【デリヘル開業】経営者に立ちはだかる法律・資金・人材問題

経営者に立ちはだかる法律・資金・人材問題

風俗店で働くスタッフの中には、「将来起業したい!」「いつかはデリヘル店を経営したい」という方も少なくありません。

確かにデリバリーヘルスという業態は、開業の初期費用が安く、最も始めやすい風俗店だと言えるでしょう。 しかし、デリヘル店の社長は知識と経験、人脈がものを言うお仕事でもあります。

決して一人の力で始められるわけではありません。

今回は、手軽に始められるけど存続が難しいデリヘル店の、開業する上で立ちはだかる壁(法律、資金、人材)についてお話します。

風俗経営をする前に【俺の風】で転職!

開業するうえで立ちはだかる壁

その1:法律

デリバリーヘルスだけでなく、風俗店を運営する上で、切っても切り離せない関係にあるのが「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(風営法)」です。

キャバクラ・ホスト・風俗などのナイトレジャーだけでなく、飲食店にも適用される法律なのですが、デリバリーヘルスはこの法律の第二款『無店舗型性風俗特殊営業の規制』をしっかり把握する必要があります。

こちらの法律に関する届け出をまず出さないことには、デリバリーヘルスを開業できません。営業許可書が受理されていないお店は違法店になるので、必ず所管の公安委員会で手続きしてください。

カゼ男
届け出の提出は警察からの厳しいチェックが入るので、知識のない方は”行政書士”に代行してもらおう!

全て書類を提出できたら、10日後から営業可能になります!

▶▶全国の行政書士検索サイト「e行政書士」

デリヘル開業に必要な書類

  • 無店舗型性風俗特殊営業の営業開始届出書
  • 営業の方法を記載した書類
  • 事務所の使用について権原を有することを疎明する書類(使用承諾書/賃貸契約書の写し/建物に係る登記事項証明書など)
  • 住民票(本籍地記載)の写し
  • 定款・法人登記事項証明書及び役員全員の住民票の写し(※法人の場合のみ)
  • 事務所の平面図
  • 待機所の平面図
  • 待機所の使用について権原を有することを疎明する書類(使用承諾書/賃貸契約書の写し/建物に係る登記事項証明書など)
  • 受付所の平面図、周囲の略図

最後の<受付所の平面図、周囲の略図>は、東京都であれば【台東区千束4丁目の一部以外設置不可】のため、ほぼ必要ありません。基本的にデリバリーヘルスは受付所の設置不可となっていますので、電話やネット予約での受付となります。それ以外の8項目は必要に応じて忘れずに用意してくださいね。

とくに「使用承諾書」は法務局発行の書類に、拠点となる場所の所有者から印鑑を押してもらわなければ書類を提出できません。デリヘル開業を決めたら、なるべく早く書類を確認して、必要なことを行ってきましょう。

参照:警視庁「性風俗関連特殊営業、深夜酒類提供飲食店営業の届け出

その2:資金

デリバリーヘルスを経営する上で必要な資金についてお話します。「これだけ揃えば大丈夫!」と思っていても、思わぬところで経費は必要となるので、出来る限り開業までに資金を貯めておくようにしましょう。

カゼ男
最低でも300万円!!計画的な準備を!

どれだけ店長経験があっても、経営者に話を聞いても、実際に始めてみると想像以上に支出が多くなります。 想像していたよりも安く済んだときはそれで良いのですが、想像より支出が多ければそれだけ負担になってきますよね。

デリバリーヘルスを営むときに必要な経費を以下で紹介しておきますので、事前にどこにどれだけ資金を割くのか計算し、より良いお店作りをしていきましょう!

開業前/開業後の必要経費

開業までの必要経費
ホームページ制作費(HP・求人込みで50万円程度)
物件契約費(事務所&待機所)
届け出代行手数料
送迎車両用の費用
雑費(備品や仕事に必要なもの)
開業後の必要経費
営業広告費用(毎月)
求人広告費用(毎月)
事務所&待機所の維持費
スマホ代、Wi-Fi代など
水道・光熱費
人件費

開業前の相場は200万円程度となっていますので、それよりも多い300万円を用意しておくと安心です。開業後は水道光熱費、契約費など、毎月かかってくるものもたくさんあります。スタッフが増えてお店が軌道に乗るまでは大変ですが、きちんと管理できるようにまとめておきましょう。

風俗経営をする前に【俺の風】で転職!

その3:人材

基本的にデリヘルはあなたとキャストさん1人いれば開店は可能です。しかし、ある程度の人材を確保しないことには経営も成り立ちません。キャスト・スタッフ集めだけでなく、お客様を集客しなければ当然報酬は払えず、経費も払えなくなってしまいます。

どの会社にも言えることですが、風俗店では特に「人材選び」は重要なポイントです。良いと思って雇った人でも働かせてみないことには分からないものなので、とにかくまずはやる気のある人を集めましょう。

キャスト・スタッフ募集方法

キャスト・スタッフの募集方法は様々ですので、1つずつ順番に見ていきましょう。

  1. 風俗業界にツテがある場合は紹介してもらう
  2. SNSやブログなどで随時情報発信をする
  3. 求人広告媒体で広告を出す

①風俗業界にツテがある場合は紹介してもらう

まずは、現在風俗業界で働いている人に向けての方法です。風俗業界は狭い分、交流も図りやすい傾向にあります。(個人差あります)長年業界で働いている人同士仲良くしている場合は、デリヘル開業について相談し、紹介できる人がいないか聞いてみましょう。

基本的に開業前も開業後も、一般・風俗関係なく人脈を広げることは、経営者としての大きな強みになります。今後風俗店の開業を目標にしている人も、今からたくさんの人と交流して人脈を広げておきましょう。

カゼ男
どの業界でも信頼関係は大切!

