風俗店へ転職を考えている時の心得や覚えておきたい事

未経験でもOKな風俗業界

今働いている職場であまり稼げないなどと悩んでいる時に、風俗店の男性求人を見て転職を考えている方もおられるのではないでしょうか。お店の給与額や福利厚生を見て、その充実している条件に魅力を感じるかもしれません。

ただこれまでの仕事が全くの異業種で風俗店とは関係のない事ばかりを行ってきた方は本当に採用してもらえるのか、未経験でも良いのか、と不安を感じてしまうことでしょう。

普通の職場によっては経験がある方を条件にしている業種もありますが、風俗店の男性求人では未経験でも可能だとしているところばかりです。経験があるかないかよりも、その方のやる気があれば良いとしているところが多くありますので、今まで全く畑違いの仕事をしてきた方でも面接をして通過する可能性が十分にあると心得ておきましょう。

他にも特別な資格がなければ働けないというような条件もありませんので、ほとんど何も資格がない方でも気にせずに挑戦できます。特別な資格は必要ないのですが、特にデリヘル業を行っているお店で働きたいと考えている場合には、車の運転免許はあった方が良いです。内勤で希望をしていてもドライバーとして活躍しなければいけない時が出てくるかもしれません。

逆に店舗型の場合などは運転免許がなくても別の専属のスタッフが女性の送迎を行う事になっていて必要ない場合もあります。まだ運転免許を持っていなくて不安な時には、電話で面接の申し込みをする時などに必要な資格なのか確認するようにしましょう。

学歴は必要?

中には学歴に自信がなく、転職をしてみたいと感じながらも今一歩踏み出せない方もおられるかもしれません。

風俗業界では全く学歴は関係がありません。

最終学歴が高校卒業という方も、高校を中退してしまったという方でも問題はありません。勉強よりもその方の人物像をしっかりと見てくれていますので、採用が決まり働ける可能性も十分にあります。実際に働いていて幹部まで昇り詰めた方の中には高校や大学を中退してしまったという方もいます。

働いた後にいかに努力をしながら真面目に頑張っていき、会社に貢献できるかの方が大事です。

募集年齢は?

年齢が20代などで若い方はまだ転職が成功しそうなイメージがあるかもしれませんが、40代以上になってくると年齢のせいで不安を感じる場合もあります。

しかし年齢に制限を設けてはいないので、もし40代だとしても採用になる可能性は十分にあります。

そして中高年だからこその今までの経験を活かしてお店に貢献をしながら働けますし、もっと稼いで頑張りたいという向上心を持っている方は挑戦する価値があるでしょう。

風俗店スタッフの仕事内容

始めはドライバーから

風俗店へ転職をしようと面接を受けて採用になった場合、始めに任される仕事は掃除や女性の送迎ということも多いです。特に男性がいるホテルや自宅まで女性を送迎しなければならないデリヘル店などでは、ドライバーから始まるという場合も多いでしょう。

店舗型の場合でも女性の帰る手段が無くなってしまった時には男性のスタッフが送迎を行いますので、この時にもドライバーのような仕事を任されます。

ドライバーの仕事を任されるのは安全に女性を約束の時刻までに男性のお客様の元へ届けるだけでなく、男性のお客様や女性ともコミュニーケーションを取る経験を積んでもらう為でもあります。ドライバーはただ車を運転するようなイメージがあるかもしれませんが、実は女性を男性に引き渡す前に危険な人物ではないかなどをチェックし、お金を始めに頂くような役目をします。他にもプレイ中に女性が緊急で電話をかけてくる時や、お客様との間でトラブルが遭った時にも守ってあげる役目があるのです。

ここでお客様への対応力をつけます。様々なお客様がいますので場数を踏み対応の仕方を覚え、毎日の仕事をこなしていくと、次のステップへと繋がるというお店も多いです。

内勤スタッフの仕事とは?

