風俗店がGoogleマイビジネスで売上を上げる方法を教えます

はじめに

この記事はこんな方を対象にしています
・Googleマイビジネスを運用してない
・風俗店に勤務している

・お店の売上を上げたい

・でも広告費はあまりかけたくない

仕事柄、風俗店の方からGoogleマイビジネスについて相談頂く機会があるのですが、私が把握している範囲で風俗店でGoogleマイビジネスを活用出来ている店舗様は非常に少ないです。
Googleマイビジネスを活用すると、集客すること=つまり売上を上げる事が可能になります

よくわからないし、めんどくさそうだしと放置されている店舗様は、損をしてますよ!!

お金を払って外注の専門業者に頼まれている店舗もあるかもしれませんが、飲食店などと違い、風俗店が使える機能は限られているため、導入~運用まで比較的カンタンなので自分でやった方がいいと思います。

ちょっと長いですが、Googleマイビジネスの導入~基本的な運用方法まで丁寧に解説していきますので、運用されていない店舗様は読みながら一緒に操作してみてくださいね。

 

Googleマイビジネスって何なの?

ざっくり言うとGoogleが無料で提供しているサービスで、ユーザーに対してビジネスをアピールする事が出来るものです。
Google検索したり、GoogleMAPで検索すると、検索ワードの内容によって表示されます。
ほとんどの人が見たことあるのではないでしょうか。

こういうやつです↓

《Google検索結果:パソコン画面》

《Google検索結果:スマホ画面》

《GoogleMAP検索結果:スマホ画面》

上画面で赤枠で囲まれている部分(専門用語で「ローカルパック」と言います)がGoogleマイビジネスとして表示されている箇所になります。

 

登録した覚えが無いんだけど?

Googleのクローラーというロボット(Googlebot:グーグルボットなどとも呼ばれる)が、インターネット上にある様々なページを巡回して(専門用語でクロールすると言います)情報を収集し、その情報を表示させているのです。

そのため、「この店舗をGoogleマイビジネスに登録お願いします」のように手続きしなくても勝手に表示されているのです。

 

Googleマイビジネスで出来ること

では、Googleマイビジネスで出来る事=メリットについて具体的に見ていきます。

例①:集客できる

これ、めちゃくちゃ目立ちますよね?

スマホで見ると
・JKプレイ新宿・大久保店|オナクラ手コキ回春専門店
・新宿クリスタル
・新宿平成女学
の3店舗が表示されています。

「さらに表示」を押すと、全部で173店舗もありました。
Googleマイビジネスを運用すれば、この上位3枠に表示させやすくする事が出来ます
※上位表示させるためのコツは後ほど詳しく解説します

ユーザーが検索するワードにより、表示内容は変化します
例えば、「新宿 ホテヘル」と検索すると

ホテヘル店のみが表示されました。

画像を投稿する事も出来ます
ユーザーがスマホで「新宿で風俗店ないかな~」と探した時に、カワイイ女の子の写真が表示されたらどうでしょう?
きっとタップしちゃいますよね?

お客様を集客するツールとして非常に使えるのがGoogleマイビジネスなのです。

 

例②:クチコミ対策が出来る

風俗店に対して、ユーザーはクチコミを投稿する事が出来ます。

例えば、クチコミで下記のようなクチコミが投稿されたとします。

★☆☆☆☆
最悪でした

Googleマイビジネスを使えば、この投稿に対して返信する事が可能です。
例えばマイナス評価に対して返信してみます。

★☆☆☆☆
最悪でした
オーナーからの返信
この度は当店を選んで頂いたにも関わらず、お客様に満足いただけるサービスを提供する事が出来ず、誠に申し訳ございません。ご不満に感じられた点をご教授頂けましたら、改善させて頂きますのでお申しつけくださいませ。

 

★☆☆☆☆
店員の態度が最悪
オーナーからの返信
この度はご利用頂きありがとうござました。スタッフの言動によりお客様に不快な思いをさせてしまっていたら大変申し訳ございません。
HPにアンケートページがございますので詳細な情報を送って頂けましたら、社内で共有し、早急に改善を図らせて頂きたいと存じます。
お手数おかけして大変申し訳ございませんが宜しくお願い致します。

