広告代理店やビデオBOX…風俗店以外にも高収入求人は沢山あります

高いスキルや学歴…風俗業界への転職なら必要なし!

どうせ働くのであれば高収入を目指したい、誰しも仕事に就く時はこのようなことを考えるものです。しかし実際に高収入を目指そうとすると、専門的な知識が必要なことや高いスキルを求められることもあり、業種によっては学歴まで求められることもあります。
収入の高さと就労の条件は比例するため、お金を貰うためには条件を満たすようにしなければならないのです。
ですがこれらのスキルを必要とせず、18歳以上ならば誰でも高収入を目指せる業種があります。それが風俗業界であり、風俗業界は間口が広く採用の敷居が低いのが特徴でもあります。

風俗業界と言うとどうしても性的なサービスを行う方に目が向いてしまい、女の子に性的なサービスを行わせることでお金を得るという仕組みに抵抗を持つ人もいるでしょう。
しかし風俗業界(ナイトワークやナイトレジャー業界とも呼ばれます)の幅は広く、性的なサービスを扱うところばかりではありません。

ホストクラブやキャバクラのボーイなど、トークをメインにするような場所での接客には性的なサービスを含みませんし、もっと広義の意味で言えばバーやスナック、クラブも風俗店です。生活空間に当たり前のように存在しているパチンコ店も風俗の一つですし、ゲームセンターも風俗営業としての位置付けにあるのです。
なので風俗と一口に言っても全てが性的なサービスを行うわけではありません。

風俗業界に飛び込む女の子達が、自分が何処まで出来るかを見極めて業種を選んでいるように、男性も同じく自分が何処までなら許容出来るかをよく考えて該当する業界に飛び込めば良いのですから、まずは選択肢を広げる必要があります。

とはいえ折角風俗業界で働くのですから高収入で働きたいところです。性的なサービスを提供しない業種であり、なおかつ高収入が見込めるのは出会い喫茶、ビデオBOX、風俗業界の広告代理店、無料案内所などです。
これらの求人はヘルスやソープなどの求人広告に埋もれてなかなか表に出て来られないということもあり、穴場の求人でもあります。

出会い喫茶

出会い喫茶は男女の出会いの場を提供するお店のことです。
出会い系サイトは顔が見えないから何となく使いづらいという人であっても、店舗に来て直接体面をして話をしてからデートするかどうかを決めるので、相手がどういう人か分からないのに怖いという恐怖心を持たずに済むのが良いところでもあります。
男女共に会員制ですので、何らかのトラブルが発生したとしても身元が分かっているので対処がしやすく、何処の誰かも分からないから泣き寝入りするしかないというような状況になりにくいので安全性も高いです。
男性スタッフの仕事の内訳は、店長もしくは幹部候補、内勤スタッフ、ドライバーです。

店長・幹部候補

店長候補や幹部候補はそのお店の全ての仕事を網羅する必要があります。店舗運営も仕事になりますので、経営や事務的なことも頭に入れておかなければなりませんし、もし他の内勤スタッフやドライバーが動けなくなった場合の穴埋めも行うことになります。
売り上げを出すことを重視しなければなりませんから、どう宣伝をすれば良いのかということも考える必要があります。
状況によってはトラブルの仲裁やクレーム対応も仕事になりますので、することは非常に多いです。
リーダーとして指示役に徹するだけではなくオールラウンダーとして動くことも求められますので、やりがいは高いと言えます。

内勤スタッフ

内勤スタッフは接客が主な業務になり、来店したお客様が初めての場合は会員登録の仕方やお店のルールなど諸々の説明や手続きを行う必要があります。常連相手ならばスムーズな手続きをしてお通しする必要があり、お客様から質問を受けた場合でもスムーズに答えられるようにしておかなければなりません。
通常の喫茶店とは違って料理を作って運んだりする必要は無いのですが、その代わりドリンクやお菓子、物品の補充などはこまめにしておく必要があり、何かが切れているという状況を作らないようにしておくのが重要です。
受付兼雑用という立ち回りになり、店長の補佐を任せられることもあります。この業務はアルバイトでも正社員でも募集しており、幹部候補は自信がないけれども内勤スタッフはやってみたいという人には良いでしょう。