直接女性や、男性のお客様に接して慣れてきたところで、内勤の業務も任されるようになってくるでしょう。

今度はお店に直接電話をかけてきたお客様へ対応をし、用件を的確に聞き予約を入れて女性の指名が入った時にはシフトを見ながら時間の調節を行います。そのような業務もなく時間が空いた時には、より男性のお客様にお店を利用して満足してもらえるように、ホームページの更新を行うことやメルマガの発行をして集客につながる活動をするのです。どのように行っていくのかは上司が丁寧に教えてくれますので、工夫しながら作成していくようになります。他にも細かい雑用や事務作業もあります。

もっと慣れてきて勤続年数を重ねて職場からも信頼を得るようになると、女性へ渡す給与計算や、直接お金に触りお給料を渡す役目を任されたりもします。

始めの頃は雑用やドライバーの仕事から始まりますが、しっかりと真面目に仕事をしているうちに責任のある仕事も任されるようになり役職も上がっていきます。

能力や働く姿勢で給与が上がる

元々風俗店での男性求人では月給も高い傾向があり、稼ぎやすい環境にあります。ただ、頑張り次第ではもっとお給料が上がっていくと心得ておくと良いでしょう。

世の中にある職場の中には年功序列になっていて、どんなに自分が頑張っていてもお給料が上がらず勤続年数が長い人達だけが高収入を得ているようなところもあります。

しかし風俗店の男性求人ではしっかりとその人の頑張りを見てくれますので、能力次第では新人だからなどと関係なくお給料が上がっていくのです。試用期間がある職場も多いのですが、ここでしっかりと上司の話を聞き、素早くメモを取りながら仕事をする必要があります。そして自分からも仕事をしながら疑問を感じたらすぐに質問をすることや、主体性を持って働く姿を見せるのも必要です。

上司から見てこの人は凄いなと感じさせたら、本来ある試用期間よりも早く本採用になります。大抵試用期間は3か月間ありその間は給与も低くなってしまうケースもあります。しかし頑張って本採用に早めになれたらお給料も普通の金額でもらえるので、金銭面でも助かるでしょう。

給与を上げるためにやるべきこと

試用期間が過ぎた後は、頑張ってお店に貢献をしているとある程度の金額まではどんどんとお給料が上がっていくお店も多いです。

中には基本給の他に頑張りを評価する為に歩合制度を取り入れているケースもあります。

もし男性のお客様から電話が来た時にも話をしっかりと聞きマナーがある対応をしていて満足度が高いと、またリピートして利用してくれるようになります。すると売り上げも上がるのですが、この頑張りを見て歩合にしお給料に上乗せしてくれるのです。目標の金額を達成する頑張りを評価してもらえますので、今後のやる気にも繋がっていくでしょう。

上司や会社に評価してもらいたいと思うのであれば、臨機応変に対応ができるかどうかは見られています。ある程度仕事のやり方のマニュアルはあるのですが、実際に現場で女性や男性のお客様と接していると、マニュアルにはないような事が起こります。その時に慌てずに落ち着いて臨機応変に対応ができれば、トラブルも最小限で抑えられたり未然に防げたりもするのです。車で女性を男性の自宅へ送る時にも渋滞に捕まる場合もありますし、出勤する予定の子が急に体調不良を起こして予約を入れていた男性のお客様へお断りの電話を入れなければいけない時もあります。

様々な場合に応じて臨機応変に対応できるような力も磨くのもコツです。

風俗店だから採用されやすい訳ではない

なんとなくのイメージで、風俗店への転職であれば一般企業よりも採用基準が緩いのではないかと感じてしまうかもしれませんが、そんな事はありません。

接客業にもなりますのでどんな人物なのかをしっかりと見て採用をしています。

中でも礼儀が出来る方ができない方かというのはしっかりと見られていて、面接や電話をかける時からその言葉遣いは見られています。

いきなり本題を話すのではなく上手にクッション言葉を入れられるかや、電話でもしっかりと挨拶から始めて用件を述べているのかなどを見ているのです。ここでだらしのない言葉遣いをしていると取られてしまうと、転職は難しいと思って良いでしょう。もし自分で自信がない時には、面接の電話をする時にどのような言葉から始めるかなど頭の中でシミュレーションを行ってからかけましょう。面接でもお辞儀をしっかりと行い、面接の部屋から出て廊下で誰かに会った時に挨拶をするのも大切です。

身だしなみは念入りに

服装も簡単にアルバイトを受けるような感覚では、転職に失敗してしまいます。
まずはスーツを着ていき、髪の毛も黒髪で行くのが良いでしょう。普通の大企業や中小企業の面接を受けに行くような気持ちで、服にもシワが寄っていないか寝癖はないかなどチェックが必要です。
実際に働いた時にもお店を利用されているお客様と直接会う機会がありますし、女性とも話をする機会があります。この時に不潔感が出てしまい、だらしのなさが全面的に出てしまっていると、会社の雰囲気には合わないと思われてしまいます。気を遣って自宅を出る前にも服装や髪型、顔などチェックをしてから面接へ行くように心得ておくと良いでしょう。