どうでしょう?
お店の真摯な態度が伝わり、随分と印象が変わったと思いませんか?
このようにマイナス評価に対して返信することで、マイナスの印象を少なくする事が出来ます

また、悪意を持った第三者がクチコミを投稿するケースも考えられます。
その場合にも、事実無根のクチコミに対して返信コメントで対抗する事が出来ます

また、プラスの評価に対して

★★★★★
初めて利用したけど女の子はすごくカワイイし、店員さんもすごく親切でした。また行きます。
オーナーからの返信
この度はご利用頂きありがとうございます。お褒めのお言葉大変嬉しく存じます。今後ともお客様に満足頂けるように魅力的なイベント、割引を多数ご用意して参ります。スタッフ一同またのご来店を心よりお待ちしております。

例えばこんな感じで返信をしておくと、レビューを投稿したお客様からの印象もさらに良くなりますし、それ以外のユーザーがレビューを見た時にも、お店に対する印象が良くなります

このようにクチコミでの印象操作や、お客様とのコミュニケーションにも利用する事が出来ます
ただし、ネガティブレビューへの返信はどのように返信すべきか難しい場合もありますので、社内で返信ルールを整理して対応すると良いでしょう。

ちなみに店舗にとって都合の悪いクチコミを消す事は出来ません。
事実でない事を書き込まれた場合には、Googleに削除申請して消す事は可能ですが、事実でない事をGoogleに証明する必要があるのでなかなかハードルが高そうです。
参考:口コミ削除に成功した事例

投稿されてしまったものは仕方ないので、めげずに良いクチコミを増やしましょう。
良いクチコミを増やせば悪いクチコミは目立たなくなります

 

運用しないと起こりうる弊害

今後は逆にGoogleマイビジネスを運用しないとどのようなリスクがあるのかを具体例を挙げながら説明していきます。

例①:知らない間に閉業扱いになっている

Googleマイビジネスは、Wikipediaみたいな感じでユーザーから情報を修正依頼する事が出来ます。

もうお店が無くなっているのに、Googleマイビジネスが表示され続けているとまぎらわしいですよね?
そのため、お店のオーナーでなかったとしても「このお店はもう閉業しているよ」とGoogleマイビジネスの情報を修正依頼する事が出来るのです。

《修正依頼の画面》

Googleマイビジネスを運用していれば、「閉業」扱いになった時に確認通知が来ますので、通知された内容が正しいか確認する事が出来ます。

もし、運用してなければ通知が来ませんので、自分のお店が勝手に「閉業」にされていたとしても気づく事が出来ません。
つまりGoogleマイビジネス経由の来客を失ってしまう事になるのです。

 

例②:表示情報誤りによる見込み顧客の喪失

Googleマイビジネスに表示されている住所が誤っていたため、お客様がお店まで辿りつけず、キャンセルされたという話を実際に風俗店の方から聞いた事があります。

上で説明したように、Googleのクローラーが情報を収集して表示させているため、表示されている情報が誤っている場合もあるのです。

運用していないと情報が誤っている事にもなかなか気づけません。
こちらも情報誤りにより、お客様の集客に悪影響を及ぼします

 

Googleマイビジネスのはじめ方

Googleマイビジネスを運用した方が良いという事はわかって頂けたでしょうか?
それでは、Googleマイビジネスを運用していくための手続きを一緒に見ていきましょう。

今回は「新宿女学園」様にご協力頂き、実際にGoogleマイビジネスの運用を開始する所までやってみました。

手続きの流れはこんな感じです。

STEP1:オーナー確認 ※このビジネス(店舗)のオーナーですよとGoogleに伝える

STEP2:基本情報の登録 ※営業時間やサービス内容などの基本的な情報を登録する

たったこれだけです。簡単ですね。
※画面はこの記事の執筆時点(2020/09/17時点)のものです。
デザインなどが変更になっている可能性があるのでご了承ください。

 

STEP1:オーナー確認

まず、「自分がこの店舗のオーナーだ」と申請する必要があります。

「地名+店舗名」でGoogle検索してください。
「新宿 新宿女学園」で検索してみました。
※検索ワードミスって画像は「新宿 ホテヘル」になっています

住所を見る限り、これのようです。
「新宿女学園」のGoogleマイビジネスの情報が表示されていました。
なぜか「新宿女学園」ではなく「女学園」になってしまっています。

 

なぜ店舗名が誤っているの?

