女の子に注意できない…キャスト教育で悩んだらこれをしよう!

風俗店員は、キャスト教育をしたり、何かあれば注意をしたりしなければならないポジションでもありますよね。女の子の接客態度についてお客様からクレームが入ったり、他の女の子から「スタッフさんから言ってほしい」とお願いされることもあると思いますが、実際に女の子にどうやって注意すればよいか分からない方も多いはずです。そんな時、女の子に上手に伝えるためのポイントと注意しておくと良いことなど、風俗店員が知っておくべきことを紹介していきたいと思います。

指名が少ない女の子の教育をする上で風俗店員が注意しておきたいこと!

風俗店員がキャスト教育をするうえで注意しておきたいことのなかに、女の子から反感を買わないようにすることがあります。
これは女の子の立場からすると、「あなたは私の客じゃないし接客内容を見ていないのに口出しするな!」というように思う女の子が多いからです。
キャスト教育をする場合は「あれがダメ、これがダメ」という指摘ではなく、女の子の接客内容を一度聞いたうえで「そこにこうひと手間加えてみると良いね」というように、否定ではなく女の子の接客方法を活かすアドバイスでキャスト教育をしていくようにすると成績も伸びる女の子が多いです。

接客態度についてお客様からクレームが入ったとき

当たり前ですが、集団待機室などの他の女の子がいる前で「お客様からクレームだぞ!」といきなり怒鳴りつけるようなことはやめましょう。特にお客様からのクレームは、もしかすると女の子が悪いのではなく原因がお客様にあるという場合もあります。(しつこく禁止行為を強要したが断られた腹いせなど)
風俗店員は接客中の状況を全て把握できるわけではありませんから、クレームの入った原因をしっかりと聞くためにも、個別に女の子からの話を聞きましょう。しっかり話を聞いてあげれば原因もわかり、女の子が納得するように注意やキャスト教育をすることができます。

お店の女の子から他の女の子へのクレームが入ったとき

キャスト教育において接客態度以外でも、お店の女の子から他の女の子へのクレームを風俗店員から伝えなくてはいけない場合もありますよね。
この場合に注意したいことは、どの女の子からのクレームなのかということがキャスト指導をする女の子に伝わらないように注意しなくてはいけません。
集団待機室など共用部分の使い方がだらしない。常に誰かと大声で通話をしていて休憩中に他の女の子たちの気が休まらない。など女の子からのクレームだと察すると、告げ口をした女の子を探し出そうとしたりして、女の子同士のトラブルに繋がります。「僕が見てて思ったことなんだけど」というように風俗店員からの意見というような言い方で注意勧告をするようにしたほうが良いです。

キャスト教育や注意勧告を独断で判断せずに、まずは上司に意見を求める

接客態度でクレームが入ったときや、他の女の子からクレームが入ったときには風俗店員が個人の独断で女の子へキャスト教育をしようとせずに、まずは店長や社員の上司への相談をして意見を求めるようにしましょう。
特に在籍期間の長い女の子や、指名獲得数などお店の売り上げの貢献が多い女の子へのキャスト教育は、風俗店員ではなく店長やそれ以上の社員から注意をしてもらうことのほうが良い場合も多いので、独断で判断せずにまずは上司への報告で意見を求めるようにした方が良いですね。

女の子に注意をするということは意外と難しいことです。特に常識的なことができていない女の子へのキャスト教育というのは、常識が通用しないことや逆ギレされて出勤しなくなってしまうなんていうこともあります。女の子はお店の商品でもありますから、まずは上司に報告と相談をして意見を求めつつキャスト教育をする判断や基準を見定めていくと良いですね。

風俗スタッフ求人はこちらから

The following two tabs change content below.
アルフ

アルフ

旅レポ系の本とハリネズミが好きな風俗ライター。寒い季節はもこもこ毛布と一人鍋で、映画を見ながらゆっくり夜を過ごすのが好き。マイブームはキノコ鍋。