面接ではやる気を見せる

面接ではやる気を見せるというのは、未経験の男性が風俗店へ転職する際に最も重要な部分になります。

嘘のやる気は見透かされてしまいますので、まず面接を受ける前に何で自分は転職をしたいのかじっくりと考えて考えをまとめておきます。

働いたらどのようにお店へ貢献していきたいのか、繁盛する為に自分には何ができるのかなどを伝えるようにしましょう。しっかりと頭の中で考えて心から話している事であれば、相手の面接官にも伝わります。

履歴書は見ますが学歴やそれまで働いてきた勤務先はそんなに重視して見ていません。それよりも働いた時に頼りになり一緒にお店を盛り上げてくれる方なのかどうかを見ています。

話し方、雰囲気、話す内容の全てからやる気を伝えていきましょう。

女性の相談に乗れるコミュニケーション能力も大切

風俗店では男性のお客様も大切になりますが、女性も同じくらい大切な存在になります。
特に男性向けのお店ではサービスをしてくれる女性がいなければ売り上げが上がりません。

いかに女性とコミュニケーションを取って働きやすい環境を作っていくのかというのも重要な部分になります。

女性も未経験で働く方も多く、仕事に対して悩みを抱えてしまったりします。どのように今後男性のお客様に対応したら良いか分からないと感じていることや、時には仕事が嫌になってしまって辞めたいと相談を受ける場合もあるのです。この時にじっくりと話を聞いてあげてアドバイスをしてみたり、女性がスッキリするくらいに話をさせたりしてあげると、悩みが解決する方も多数います。話す事で辞めようと思っていたけど自分の目標を達成する為にお仕事をもう少し頑張ってみようと思うことや、技術面や男性へのサービスで疑問に思っている部分が解決します。

他にも出勤日数を増やしたい方や逆に減らしたいなどと相談を受けるので、要望を受け入れながら相談してきた女性を第一に考えてあげるのがコツです。

仕事の相談以外にもプライベートな事を相談される場合もありますが、仕事とは関係ないと思わずにしっかりと話を聞いてあげるのも大切です。特に女性がプライベートの事まで相談してくれるというのは信頼している証でもありますし、ここでしっかりと話を聞いてスッキリさせてあげれば強い絆が生まれます。すると女性も男性スタッフの為にもお店の為に売り上げを伸ばしたいと思い、シフトも多めに入ってくれることや女性が足りなくて出勤してほしいとお願いしてみた時にも力になってくれるでしょう。一見お店とは関係のないと感じても、お店の売り上げや女性スタッフの満足度にも繋がるのでそういったコミュニケーションが必要です。

会話が得意ではない人は?

普段から女性と話す機会が多く、話をしたり聞いてあげたりするのが得意な方は良いのですが、もしかしたら自分には難しいかもしれないと思われている方もおられるでしょう。

元々コミュニケーションを取るのが苦手だという方も、やる気があれば克服していけます。

特に女性とコミュニケーションを円滑に取るコツは聞き上手になり、相槌のレパートリーを増やして意見に納得してあげるようにするのがコツです。自分から何かを話してあげようとすると、コミュニケーションを取るのが苦手な方は苦痛になってしまうでしょう。

女性が何か話をしてほしいと求めている時は別ですが、話しかける方・相談する方は自分が話したいと思って話しています。聞いてくれて優しいアドバイスが欲しいと感じているので、まずは聞き会話の所々に相槌を打ちましょう。入れ過ぎもわざとらしいので話はしっかりと聞き、その女性が強調したい部分などでは頷いてあげてみて下さい。

慣れていくと女性の悩みも余裕を持って聞けますし、コミュニケーションを取るのも苦痛ではなくなってくるでしょう。

他にも風俗店へ転職をする際に心得ておきたい事

体力をつけておこう

残業をしないようにと会社側では思っていても、時には男性のお客様や働く女性の相談を受けたりしているうちに長時間仕事をする場合もあります。

また人が足りなくなってしまった時には、いる人達で仕事を回さなければいけないので、普段以上に動き回るような時もあるのです。

気力と体力がないと難しい場合もありますので、日ごろから運動する習慣をつけて体力もつけておくようにしましょう。

健康管理も重要

風俗店へ転職する際には、健康管理をおこたらなようにするのも心得の一つになります。日勤のみという職場もありますが、大体のお店が朝から深夜0時頃まで営業しています。その為早番と遅番(場合によっては中番)があり交代制になっているところが多いです。