上でも説明しましたが、ロボットが自動的に登録しているため、実は「その情報違うよ」というケースが割とあります。

Googleマイビジネスのガイドラインで、「名前は正確に入力しましょう」というような規約があります。

例えば
新宿エリアNo1 新宿女学園」
【新宿駅から近く】新宿女学園」
「新宿女学園:初回割引実施中!
のように、余計な修飾子をつけてしまうと、店舗名以外の青文字の部分が規約違反となり、Googleが自動で不要な文字列を削除してしまう場合があります
参考:Gooogleマイビジネスヘルプ

今回のケースでは「新宿」という部分をGoogleが店舗名ではなく、地名と認識してしまい、規約違反の文字列を削除した事で「女学園」となってしまったと思われます。

これでは、ユーザーに正しい情報が伝わらず、集客できないかもしれませんね。。
後で正しい店舗名に修正していきましょう。

 

オーナー確認済か確認する

前任の店長が既にオーナー確認してしまっているけど、現店長に引き継いでないというケースも考えられるかもしれません。
オーナー確認が済んでいるのか、まだなのか確認しましょう。

オーナー確認済か簡単に確認する方法

Googleで店舗名で検索すると、Googleマイビジネスが表示されるので地図の部分をクリックします。

Googleマップが表示されるので情報を確認します

GoogleMAPで表示されたGoogleマイビジネスの情報に「ビジネスオーナーですか?」と表示されていれば、オーナー確認をまだ実施してない証です。

 

前任の店長などがオーナー確認済だが引き継がれておらず、連絡もとれなくてログインID・パスワードがわからない場合

オーナー確認済なのに、オーナー確認の申請を行おうとした場合、このようなメッセージが表示されます。

「アクセスに関するリクエスト」を押すと、オーナー確認しているアカウントへオーナー権限をリクエスト出来ます。
それを承認してもらえればオーナー申請が出来るようになります。

もし承認されなかった場合も7日経過すればオーナー申請出来るようになるので待ちましょう。

 

オーナー確認の申請を行う

まずは、「先ほどのビジネスオーナーですか?」をクリックします。

ログイン画面が表示されるので、メールアドレスとパスワードを入力してログインします。

恐らく店舗様の方で、お店のHPのアクセス数を把握出来るようにGoogleアナリティクスを設定されているアカウントをお持ちかと思います。
そのアカウントと共通のものを使えば、Googleアナリティクス、Googleマイビジネスの両方が使えるようになるので便利です。

もしGoogleアカウントを持ってないよというお店は、アカウントを作っておきましょう。
アカウントはこちらのページから作成できます。(Google公式ページへ飛びます)

ログインするとこのような画面が表示されました。
「管理を開始」を押します。

オーナー確認の方法を選択する画面が表示されました。

オーナー確認を行うには「確認コード」というものを受け取る必要があります
確認コードの受け取り方にはいくつか選択肢があります。

①メール

お店のHPにメールアドレスが載っていて、それをGoogleが認識している場合には、そのメールアドレスで確認コードを受け取る事が出来ます。
※メールアドレスは変更できません。

②電話

お店のHPに電話番号が載っていて、それをGoogleが認識している場合には、その電話番号宛にGoogleから電話がかかってくるので、機械の音声で確認コードを受け取る事が出来ます。
※電話番号は変更できません。

③ハガキ

お店のHPに住所が載っていて、それをGoogleが認識している場合には、その住所宛にGoogleから「確認コード」が記載されたハガキが届きます。

住所が誤っていると正しく届かないため注意しましょう
※Googleが誤った住所を登録しているケースがあります

ハガキは1~2週間程度で届きます。

④Google Search Console

サーチコンソールというツールを導入している場合、サーチコンソールで使用しているアカウントと同じアカウントを使用すると即時承認する事が出来ます。

 