ドライバー

お店によっては会員の女性がその店で男性との出会いが得られない場合に別の店舗へと送迎をするシステムを行っていることがあります。お店の主旨としては双方の合意に基づく必要がありますので、どちらかが嫌だと言えば成立しないのでその後のデートには繋がらないのです。
同じ店舗に居続けても出会いが無いのならもういいと言って来なくなってしまうのも困りますが、ネット上で出会いがないと書かれてしまうのがお店にとっては一番困ります。出会いの場を広げるにはこうした送迎のシステムも必要になり、ドライバーが必要になるのです。
特殊な運転免許証が必要になるわけではなく、普通自動車免許で構いません。ただし、事故などは絶対に起こすことが出来ないので安全運転の方法をしっかりと確認しておきましょう。

ビデオBOX

ビデオBOXは個室でアダルトビデオを鑑賞することが目的のお店です。パソコンの貸し出しや漫画や雑誌も置いてあるので、イメージとしてはネットカフェが最も近いでしょう。ただしネットカフェと違って防音設備がしっかりとしていますので、隣の部屋の音が聞こえたり部屋の中の音が外に漏れたりということがありません。
一人の空間を楽しみたい人には非常に良く、誰にも邪魔されず気兼ねもせずに楽しむことが出来るのが利点です。
ここでの仕事内容は店長もしくは幹部候補、内勤スタッフ、清掃スタッフに分かれます。

店長・幹部候補

基本的に店長や幹部候補のやることは変わらず、お店の運営、いかにしてお店の売り上げを出すか、トラブルが発生した時の対応、宣伝をして集客効果を高める、人員が不足した時に不足した業務を肩代わりするといったことです。
ビデオBOXの場合は能動的にサービスを行うのではなく、求められれば応じるというスタイルになるため、サービスの質を向上させる方向性が変わっていきます。陳列するDVDやマンガ、雑誌などの種類をどうするか、需要があるものはどのようなものか、お客様が快適に過ごすにはどのような空間を作るべきかなどを考えて一人遊びが楽しめる状態を作ることを考えなければなりません。
しかし、楽しめる状態をきちんと作り上げることが出来るとリピーターも増えますので、お客様を増やすことでやりがいを実感出来るのです。

内勤スタッフ

内勤スタッフ(店舗スタッフ)の主な業務は受付と物品の補充、そしてお客様の要求に応えることです。受付でお客様が使用したい部屋など希望を聞いてマッチングをし、ご案内をすることが役目です。
性的なサービスは行わないとはいえ、アダルトビデオの鑑賞が目的の場ですから受付で顔を合わせなくても会話が出来るようになっており、相手の顔を見る必要も無いので顔を合わせて喋ることが苦手な人でも出来るようになっています。
チェーン展開をしているような大型店であればマニュアルも作成されているので、マニュアル通りに接客対応をすれば問題はありません。
ネットカフェのようにドリンクバーやおしぼりなどが付いていることもあるため、定期的に補充をして足りない状態を作らないようにしておく必要があります。
また、機器のトラブルが発生した時やお客様から欲しいものの注文を受けた時に対応をします。
基本的には必要なことをすれば後は待機ですので、肉体的にも楽に働くことが出来るのです。

清掃スタッフ

内勤スタッフと兼ねている場合がありますが、清掃スタッフが独立している場合には個室の掃除や店全体の清掃が役目になります。お客様が過ごす個室は特に綺麗にしておく必要があり、不衛生にしておくと店の評判が下がるため店の評価を左右するような重要な仕事とも言えます。

風俗系の広告代理店

風俗業界の広告を専門に扱う広告代理店があります。
風俗業界専門と言っても形態は一般の広告代理店と何ら変わりがないので、扱う分野を限定しているだけで普通の企業と同じと考えて良いでしょう。社長がいて部長がいて、というような会社組織で働いてきた人にとっては同じような形態での勤務になるので非常に働きやすいとも言えます。
営業職だった人も、風俗店から仕事を貰ってくるというのは普通の営業のやり方と変わりません。
風俗業界で必要になる広告は、店舗広告と求人広告の2つに大別出来ます。

店舗広告

店舗広告はお店の宣伝を目的としたもので、いかにそのお店に魅力があるかをアピールするものです。
一般企業で商品やサービスを宣伝するのであれば看板やテレビなどを大きく使うことが出来ますが、風俗はそういった手法が使えないもしくは限定的ですのでネットや雑誌などが主な媒体になります。
看板についても歓楽街のような場所であれば宣伝媒体としては使えますので需要はありますが、決して需要高ではありません。

店舗広告は一から全てを作り上げていきますので、制作をすることが主になります。店舗のホームページを作る場合が風俗業界では最も力を入れなければならない仕事であり、店舗の持つホームページこそが最大の広告でもありますので風俗店の目も厳しいです。
このお店に行ってみたいと思わせるような宣伝を作らなければなりませんので、webデザイナーやカメラマンを目指す人にはスキルアップに非常に有益な場でもありますし、前職がこの仕事であった人達にとっても活躍の機会は大きいです。
会社を辞めたものの次の転職先が見つからない、webデザイナーやカメラマンをやってみたいけど上手く仕事に繋がらないなどの人は風俗業界で広告代理店をやってみるのがおすすめです。