出勤する時間帯はその日によって違うと、体調を崩しやしい原因にも繋がってしまいます。他にも体調を崩した状態で出勤したとしても集中できずに、ミスを犯してしまう場合も増えてしまいます。すると職場にも迷惑をかけてしまい大変な思いをしてしまうでしょう。

ウイルスなどが流行る時期などもありますので、日ごろから手洗いうがいや、適度な運動、食べ物などに気を遣っていくのも重要です。

目標を持つのも大切

別の仕事をしている男性が風俗店へ転職したいと考えているのは、今働いている職場で目標がないからかもしれません。

これを絶対に成し遂げたいという気持ちを持っていると、辛い事や思い通りに行かない事があっても目標の為に頑張れます。逆に漠然となんとなく職場を変えたかったという気持ちしかない場合は、また嫌になってしまた時に辞めたくなってしまうのです。

いかに自分がワクワクするような目標を持つかというのは重要になります。

目標例1  経営者になる。

中には人に使われる立場ではなく、いつか自分が人を使う立場になって良いお店を作りたいと考えている方もおられるでしょう。

これも立派な目標になり、その為に自分は今何ができるかを考えながら仕事を進めていくと、失敗をしてしまった場合でも今後に生かせる経験と前向きに捉えてさらに仕事を頑張れます。実際に風俗店へ転職された方の中にも、何年と場数を踏んで実績を積んだ後に経営者になっている方もいます。

働く職場を決める時に独立制度があるか優遇や条件で確認をしてみましょう。中には独立制度というのを設けていて、ノウハウを働きながら覚えフランチャイズ店として経営をされている方、夢を現実のものにして高収入を得ている方がいます。

目標例2  まずは店長を目指す。

始めからあまり大きい夢を描くのは現実的に感じないという方は、店長になるという目標から始めてみても良いでしょう。

肩書きがついていない社員のまま働くよりもさらに様々な経験ができ、お給料も上がります。

そして店長になってから今度は経営者になりたいなどと目標を決めるのもありです。

頑張れば職場にもよりますが1年から3年の間に店長になれるケースも多いので現実的でしょう。

目標例3  一括でマイホームを購入する。

仕事へ目標を持っても良いのですが、プライベートで目標を持つのもやる気に繋がります。

特にマイホームなど高額の買い物の場合、普通のサラリーマンで、手取り20万円代でボーナスなしのような生活をしていたら一括で購入したいと思っても難しいものです。

しかし風俗店の男性求人を見ても始めから30万円から40万円のお給料を貰える職場も多いですし、さらにボーナスや頑張りに対して歩合制でプラスしてくれるようなところもあります。毎月のお給料も頑張っているうちに100万円以上となると、一括でマイホームを購入できるまでの期間も短くなり目標も達成しやすくなります。

夢を現実のものにしやすいのも、風俗店で働くメリットになるでしょう。

風俗業界は今まで経験してきたものが役立つ職場

あまり関係のないような異業種に就いてきた方でも、その経験を実は風俗店に勤務すると行かせるシーンが多々あります。

サラリーマンであったとしても取引先の方の方と電話で話をしたり、会議や接待を行ったりする機会があったかもしれません。

実際に働けば利用してくださる男性のお客様と電話で話をするようになるのですが、対応をする際に今まで経験してきた言葉遣いや気の使い方が活かされるようになるのです。

接客業をされてきた方もお客様へおもてなしを行ってきた方が多いかもしれませんが、同じようにお客様を第一に考えながら接客するようになります。前の職場でもよく後輩や同僚から相談を受けていた方は頼りになる存在だった証でもありますが、その能力を活かして女性の悩み相談にも応えてあげ、聞き上手になってスッキリさせてあげられます。

異業種であっても大活躍できる職場だからこそ、どんなところに勤めていたというのはほとんど重視されず、人柄とやる気を重視して採用しているのが男性求人風俗店の特徴です。

男性高収入求人なら【俺の風】で!