もしホームページ内に電話番号を載せていなければ、Googleが電話番号を認識できないので、「電話」が選択肢として表示されない場合もあります。

「新宿女学園」様の場合、サーチコンソールを導入されていないため、④が選択肢として表示されていませんので、①~③の中から選びます。
今回は②のメールで進めていきます。
「メール」のボタンを押下すると、下記のような画面が表示されます。

同時に指定されたメールアドレス宛に、Googleからメールが届いるので、メールに記載された「5~6桁の確認コード」を入力します。

オーナー確認完了のメッセージが表示されました。
「使ってみる」を押下してさっそく使っていきます。

 

 

STEP2:基本情報の登録

Googleがお店のHPから取得した情報が自動的にGoogleマイビジネスに登録されているのですが、それだけだと情報が不足しているので、追加で店舗の情報を設定していきます。

また、もし情報が誤って登録されている場合は正しい情報に修正していきます。

画面は「新宿女学園」様の場合の例です。
「スキップ」を押しても後から設定出来るので、ここでは飛ばしても大丈夫です。

営業時間を設定する画面が表示されましたので設定していきます。

お店のセールスポイント等を入力します。

写真を設定します。
お店の外観や、お店のイチオシの女の子の写真などを投稿しましょう。

あと少しのようです。

一通り設定してGoogleマイビジネスの管理画面が表示されました。

広告の案内が表示されましたが「利用しない」をクリックします。
※後から設定可能です…が、風俗店は2020年09月現在、広告の審査がほとんど通らなくなってしまいましたので、設定せずにスルーします。

肝心の店舗名が誤っていたので、まずはそこから修正していきます。

左のメニューから「情報」選択すると、店舗名が表示されます。
「新宿女学園」が誤って「女学園」になっているため、修正します。
鉛筆みたいなマークを押すと編集できます。

店舗名が変更されました。


審査中と表示されています。
変更内容はGoogleのチェックが入るため、変更内容が反映されるまで、少し時間がかかります

今回は10分程度で承認されました。

Googleマイビジネスの店舗名も正しく表示されるようになりました。

 

その他の項目を設定していきます。
Googleマイビジネスは様々な機能があるのですが、風俗店の場合、下記①~⑩の部分を設定しておけばOKです。

①ビジネス名

正確に入力しましょう。上で説明した通り「地域No1」みたいな余計な修飾子をつけてはいけません。

②カテゴリ

最初から設定されていると思いますが、「風俗店」と設定します。
風俗店で選択出来るカテゴリは4つのみです(今後増える可能性はあるかもしれません)

・風俗店
・ソープランド
・ファッションヘルス
・アダルト マッサージ

この中から一番近いカテゴリを選択しましょう。
「ピンクサロン」など、自分で新しくカテゴリを作る事はできません

③ビジネス拠点

押すと住所が設定出来るので設定します。
「新宿女学園」様の場合、ビルの階数が設定されていませんでしたので、追記しました。

Googleマップのピンについて

もしこのようなピンになっていた場合、ユーザーは下の道路沿いに入り口があると思ってしまう可能性があります

 

ピンの位置によっては、GoogleMAPでルート検索した場合に、店の裏手側へのルートが表示されてしまう場合があります。
店舗の場所がわからないユーザーを逃してしまう恐れがあるため、実際にルート検索して正しくルート表示されるか確認しておきましょう

 

このようにピンの位置を微調整して入り口付近に設置しておきましょう

 

④サービス提供地域

「新宿女学園」様の場合、「ホテヘル」かつ「デリヘル」のため、デリヘルの送迎範囲である「東京の23区」と設定しておきます。

⑤営業時間

曜日単位に影響時間を設定します。

⑥特別営業時間

年末年始など、営業時刻が特別に短くなったり、急に休みになった場合に設定します。

⑦電話番号

お店の電話番号です。Googleが求人用の電話番号を掲載している可能性もあるので、営業用の電話番号になっている事を確認しましょう。

⑧ウェブサイト

店舗HPのURLです。電話番号と同じく合っているか確認しましょう。

 

