カンパイワークと何が違う?風俗店員の仕事内容

似ているようで違うカンパイワークと風俗店員

男性が手軽に高収入を得られる仕事といえば、キャバクラのホールスタッフや風俗店員などがあります。
キャバクラは、お酒とお喋りでお客様を楽しませることからカンパイワークと呼ばれます。
カンパイワークと風俗店員は同じ風俗スタッフのくくりで語られることが多い仕事ですが、どこが似ていてどこが違うのでしょうか。

カンパイワークと性風俗店のサービスの違い

カンパイワークと風俗店員の仕事内容の違いを紹介する前に、まずカンパイワークと性風俗店の違いを確認しておきましょう。
まず、どちらも高収入を稼げるお仕事であることは確かです。どちらが稼げるかといえば、一般的に性風俗店のほうが稼げます。一部のキャバ嬢は性風俗店のキャストよりずっと稼いでいますが、それはあくまで一部の売れっ子キャバ嬢だけです。なぜ性風俗店のほうが稼げるかといえば、キャバクラではお酒とおしゃべりを提供するのに対し、性風俗店ではおしゃべり以上のものを求められるからです。キャバクラ以上のことを求められるのですからお給料が高いのは当たり前でしょう。つまり、端的に言えば、キャバクラはお酒とおしゃべりでお客様を楽しませるお仕事、性風俗店はあの手この手でお客様をイカせるお仕事です。お客様がイクまでのサービスは一様ではありません。オナクラなら見ているだけですが、性感エステならマッサージ、デリヘルなら口や手、素股などでお客様をイカせることを目指します。イカせることがゴールで、そのゴールにいたるまでの手段がいろいろあるわけです。お客様を楽しませるために、コスプレやSMプレイを提供するところもあります。

キャバクラのゴールは、お客様を楽しませてリピーターにすることです。また来たいと思わせるために楽しいおしゃべりをし、気がある素振りをして、帰った後でも色恋営業をすることもあります。お触りなどがないため、寸止めのようにチラ見せしたりするなど意外と工夫が必要です。リピーターにするにはキャバ嬢が自分で工夫しなければなりませんが、性風俗店は提供するサービスがある程度決まっています。どちらがラクと感じるかは提供するサービスに向いているかどうかによってかなり違ってきます。お喋り好きで盛り上げ上手ならカンパイワーク、性的サービスに抵抗のない女性なら性風俗店で働いています。

カンパイワークと性風俗店員の仕事内容の違い

キャバクラ店なら…

女の子の最終ゴールは「リピーターにする」と「イカせる」と違いがありますが、店員の仕事内容にはどのような違いがあるのでしょうか?
カンパイワークも風俗店員もまず開店準備からスタートするのは同じです。カンパイワークでは、女の子より早く出勤して清掃、足りないものの買いだし、キャストの出勤確認を行います。出勤予定でも当日になって出勤できなくなることはよくあることです。出勤できないキャストがいれば、出勤できるキャストを探さなければなりません。新人のマネージメントも仕事のうちなので、出勤予定のキャストが出勤してくれないと叱られることもあります。開店したらお客様が来るまでキャストと雑談でコミュニケーションを取ります。
お客様が来店したなら、すべてのお客様を満足させられるように付け回しをしなければなりません。同じ女の子に同時に指名が入る場合や、フリーのお客様の好みを予想して満足させなければならないのでかなり気を使います。付け回しはお店の花形ポジションで、難しさはあるもののやり甲斐もあります。

後は、ドリンク・フードの注文を受け・注文を出す、テーブルを確認して灰皿・アイスペールを出す、お会計、テーブルのバッシングなどやることが意外と多く気を抜けません。閉店後は、女の子の送迎、店内の清掃、売上集計作業などがあります。カンパイワークは立ちっぱなしの仕事になるため、慣れるまでは大変かもしれません。性風俗店も、女の子より早く出勤して清掃、足りないものの買い出し、出勤の確認などは同じです。

