ニート・引きこもりを脱出!正社員を目指す前に日払いバイトから始めよう!

昨年2018年に日本の就業していない若い世代は71万人を突破しました。ニートがそれほど珍しくなくなったこの時代にももちろん、今の環境から脱却し就業を望んでいる人がいます。今回はそんな「ニートを卒業したい!」「引きこもるのはもうやめだ、今年こそ働くぞ!」という方のためのおすすめ風俗スタッフのアルバイトの仕事をご紹介します!

この生活から抜け出したい…

大学を卒業して就職に失敗。その後、数年のことは覚えていない…(´;ω;`)

そんな男性も多くなってきた現代社会。今やニート人口は約71万人(2018年度)と言われています。
若者の10人に1人がニート経験がある…この状況を少しでも良くしたい!
そんな今回は…「ニートです!」「無職です!」「仕事ってなんですか?」という方のために働きやすい職業をご紹介します。

「NEET(ニート)」の定義とは?

ニート(イギリス英語: Not in Education, Employment or Training, NEET)とは、就学・就労・職業訓練のいずれも行っていないことを意味する用語である。日本では、15〜34歳までの非労働力人口のうち通学・家事を行っていない者を指しており、「若年無業者」と呼称している。

 

(Wikipediaより)

ニートとは本来「教育を受けているわけでもなく、就業者でもなく、就業訓練を受けているわけでもない人」を指していますが日本では15歳~30代前半までをそう呼ぶそうです。じゃあ35歳以上のニートさんは…というと、【無職】や【中年ニート】【高齢ニート】なんて呼ばれたりするそうで…なかなかのツライ現実…。
ちなみに34歳説は厚生労働省が打ち出した年齢。内閣府が出している「子供・若者白書」でのニートの定義は15歳~39歳までだそうです。即ち、基本的には40歳までの無職の方を「ニート」と呼ぶんですね。

ちなみに「ネオニート」という言葉もありますがこれは物件の所有者など、働かなくてもお金が入ってくる不労所得がある人のこと。なんとも羨ましいニートです。

引きこもりとの違いは?

引きこもり」は厚生労働省の定義によると、「仕事や学校に行かず、かつ家族以外の人と交流をほとんどせずに6ヶ月以上続けて自宅にひきこもっている状態」を指しています。「社会活動をしていない」、「家族以外の人と関わらない」というところが大きな違いです。逆に言えばそれ以外に違いはありません。友達と遊びに出かけられる引きこもりは引きこもりではなく、ただのニートです…( ◠‿◠ )

ニートの定義は分かった!!!
でもどうしても働きたくない、俺なんかが働けるわけがない…

なぜ我々は働きたくないのか

そんなん言ったって働くのヤダヤダヤダヤダヤダーーーー!!
こんな人がほとんどですよね…実際に働いている人も本音はこうです…。

働きたくない人にも色々あると思いますが…

やりたい仕事がない
失敗したくない・怒られるのが嫌
就職活動がめんどくさい
人間関係がめんどくさい

と、いった理由が多いです。自分自身で働きたくない理由を把握し、もう一段階踏み込めば就職活動のための軸がハッキリとしてくる可能性があります。

例えば…「俺は人間関係がめんどくさい!…それって中学のときにクラスで一番頭の良い奴にイジメにあった経験があるからかな?」という風に何が原因かを知ることができれば「あんなやつがいそうなところを避けて…最低限の報連相だけでやっていける仕事…」と考えることができます。すると自分に【できそうな仕事】が見えてきます。

例えばこの例の場合なら簡単なPC作業だけでOKの「Web更新スタッフ」。
『俺の風』にも高収入なWeb更新スタッフの仕事求人があります。お店の女の子の紹介文や、イベント情報の更新、新人さんの追加登録、広告媒体のテキスト更新…等々、風俗店のWeb媒体の更新全般を行う仕事で報告も上長にする程度なので人間関係が限られています。ご興味のある方は是非『俺の風』の【職種で探す】から【事務/Webスタッフ】をクリックしてみてくださいね!

このように、やりたいことがない人やできそうな職種が無くて悩んでいるのなら、まずは【絶対にやりたくない仕事】を見つけてから、自分にも【できそうな仕事】を探していくとマッチングしやすいですよ!

ちなみに…風俗店でのPC作業はキーボード入力ができる等々…本当に基礎の基礎でOK!そのことについてはまた別の記事でも触れています。そちらも併せてチェックしてみてください。

基礎の基礎だけ!風俗店のWeb更新スタッフ

なぜ我々は働かなければいけないのか?

いやいや、働きたい会社なんてないのにそもそもなんでこの俺が働かなきゃいけないの?

その気持ちとっても分かりますが…人が消費をする以上、生産する人はいるんです。今日ご飯が食べられるのも誰かが仕事をしてくれたからなんです。
池上彰さんも「人が働かなければいけないのは、一人では生きていけないから」と言っていました。
つまり誰かを生存させるためにも、自分を生存させるためにも働かなきゃいけない!!生きたいように生きることも大切だけど、その前に生かされていることを忘れたくないですね。

なにやってんだ俺…働いてくれてる人のためにちゃんと恩返ししなきゃ…(´;ω;`)

いきなり働くのはハードルが高い…じゃあ何からすればいい?