⑨ビジネス情報

お店の特徴や、イチオシポイントなどを書きます。
上位を取りたい検索ワードを含めて文章を書くようにするのがポイントです。

⑩開業日

オープンした日が分かっていれば入力しておきましょう。

 

これでほとんど設定は完了しました。最後までもう一息です。

⑪写真

写真を投稿しましょう
お店の外観、ユーザーの目を引くカワイイ女の子、店舗ロゴなどを登録しておきましょう。
(動画も投稿可能です)

あまりにもエロくて過激なものはNGですので注意しましょう
参考:Googleマイビジネスヘルプ

 

基本情報の登録における注意点

一通り設定しましたが、下記の3項目は頭文字からNAPと呼ばれ、重要な項目であり少し注意が必要です。
①ビジネス名(Name)
③ビジネス拠点(Address)
⑦電話番号(Phone)

風俗店の場合、Googleマイビジネス、自社HP、各種ポータルサイト、店舗公式のSNSアカウントなど多くの場所にNAP情報が表示されているはずです。

それらNAP情報はGoogleが認識しやすいように表記を合わせておいた方が良いとされています
表記が異なっているとGoogleが同じ店舗と認識できない可能性があるためです。

例えば住所を例に見てみると

住所①
新宿区新宿区歌舞伎町1丁目6−11新宿栄ビル2F

住所②
新宿区新宿区歌舞伎町1-6-11新宿栄ビル2階

住所③
新宿区新宿区歌舞伎町1丁目ー6番ー11号2階

上記①~③のように、住所は表記がブレやすいです。
半角、全角やスペース有無も含めて表記を統一させておきましょう

電話番号についても同様です。

電話番号①
03-XXXXーXXXX

電話番号②
03XXXXXXXX

電話番号はポータルサイトによっては、ハイフン付き表記になってたり、ハイフンがなかったりすると思いますので、出来る範囲で合わせておけば良いかと思います。

 

Googleのローカル検索結果で上位表示させるコツ

いきなり「ローカル検索」という新しい言葉が出てきましたね。
ローカル検索とは場所に関連する検索が行われた時に、場所の情報を表示させる仕組みのことです。

例えば「新宿 ホテヘル」と地名を含めて検索すると、新宿付近のホテヘルが表示されます。
これがローカル検索です。

また、「ホテヘル」だけで検索した場合には、検索した人が新宿にいれば新宿付近のホテヘルが、渋谷にいれば渋谷付近のホテヘルが表示されます
Googleがスマホからその人の位置情報を得ているのでこのような事が出来るのです。

今まで見てきたように、Googleマイビジネスはローカル検索結果として表示されます。
そして、対策を行う事で、ローカル検索結果の上位に表示させる事が出来るのです。

ちなみにローカル検索結果に表示されるGoogleマイビジネスの順位向上を図ることを「MEO(エムイーオー)」と言います。
MEOは日本での独自の言葉で、海外では「ローカルSEO(エスイーオー)」などと呼ばれています。
広告代理店などとの打ち合わせ時に出てきたりしますので、覚えておいて損はないでしょう。
MEOはマップエンジン最適化(Map Engine Optimization)の略称です。

 

対策①:テキスト情報を充実させる

ローカル検索は、検索語句との関連が高いものが上位表示されます
つまりビジネス情報が充実していればその分引っかかる可能性が高くなります。
参考:Googleマイビジネスヘルプ

風俗店の方は、各媒体にミッチリと情報を入力されているかと思いますが、そんな感じでGoogleマイビジネスにもしっかりと情報を入力しましょう。

 

対策②:写真を充実させる

検索結果に表示される写真も検索ワードにより、より関連度が高いものが表示されます
具体的に見ていきましょう。

「新宿 居酒屋」で検索してみると

白銀屋という居酒屋さんが一番上に表示されました。

 

