは時間がかかるかもしれませんが、慣れてからは日々変わる状況を見つめるのが楽しくなります。

女の子と恋仲になるのはご法度

風俗店で働く上で女性と仲良くなってあわよくば恋人になったりするかもしれない、と期待して求人を探している方がいらっしゃるかもしれませんが、忠告しておくとそれはご法度です。
お店にとっては女性は商品です。これを一般的なお店に置き換えてみましょう。最近入ったあの新しい商品がほしい、社員の特権を利用してタダで手に入れることができないだろうか、と考えることはとんでもないことです。これと同じことが風俗店で女性と恋仲になろうとする男性に言えます。
風俗店にくるお客様はお金を払って女性に会いに来ています。場合によってはあの子が好きだからこの店に足しげく通っている、という方もいらっしゃるでしょう。そうしたお客様の事情を考えずに自分だけおいしい思いをしようとする社員がいる店に足を運ぼうというお客がいるはずもありません。
たしかに風俗店で働く女性はそれ相応の魅力がありますから、どうにかして恋人になれないだろうか、と思うのは仕方ありません。しかし思うだけにしてください。決して行動には移さないでください。風俗店の給料が往々にして高いのはそうした行為を防ぐためでもあるのです。これだけ高い給料を払っているから私たちは君のことを信頼している、私たちの信頼を裏切るようなことをしてくれるな、というわけです。

でもさっき風俗店で働く女性とは信頼関係を結ばなければならないと言ったじゃないか、女性と信頼関係を築いておいてその先の恋人関係になるな、というのはかなり難しいことだ、と思うかもしれません。たしかにその通りです。言うなれば風俗店で働く上では、女性と相棒以上恋人未満の関係を維持しなければなりません。
仕事の上ではお互いに頼りにしているけれど、それはあくまで人間と人間として信頼しているのであって、決して男と女として信頼し合っているわけではない、という関係を築く必要があるのです。
また、場合によっては男性からではなく、女性から付き合おう、とお願いされることもあるかもしれません。その際にもしっかりと断るべきです。いかに女性からの申し出といえど、あの社員は商品に手を出すような男だ、と見られてしまっては、店全体から信頼を失ってしまいます。
一番気を付けておかなければならないことは常日頃から線引きをしておくということです。
たとえば職場のなかで食事をしつつ話をするのはOK、でも店の外で食事をするのはプライベートだから駄目、という具合にここまで仲良くなるのは大丈夫だけれど、それ以上仲良くなるのはタブー、といった線を引いておきましょう。そこまですれば女性の方でもわかってくれます。いかに自制心をもって、それでいて女性の心を開いてあげられるかどうか、風俗店ではそこが試されることとなります。

女性には日々感謝をすることが大切

ここまでキャスト管理をする上での心得や、やるべきことを色々と書いてきましたが、もっとも大事なのは女性への感謝を忘れない、ということです。女性への感謝、というとピンと来ない方もいらっしゃるかもしれませんが、いいかえればいかに女性を大切にできるか、ということでもあります。
女性は数あるお店のなかで今働いているお店を選んでくれた存在です。また、先程商品とは言いましたが、店の売り上げを一手に引き受けているかけがえのない存在です。そうした女性の頑張りがあってこそ風俗店は成り立っています。ですから社員としては女性たちに日ごろから何かしらの形で貴方たちのことを信頼している、ということを示す必要があります。たとえば出勤してくれた女性に差し入れをするのは大事ですし、外見をケアしなければならない職業ですから化粧品をプレゼントしてもいいでしょう。もちろん、その際に一人だけ特別扱いしてはいけません。とはいえ、一番踏まえておくべきなのはどんなプレゼントであれ、それが心のこもったものなら女性は必ず喜んでくれるということです。
何度も言いますがキャスト管理をやる上で重要なのは女性との信頼関係を築くことです。この人は日ごろ私たちを目にかけてくれている、ということは女性たちのあいだで口づてに広がっていきます。好意が無駄になることは決してありません。収入は十分にあるのですからそれを活かしていきましょう。
多少の出費があるにしても、それは回り回って必ずや自分のためになります。たとえばお店を綺麗にすることで商品の見栄えが良くなって客足が増える、ということがありますが、風俗店においては商品となる女性を磨いてこそ客足が増えることにつながります。
いわば女性に感謝という形で投資しつつ、最終的に店の経営に良い形でつなげられるというのが理想的です。
もちろん、そこまでになるには長い時間をかける必要があります。しかしながら投資においても短期の結果に一喜一憂することよりも、流れを見極めたうえで長期的な視点を持つことが重要となります。一度失敗してもめげずにコツコツとやっていきましょう。風俗店は人間を相手にするお店です。それはお客様だけでなく、女性に対しても言えることです。女性を大切にしてこそ経営は上手くいきます。