求人広告

店舗広告と並んで重要なのが求人広告であり、風俗業界はある程度人の流入が無ければ店として成り立たないという事情を抱えています。
馴染みの女の子とだけ遊びたいという人もいれば、逆に特定の女の子とは仲良くせずに出来るだけいろんな女の子と遊びたいという人もいます。
サービススタッフに当たる女の子が短期バイトでもOKとしているのはこういった事情にあり、ある程度出入りが無いと目新しさが消えて後者のお客様を呼び込めないという問題があるのです。
なので求人広告も非常に大事なものであり、出来る限り女の子達がこのお店なら安心して働けるかなと思ってもらえるようなものを作らなければなりません。求人サイトを選ぶのも重要なことであり、反響が大きい場所をどのようにして選び最善を尽くすかということも仕事の一つになります。

無料案内所

無料案内所は風俗店を利用したい人に希望の風俗店を紹介するお店です。
最も実態のよく分からないお店と思われがちで、無料で案内をしてくれるのに満足に給料を払うことが出来るのかという疑問をもたれやすいのですが、無料であるのはあくまで紹介をしたお客様だけです。
このお店の主旨はお客様を無料でお店に案内することではなく、お客様の紹介を依頼された風俗店に来店したお客様を案内するのが目的であり、風俗店を対象としたサービスなのです。

お客様からお金を貰わないのは風俗店の依頼に基づいて案内をしているわけですから、料金を支払うべきはむしろ利益を得た風俗店の方ということになります。
紹介料や広告料を貰って商売を成り立たせているので、働き始めたからと給料も貰えないでこき使われたということは無いので安心して下さい。
大体は単体で営業をしているところは少なく、キャバクラなどの系列として営業しているところが多いので、店長はそちらの系列から回ってくることが多いです。

仕事の内容は?

無料案内所で行うのはお客様の来店を待ち、来店されたお客様の希望をよく聞き出して希望に合致する風俗店を紹介することです。紹介する風俗店とも連絡を取って案内する旨を伝えるなどして円滑な情報共有を行わなければなりませんので、コミュニケーション能力が問われる職種でもあります。

コミュニケーション能力も必要ではありますが、一番重要なのはお客様が何を望んでいるのかを正しく聞き出し的確に条件に合ったお店を探すことで、聞き取りの能力や真にお客様が望んでいるものは何なのかを瞬時に察知する能力が必要になります。
全く要望とは噛み合わない風俗店に案内をしてしまうとトラブルの元になりますし、紹介された風俗店からもクレームが来る可能性が高くなってしまいます。マッチングの正確さが問われるわけですが、これは接客を続けていくうちに身に付いていくスキルですので然程心配をしなくても大丈夫です。

男の夢を一番早く叶えられる業界

お客様に直接的に性的なサービスを行うような業種でなくても、ナイトワーク関連ならば十分高収入を目指せます。
一般企業であれば平社員だとなかなか高い給料が貰えず、ある程度の役職に就かないと高収入の域には入れないことが多いですし、昇給もボーナスも大企業でない限りはほとんど思うようにはなりません。風俗業界であれば役職者でなくても一般の平社員と比較をすれば高い給料を貰うことが出来ますし、業種をきちんと選べば一般企業と同じような形態で仕事をすることも可能です。

どうしても風俗業界と言うと仕事内容から拒否反応が出てしまうのは仕方がないことですが、高収入を得たい人には最も手っ取り早い業界ですしサービスが特殊なだけで普通の仕事と何ら変わりはありません。
また、一般企業だと様々な人間関係が絡んでなかなか自分が思い描くように出世出来ないものですが、離職者が多い業界でもありますので努力次第であっという間に高みに昇れるのが良いところでもあるのです。

自分がやりたいと思い描いていたものが出来る立場になれる、お金ばかりではなく望んだ地位を手に入れて思うような仕事をすることが出来るというのは、男性であれば非常に魅力的なものに映るでしょう。

一生働くつもりで風俗業界に飛び込むのも良いですが、経験を積むという意味で風俗業界に飛び込むのも選択肢としてありです。迷っているのならば思い切ってやってしまった方が良いですし、一度入ったら二度と抜け出せないというわけではないので人生経験を積むつもりで風俗業界に飛び込んでみましょう。