面接官は応募者のココを見ている!【風俗店の面接で気を付けるべきこと】

風俗店員の面接で、面接官がチェックするポイントがいくつかあります。そのポイントが、すべてクリアできれば採用される可能性が高いのですが、ではそのポイントとは何でしょうか。面接官は面接者のどこを見て判断するのか解説しましょう。チェックポイントがわかれば、もう面接は怖くありません。

面接官はココを見る!その1-身だしなみ-

「人は見た目ではない」という言葉があります。しかし、現実には人は他人を見た目で判断することが多いのです。特に風俗店員はお客様との応対が重要な仕事ですから、その店員の見た目がよくなければ、その店の印象も悪くなってしまいます。

ここでいう見た目とは、別にイケメンだとかそういう意味ではありません。社会人としての見た目が、しっかりできているかどいうことです。見た目は第一に身だしなみに表れます。
ヨレヨレの上着を着ていたり髪がボサボサだったりすると、それだけで大きなマイナスになってしまいます。もしそんな身だしなみでお客様の前に出たら、店の評判はがた落ちです。だから、身だしなみもできない人は、風俗業のような接客業では採用してもらえません。

風俗店は会社員のように背広で働くわけではないので、面接には必ずしもネクタイが必要なわけではありません。面接時はカジュアルな服装でもかまいませんが、清潔な印象を与える服を着て行くことが大切です。服にしわがないのは当たり前ですが、意外に面接官が見ていないようで見ているのが靴です。高い靴でなくてもいいのですが、汚れがついていたり、革靴であれば先のほうが剥げているような靴では、よい印象を持ってもらえないので注意しましょう。
また、身だしなみと同様に重視されるのが履歴書です。ここで大事なのは、経歴ではなく字の書き方です。雑に書いた字はその人の性格を表します。履歴書は、なるべくきれいに書いて提出するようにしましょう。

面接官はココを見る!その2-話し方-

風俗店員は接客業ですから、来店したお客様を店内にご案内したり、電話応対したりするのが仕事です。その際に大切なのが話し方です。お客様に対して、失礼な口の利き方をするようでは困りますから、面接の際に話し方もしっかりチェックされます。

話し方でまず重要なのが、常識的な受け答えができるかということです。中には質問したことと違う、トンチンカンなことを答える人がいますが、そういう人は接客業ではまず採用してもらえません。また、敬語の使い方もチェックポイントになりますので、しっかり覚えるようにしましょう。

面接時は、面接官の目をしっかり見て受け答えすることが大切です。面接官と目を合わせなかったり、落ち着かず目線がキョロキョロ動くようでは、面接官も不安になります。もしお客様の前でそういう態度を取られると、店にとってマイナスですから、採用されない可能性が高くなります。逆に、面接官の目をしっかり見てハッキリ受け答えすれば、採用される可能性が高まるでしょう。

面接官はココを見る!その3-入社してやりたいこと-

採用する側から見ると、「何となく風俗店員になりたい」という人は採用したくありません。そういう人は、あまりいい仕事をしてくれそうにないからです。「風俗店員になって何をやりたいか」、「どうして風俗店員になりたいのか」といったビジョンをしっかり持っている人なら期待が持てます。

そのため、入社してからやりたいことをしっかり話せる人のほうが、採用されやすくなります。風俗店員は頑張れば店長や幹部候補になることも可能なので、そのような将来の夢や希望を語ることが大切です。
やりたいことを明確に!風俗店員の求人なら「俺の風」で
風俗店員になるには、将来のビジョンをしっかり持つことが重要です。その上で、自分に合った風俗店の店員を目指しましょう。ひと口に風俗といってもいろんな業種があるので、まずその中から自分に合う業種を見つけることが大切です。

どうやって求人を探したらいいかわからなければ、「俺の風」がおすすめです。俺の風には風俗店員の求人が豊富にあるので、必ず自分にあった求人が見つかります。

風俗店員の面接では、身だしなみや話し方などをチェックされます。服装に気をつけて、面接官の目をしっかり見てハッキリ受け答えすると、採用される可能性が高くなります。また、入店してからの夢や将来の希望も、しっかり答えられるようにしましょう。

稼げる男性高収入求人【俺の風】

The following two tabs change content below.
アルフ

アルフ

どんなジャンルの仕事もそつなくこなすクール系と見せかけて、風俗記事のライティング時は仕事にかける情熱がハンパなくなるファイター。最近はハリネズミに癒されています。