俺たちは生かされている……よし!!!働く決意は固まった!!!!!
でも、一体何から手を付けたら…。

もちろん、履歴書を書いて給料の良い大手の企業から面接を受けて正社員として採用してもらって…
そうなれば悩みはないのですが、正直このご時世、ニート期間が長期になればなるほど再就職は難しく、本人も企業も躊躇ってしまいがちです。

そこでオススメしたいのが「フリーター」or「アルバイト勤務」です。
いきなり正社員になる必要はありません。段階を踏んで成長したいという方には「アルバイト」がおすすめです。アルバイトや契約社員でも正社員登用があるところで働いて、無事正社員になることができれば安定した収入を得ることができます。

しかし、正社員登用とは言ったものの…登用されないとずっとそのままですよね。求人には「アルバイトで経験を積んだら正社員にステップアップ!」などと書いていても、実際のところほとんどの方が社員として採用されないという会社も残念ながらあるようです。

ですが!アルバイトから正社員のステップをクリアしやすい業界はあります!
それが『風俗業界』です。「え…風俗ってちょっと…怖い人とかくるんでしょ?」と、不信感を抱いている方が多いですが全くそんなことありません!!その理由を次の項目で紹介します。

ニートから風俗店スタッフという選択肢

なぜ風俗スタッフがオススメなの?

1.昇進・昇格しやすい

風俗業界は比較的ブルーオーシャンな業界です。どんどん店舗は作っていきたいが、店長候補が足りていない…と言う状況。だからこそアルバイトから正社員、正社員から幹部というステップも難なくクリアできます。ちなみに人員不足で激務なイメージがありますが、完全週休二日制・8時間勤務を義務づけている企業などもあり、一般企業よりも残業が少ない!といった場合も往々にしてあります。きっとやる仕事が決まっていてきっちり分業出来ているからですね。闇の組織が…などと大昔のイメージを持っている方も多いですが、働いている人たちも一般企業勤めだった方がほとんどです。

2.給料が高い(高収入)

風俗業界では、大手グループ企業なら「月収30万円以上」がもはや当たり前になってきました。店長・幹部候補になれば月収50万円も可能!それに歩合給も付くので月収100万円以上、年収1,000万円以上という方も沢山いらっしゃいます。お客様が単価が高いってすごいですね…。
正社員なら30万円以上が見込めますが、アルバイトスタッフでも時給1,200円以上ある場合がほとんどです。お店によっては日払い、週払いなど支払いの形態が選べる場合があります。「今すぐにお金が必要」という方は風俗店でバイトをして日払いの給与を貰うのもアリですね!

3.仕事内容のハードルが低め

風俗店員の仕事内容は電話・接客・清掃・シフト管理などです。「風俗店員の接客ってきつそう…」「ヤバいお客さんとか来るんじゃ…」という方も多いですが滅多にそんなことありません。あっても酔っ払いを追い払うくらいのものなので慣れればなんの問題もありません。デリへルなど派遣型のお店であれば直接お客様と対面することないのでより安心ですね。「お客さんにおすすめの女の子聞かれても答えられん…」という方も最初は緊張してしどろもどろになってしまうかもしれません。ですがお客様の質問のパターンが分かれば自然に言葉が出てくるようになります。また、運転ができれば送迎ドライバー、PCがある程度使えるのなら風俗店のWeb更新スタッフやデザイナーという道もありますよ!

4.採用条件が厳しくない

風俗業界は採用条件が厳しくありません。これはニートにとっての最大のメリット!!風俗の男性求人を見ていると、未経験OKという文字をよく目にしますが、最近では「職歴不問」「経歴不問」と書かれている求人もよく見ます。これは即ち、前の職種がなんであれ、どんな経歴の持ち主であれ問題ありません!ということを意味しています。また、転職回数が多い方でも雇ってくれるお店は多いです。辞めた経験は多くてもそれだけ受かった経験が多いということですからね!(笑)学歴、年齢も不問で雇ってくれるので20代~30代のニートはもちろん、40代・50代のミドル世代でも採用してもらいやすいです。

風俗業界で働くにあたって、知っておきたいメリットとデメリットについては他の記事でも紹介しています!!是非そちらも併せて見てみてください。

働くなら知っておきたいの風俗業界メリット・デメリット

風俗店は学歴不問・経歴不問・年齢不問で採用してもらえるところが多いです。「俺はずっとニートだったから…」「こんな引きこもりどこも雇ってくれない…」そう思う前にまずは気になる求人に電話してみてください。中には履歴書不要で面接してくれるお店もあります。稼ぎたい意思をしっかり伝え、アルバイトスタッフから挑戦してみましょう!

パンツは脱ぐために履いている!まずは片足、履いてみよう

ヒトはパンツを履いたサル」という言葉があります。
なぜ人はパンツを履くのか、それは「脱いだら気持ちがいいから」なんです!!!
パンツは一枚履いておけば、脱いだ時に、履いていた人にしか分からない心地良さがあります。

働くこともパンツと同じです!働くようになれば辛いことや大変なこともあります。でも働くというパンツを履いておけばその分、脱いだ時が貴重で充実したものとなります。一つの仕事を終えて自分の働きによって出た成果や、仕事終わりのビールの美味しさ…。「ああ、俺はこの気持ちよさを味わうために一週間働いていたんだ」きっとニート時代にはなかった新たな感情が湧き出てくることでしょう…!また、仕事での新しい出会いを楽しめるようになれば恋愛や趣味にも関心が出て、よりプライベートが充実してきます。わざわざ朝早く起きて、眠い目をこすりながら仕事する意味は絶対にありますよ!

正社員になる前にまずは、パンツに片足だけ通してみましょう!
風俗店のアルバイト求人なら日払いOK!即日採用も可能!メリットが沢山あります。是非働きたい地域から希望の職種、希望の条件のお店を探してみてください。

風俗のバイトスタッフ求人は【俺の風】で!

稼げる!風俗の男性求人なら【俺の風】

The following two tabs change content below.
harami

harami

大阪に住む新米ライター。 ボーッとしているようで実はボーッとしている。 好きな牛肉の部位はハラミです。