【夜の仕事で働きたい男性必見】お店選びで見ておくべき求人や面接のポイントを紹介!

求人情報をネットやフリーペーパーから探す際、給料や勤務地、仕事の内容などをメインに確認するというケースがほとんどだと思います。ですが、どんな仕事でも「勤めてみたけど気に入らなかった」「自分には向いていない」「仕事内容と給料が合わない」などの理由で、始めてみたけれどすぐに辞めてしまいたくなる場合も同時に多いものです。 そうしたことが無いように、夜の仕事の求人情報の上手なチェック方法や、面接時にチェックしておきたい「自分に合った良い仕事・職場」探しのコツを伝授します!

まずは基本条件の確認から

求人情報の主な項目としては職種、給与、勤務時間、勤務地、待遇、休日休暇、所在地などが掲載されていますがすべての情報が掲載されていないことも多く、不明な点やあなたがこだわりたい点がある場合には応募の前に電話などで問合わせるか、面接の際に聞いておく必要があります。
特に職種、仕事内容、雇用形態、給与面などはしっかりと確認しておき、後になって「こんなはずじゃなかった」とならないようにしましょう。

仕事内容の事前確認は抜かりなく!

ナイトワークの場合、特に注意したいのは「仕事内容の幅」です。
求人情報に書いてある内容と全く違う仕事を「皆やってるから」という理由で強制されたり、見習い期間や研修期間に教わらなかった仕事をいきなり任され、失敗したら怒られたり…といったケースを、夜の仕事ではよく見受けられます。

確かに夜の仕事のほとんどはお客様相手のサービス業ですから、臨機応変に動ける活発力やその場でのベストな対応ができる能力が求められることもあるでしょう
こういう「ノリ」が当たり前だと思っているスタッフがいるためか、臨機応変さと異なり、全く聞いていなかった仕事をいつの間にかたくさんやらされてしまうといった流れになってしまう状態になるのは問題です。

事前の電話確認や面接の際にはハッキリと「書かれている以外の仕事を任される場合にはどんなものがありますか?」「それもしっかり教えていただけるのでしょうか?」など、あとで「聞いていない」ということにならないような質問をしておくのが大切です。
この質問をするメリットとしては、もし面接担当者の顔色が曇ったり口ごもったりしたときに過去にそういうトラブルが従業員間であったのか伺えるところです。

あとポイントとなるのが求人内容(給料、福利厚生など)や面接で聞いておきたい質問(休日、残業など)なども、しっかりメモを取るなどして記録に残しておきましょう。

職場の様子を聞くのが長く続けられるコツ

もう一つ気を付けておきたいのは「職場の人間関係」です。
こればかりはさすがに面接だけでは判断できないと思いますがちょっとした質問テクニックを使えば、ある程度のことはわかりますのでコッソリご紹介します。

お店で面接をした際に「邪魔にならないようにしますので、開店時間の間に少しだけ見学させてもらえますか?」とお願いをしてみてください。
快く了解してくれるお店は、概ね人間関係に問題は抱えていないという判断をしてもいいです。
場合によってはスタッフの何人かにアナタを紹介までしてもらえるようであれば、本当に良い環境のお店と言えます。
それとは逆に怪訝そうな感じで断られたら、その面接担当は多分スタッフをコントロールしたがる高圧的な人かもしれません。
もちろん仕事中のお店の中を見せるのは業務形態によっては難しい場合もありますので、了解がもらえなかったからと言って劣悪なお店だとは限らないことも念頭に入れておきましょう。

夜の仕事はコンビニなどの一般的なバイトとは違い、様々な場面で業界独特のスキルやマナーなどが求められます。
初めて夜の仕事に就くというようなケースでは「思っていたのと違った…」というようなギャップに戸惑ってしまうこともあるはず。
今回ご紹介した3つのポイントや注意点を事前にきちんと確認して「ここなら働きたい!」と思えるような求人を探し出してみてください。
俺の風」であれば社会保険完備の会社や大手グループの求人もあるのでどんなものがあるのかチェックしてみてください。

「俺の風」で求人をチェック!

The following two tabs change content below.
アルフ

アルフ

どんなジャンルの仕事もそつなくこなすクール系と見せかけて、風俗記事のライティング時は仕事にかける情熱がハンパなくなるファイター。最近はハリネズミに癒されています。