②SNSやブログなどで随時情報発信をする

SNSやブログを運用することで、それをみた人から働きたいと応募が来る可能性もあります。ただし、SNSでの交流は注意点もあります。基本的に路上だけでなくスカウトと呼ばれる行為は一切禁止です。違法店とならないように、情報発信までにとどめ、個人的にうちで働きませんか?と声をかけないようにしてくださいね。

③求人広告媒体に広告を出す

人材を募集するうえで一番効率の良い募集方法が、【求人広告媒体】を利用することです。風俗業界にも求人広告代理店というものが多数存在します。『俺の風』もその1つです。求人を出す際は、広告代理店を通すことで、募集開始までの作業がスムーズに進みます(必要であれば求人やバナー作成も可能です)。

『俺の風』は、ナイトワーク向けの高収入男性求人です。風俗店だけでなく、キャバクラ・ガールズバーなどの飲み屋にも対応しています。スタッフが欲しい方はこちらのポータルイサイトがおすすめです。

風俗キャストを募集する際は、姉妹サイトの『はじめての風俗アルバイト(はじ風)』または『30からの風俗アルバイト(30バイト)』がおすすめです。

『はじめての風俗アルバイト』は低価格での掲載が可能で、プランもスタンダードな求人詳細のみのものから、露出度の高いページに大きなバナーを載せられるものまで様々。

風俗未経験の女の子をターゲットとしているので【風俗 アルバイト】【未経験 風俗 求人】と検索すれば、必ず1ページ目に出てきます。いわゆる「素人系」のお店の経営したいと思っている方は一度検討してみるのも良いでしょう。

『30からの風俗アルバイト』も、30代以上の女性に人気の高い求人サイトです。こちらはいわゆる「人妻系」や「熟女系」といった風俗店を経営したい場合に活躍してくれるポータルサイトです。

特定の女性をターゲットとしたサイトは、採用時にお互いのミスマッチをなくすだけでなく、自分のイメージしていたキャストに出会いやすいというメリットがあります。

これらの媒体を利用して、計画的に男性スタッフ・女性キャストを募りましょう。

お店を軌道に乗せるためのポイント

1HPを作り込む
デリバリーヘルスの主軸はHPです。店頭がない分HPをいかに見やすく作り込むかでも、集客に影響してきます。デザインだけでなく、情報量も充実させましょう。女の子の写真、文章、クーポンの見せ方。細部までとことんこだわることで、他店と差をつけられます。
2従業員の管理を徹底
スタッフ・キャストさんから見たときに、良い経営者であることは重要です。とくにキャストさんのフォローにはスタッフと協力して力を入れていきましょう。女の子である以前に、その子がいなければ成り立ちません。平等に、丁寧に接していくことを心掛けてくださいね。男性スタッフにも働きやすいと思って貰えるように、常に声を聞いて改善していけるようにしましょう。
3質の高いお店であり続ける
軌道に乗るのが早くても、遅くても、質の高い優良店であり続けることが最大のポイントです。スタッフ・キャストさんの指導を徹底して、良いお店と言われるようなことを継続していきましょう。質の高いお店が継続できていると、自然とお客様も集まり繁盛していきます。開業後に来る<閑散期>でも落ちないように、安定した営業を行いましょう。

開業のハードルの比較的低いデリバリーヘルスですが、お店が軌道に乗るまでは簡単なことではありません。これまで学んできたノウハウだけでなく、変わりゆく風俗業界に対応できるように新たな戦略も必要です。開業後は、すぐにお店を軌道に乗せていくための施策を行いましょう。

カゼ男
閑散期が来る前に『打開策とやるべきこと』も学んでおこう!

確実に経営者を目指すには?

未経験からでも風俗店の運営をすることは不可能ではありません。しかし、最も確実に独立を目指す場合は、FC※1加盟店を募集している(する予定のある)風俗店へ就職することが得策です。

とくに開業ハードルの低いデリヘルの展開は、風俗経営で成功を収めるためにも挑戦しやすい道筋といえます。その分競合も多く、他店との差をつけられずに経営難に陥るお店も多いのが特徴です。ハードルが低いとはいえ、1つのお店を出して成功させるには、様々な経営ノウハウが必要となります。

たとえ一般職の経営実績があったとしても、業種が変われば経営方法はまた違います。まずは、独立支援制度を行っている風俗店を探し、確実な知識を見につけられるお店に就職しましょう。順番にステップを踏むことで、デリヘル開業への道筋が見えてきますよ。

【関東】独立支援制度がある求人

【関西】独立支援制度がある求人

※1 FC(フランチャイズ)とは加盟店に商号・商標の使用許可と一緒に与える独占販売権のこと

まとめ

今回はデリヘル店開業の際に、最初にぶち当たる壁についてお話しました。風俗店の店長ともなれば、経営感覚が備わり管理能力も付いてきますが、一番必要なものがあります。

それは・・・根気強さです。

お客様やキャストさんに気を配りながらも、ビジネス感覚をしっかりと持ち、お金を生み出す力を今のうちに身につけておきましょう。まずはデリヘル店で経験を積むところから始めてみませんか?

デリバリーヘルスの男性求人は【俺の風】で探せます。

デリバリーヘルスの男性求人

★★おすすめ記事★★

The following two tabs change content below.
すね毛30cm

すね毛30cm

飲食店歴7年▶︎▶︎▶︎風俗ライター1年生。ツラミ・イチボ・ミスジ・ハネシタ。牛と戦うこと(焼肉)が大好きです。最近の特技は、階段を踏み外すこと!よろしくお願いします!