風俗店員になるなら「パネマジ(パネルマジック)」について知っておこう!

パネルマジック(パネマジ)とは、風俗でたまに耳にしますがどういったものでしょうか。パネルマジックはいまや風俗店になくてはならないものです。風俗店員はパネルマジックの正しい意味と使い方を知って、上手に使いこなす必要があります。今回はそんなパネルマジックについてお届けします。

パネマジ(パネルマジック)とは?

パネルマジック、通称パネマジとは、風俗店に在籍している女の子の写真が過度に修正され、まるでマジックかのように別人になってしまっている現象のことを指します。在籍嬢の写真を修正することは、ある程度までなら許されますが、行き過ぎた修正はパネルマジックと呼ばれ、場合によっては風俗店の信用にもかかわります。あまりに修正しすぎた在籍嬢の写真は、まるで別人のように見えてしまうため、「騙している」というレッテルを貼られてしまいます。

風俗店に行くお客様は、在籍嬢の写真を見て指名するかどうか決めるわけですから、店に行って指名してみたら、まるで写真とは違う女の子が来たらガッカリするでしょう。こういうことを繰り返していると、店の信用にかかわるので絶対にやってはいけません。

しかし、風俗業界では在籍嬢の写真をある程度修正されているのは、いわば暗黙の了解で風俗店を利用するお客様もわかっています。だから少々の修正では苦情が来ることはありませんが、限度を超えた修正は慎むべきでしょう。

なぜ風俗店のパネマジは存在するのか

風俗店がパネマジを繰り返すのには、ハッキリした理由があります。1つには、店の女の子の写真を修正して、在籍嬢の写真を見て来店を決めるお客様の気を惹くためです。風俗店はお客様に来店してもらいたいので、在籍嬢の写真を修正して美人に見せようとするわけです。写真の修正そのものは別に悪いことではありませんが、行き過ぎた修正はパネルマジックと呼ばれて嫌われることになります。

また、これとは別に、風俗店ではやむを得ない理由でパネルマジックを行っています。それは、店の女の子の顔バレを防ぐためです。

顔バレとは、女の子がソープやデリヘルで働いていることが、家族や友人、近所の人、会社の同僚などにバレてしまうことです。もし顔バレすると、もう風俗では働けなくなります。そうなるのを防ぐために、顔写真を修正して本人とわからないようにするわけです。昔は在籍嬢の写真は店頭に飾ってあるだけでしたが、ネットが普及した現在では、スマホで簡単に閲覧できるので、偶然知り合いが在籍嬢の写真を見て顔バレすることもあります。そのため、女の子が安心して風俗で働くためにも、パネルマジックが必要なのです。

客観視しよう!理想は「良心的なパネマジ」

上記のように、パネルの修正は風俗で働く女の子を顔バレから守るためにも必要です。

また、ある程度在籍嬢の顔写真を修正することには、暗黙の了解が得られています。つまり、限度を超えたパネルマジックでない限り、黙認されていると見ていいのです。

度が過ぎたパネルマジックは風俗店の信用にもかかわるので、風俗店員は過度のパネルマジックにならないように、注意しながら在籍嬢の写真を修正する必要があります。特に貧乳なのに巨乳に見える修正をしたり、まるで別人に見えるような顔写真の修正は厳に慎むべきです。顔写真をどの程度修正するかは、在籍嬢や周りのスタッフと話し合いながら行うといいでしょう。

パネルマジックとは、在籍嬢の顔写真を修正することです。ある程度の修正は黙認されますが、限度を超えた修正をすると、店の信用を失うことになるので注意しましょう。行き過ぎたパネルマジックは、店の信用にかかわることを肝に銘じ、本人や、修正を行うデザイナーなどと相談して修正の限度を決めていきましょう。

稼げる男性高収入求人【俺の風】

The following two tabs change content below.
アルフ

アルフ

どんなジャンルの仕事もそつなくこなすクール系と見せかけて、風俗記事のライティング時は仕事にかける情熱がハンパなくなるファイター。最近はハリネズミに癒されています。