次に、「新宿 白銀屋 個室」という検索ワードに変えて検索してみます。

どうでしょう?
写真が店内の写真に代わっています
これは、「新宿 白銀屋 個室」で検索している人は、個室があるのか、どんな個室かという事を知りたいため、店内の写真を見たいのだろうというユーザーニーズをGoogleが汲み取って、写真を店内に代えたと思われます。
めちゃ賢くないですか?Googleさんマジ神…

 

今度は、「新宿 白銀屋 ランチ」という検索ワードに変えて検索してみます。

写真がランチっぽい写真に代わりましたね?
テキストもランチに関連するテキストに変更されています。
どうやら、テキスト文はユーザーが投稿したレビューから引用しているようです。

このようにGoogleは検索ワードによって、表示させる写真を変更させるため、写真のバリエーションを多く投稿する事で、検索したユーザーに刺さる可能性が高くなります

 

対策③:クチコミを集める

ユーザーから投稿されるクチコミが多ければ多いほど、また評価が高ければ高いほど良いです。
なるべく高評価のクチコミが投稿されるように頑張ってください。

ここで有効的な方法を1つ紹介しておきます。
こんな感じでお店にPOPを設置したり、ショップカードを配ったりしてクチコミを集めると有効的です。
(適当なPOPですみません)

ちなみに、クチコミの見返りに割引券などの謝礼を渡す事はポリシーで禁止されています。
店にPOPを設置するくらいだったらバレないと思いますが
参考1:マップユーザーの投稿コンテンツに関するポリシー
参考2:Googleマイビジネスコミュニティ

クチコミのPOPの作り方

左側メニューの「ホーム」から「プロフィールを共有」をクリックします。

このような画面が表示されますのでリンクをコピーします。

あとは、このリンクからQRコードを生成すればOKです。

POPを設置したり、ショップカードを配るだけでなく、メルマガや公式Twitterからクチコミ投稿を呼びかけるのも有効だと思います。

クチコミ代行サービスは危険

クチコミの代行サービスの会社なども存在しており、「クチコミを投稿して順位をあげます」のような営業電話がかかってくる場合もあると思いますが不正なクチコミを集めるのはリスクが高いのでやめておきましょう

Google側はアカウント情報を把握していると思われます
例えばGoogle広告には来店コンバージョンという機能があり、広告を見たユーザーが実際に来店したか計測する事が出来たりします。
つまり、Google側で位置情報を把握しているため店に行ってないのにクチコミを投稿したり、ずっと店にいる店員が自演でクチコミを投稿しても、不正とみなされるかもしれません。

また、強制的に口コミを書かせる事もやめましょう。
こんなビューを投稿されてしまっては印象が悪くなります。

★☆☆☆☆
プレイ後にクチコミを書けと強要されました。スキを見て書かずに逃げましたけど最悪です。

正当な方法でクチコミを集める事をおすすめします

 

対策④:クチコミに返信する

クチコミに返信するメリットはさきほど説明した通りです。
店から返信していると、「クチコミを見てくれているんだ」と投稿の呼び水的な役割も果たしますので、積極的に返信しましょう。

クチコミに対する返信はここから行います。

 

 

最後に

風俗店のGoogleマイビジネス活用法について、これくらいやっておくと良いかなという基本的なポイントを解説しました。
弊社とお取引のある店舗様は、Googleマイビジネスの運用についてご不明点等あれば気軽に担当営業までお問合せください。

「もっとGoogleマイビジネスについて詳しく知りたい」という方のために公式ヘルプのリンクも置いておきますので、参考にしてください。
参考:Googleマイビジネスヘルプ

そういえば、無店舗型のデリヘル店については、あまり説明出来てなかったですね。別途書きますか…
今回の記事は基本編ですので、もし需要があれば応用編の記事も書いてみたいと思います。

この記事が風俗店の売上向上の一助となれば幸いです。

 

《関連記事》メッセージ機能でオンライン予約に対応する方法 ↓

The following two tabs change content below.
カゼ男(カゼオ)
俺の風Twitter中の人。あんこが好き。特にあんことバターの組み合わせに目が無い。この組み合わせを考えた人本当にありがとう!これからもあんこと共に生きていく所存です。