次に、出勤する女の子の情報をもとに、WEBや各種宣伝媒体の更新作業をします。
ネットで女の子の出勤情報を見て訪れるお客様が多いため、公式サイトや宣伝媒体の情報更新は欠かせません。情報更新は、女の子が出勤してくるごとに必要です。お店によっては早番・遅番があるため、仕事内容のなかでWEBの更新作業はかなりのウエイトを占めます。

風俗店なら…

性風俗店は基本的に自由出勤なので、女の子が出勤してこなかったとしても店員が叱られることはありません。ただ、あまりにたびたび出勤をキャンセルされると店舗側も困りますから、できるだけ女の子の層を厚くするなどの対策は必要でしょう。営業がスタートすると、無店舗型なら電話対応店舗型ならカウンターでの受付業務を担当します。
電話対応や受付業務をしながら女の子の接客指導メンタル面のサポートなどを行います。無店舗型はもちろん、店舗型でもお客様をプレイルームに案内すればキャストが相手をしてくれるので店員は他の業務をすることができます。

付け回しなども行わないため複雑な業務はほとんどなく、未経験の方でもすぐに始めることができます。スタッフは完全に裏方なのでかなりラクです。閉店後の仕事内容は、カンパイワークとそれほど変わりません。
他にも、女の子に気持ちよく働いてもらうためのサポートや指名を取るためのアドバイスなども同じです。

カンパイワークはどちらかといえば立ち仕事中心で、風俗店員はどちらかといえばデスクワーク中心ですが、どちらも女の子をサポートしお客様を満足させることが最終目標であることは同じです。

どちらも稼げますが向き不向きがあります

どちらも稼げる風俗の仕事ですが、業務内容がかなり違うため向き不向きがあります。未経験からスタートするのであれば、風俗店員のほうがおすすめです。担当する女の子のマネージメントや勤怠管理をする必要もなく、付け回しなどの難しい差配をする必要もありません。
これらは慣れるとやり甲斐を感じられる業務ですが、未経験からできるものではありません。風俗で働いた経験をそれなりに積んでからチャレンジすることをおすすめします。その点、風俗店員なら、未経験からスタートしても無理なく続けることができます。ITの知識は必要ですが、まったくパソコンに触ったことがない方でも働いているうちにすぐ身に付けることができますから心配はいりません。タイピングがまったくできなかった人が、受付業務のかたわらタイピングゲームを楽しむことでタイピングできるようになったという話もあります。

稼ぎたいという強い思いがあれば大丈夫

業界未経験者にとってどちらもハードルが高いように思うかもしれませんが、どちらも真面目に仕事に取り組めば難しいことはありません。
どちらかといえば風俗店員のほうが未経験でも始めやすいという違いがあるだけです。仕事は楽しいことばかりではありませんが、普通の仕事をするより飛び抜けて稼げることを考えれば少々のことは乗り越えられるはずです。お客様に喜んでもらうことがゴールなのですから、一般のサービス業とさほど変わることはありません。慣れるまでは戸惑うことも多いでしょうが、慣れてしまえばスムーズにできるようになります。
風俗店員は受付業務が終われば手持ち無沙汰になること多いため、時間を見つけてスキルを磨くこともできます。
そうやってスキルを磨けば幹部や経営者を目指すことも難しいことではありません。まずは、自分に合った仕事を見つけましょう。

風俗スタッフ・カンパイワークの求人をお探しなら【俺の風】が便利です。お近くのエリアからご自身にあったお店をお探しください。

風俗店員・ボーイの求人なら【俺の風】で!

The following two tabs change content below.
Pascha-Egg

Pascha-Egg

東京と大阪を行ったり来たり。出張多めの風俗ライター。バイクが趣味でしたが最近はめっきり電車移動で睡眠時間確保!肉汁たっぷりのハンバーガーが好物。