どんな服装で行けばいい?風俗男性求人の面接時の身だしなみ

風俗店・ナイトワークのお店だから「規則もゆるいだろう」と思っていませんか?お店を経営している人や会社・企業があるのですから、普通のお仕事と変わりません。面接にヨレヨレの普段着で行くのはもってのほかです! 今回は面接時にどんな服装でいけば好印象を与えられるかについて調べてみました。

スーツ着用で行くのが無難

お店から特に指定がない場合は、スーツ着用が無難です。迷ったらスーツで行きましょう。私服OKの内勤スタッフへの応募だったとしても、まずは相手にどう思われるかです。『面接はスーツ』というのが一般常識です。

風俗店で遊んだことがない方でも、キャバクラのキャッチのお兄さんは見たことがあると思います。基本的にみんなスーツですよね。風俗店の受付スタッフもスーツ、シャツなどビジネススタイルなのが一般的です。

風俗店の受付スタッフ(電話対応も含む)はお客様が一番最初に接する相手です。ここでの第一印象が、お店全体やその後の女の子への評価にまで影響することがあるので、ピシッとした格好で好印象や安心感を与えられるのが一番なのです。

特に近年はグループ企業や社内環境の整備に取り組む会社・店舗も増えてきたので、そういったきちんとしたところならまず間違いなくスーツ勤務です。ソープランドに代表されるように高級店や老舗店も格式を重んじてスーツなので、どのような業種を選ぶにせよ1着持っていて間違いはありません。

スーツ選びで迷ったら

スーツ

・無地、もしくは目立たない柄のもの
・サイズがちょうどよいものを選ぶ
・色は黒、紺、暗めのグレーなど

ワイシャツ

・色は白が基本
・袖口のボタンは留める
・夏場でも上着を脱ぐことを考えて、長袖が良いです

ネクタイ

・スーツとの違和感がない色を選ぶと良い
・柄はシンプルなストライプやチェックなど一般的なものが無難
・奇抜な色は避ける

靴下

・黒が無難、もしくはスーツと合わせる

・黒、暗めの茶色が無難
・つま先がとがっているものや過剰装飾のものは避ける
・スニーカーやサンダルはNG!

時計・アクセサリー

・アクセサリーは結婚指輪のみOK、他はすべて外します
・腕時計はそれほど気にされないが、厳しい会社だと社会人にふさわしいものをしていた方が無難
※革ベルト、シルバーなど。

カバン

・履歴書のようなA4書類を折らずに収納できるサイズがよい
・革製品が無難(ナイロンでも大丈夫)
・床に置くことも考えて、自立するデザインだと便利
・リュック、トートバッグ、ショルダーバック等はNG

季節もの(コート)

・コートはカジュアルなものではなく、スーツにあうものを選ぶ
(トレンチコート、ステンカラーコートなど)
・コートの色は黒・ダークグレー・チャコールグレー・濃紺などスーツ同様の落ち着いた色が無難
・建物に入る前に脱ぎ、二つ折りにして片手にかけて持つ
・入室したらコートは3つ折り、4つ折りなど折りたたんでカバンの上に置く

すぐにスーツを用意できない場合

お金がなくてスーツを用意できない場合は、清潔感のあるシャツなどで少しでも良い印象を与えられそうな服を選びましょう。洗濯してある(当たり前ですが)、アイロンがかかっている、無地、などです。

面接に無理をして高価なスーツを着ていく必要はありません。安物のスーツでも、その下がコンビニで買ったシャツやネクタイでも大丈夫ですし、慌てていて百均でネクタイを買った…という方もいます。値段よりも、清潔感や身だしなみに気を付けましょう。働き始めてお金が稼げるようになったら、自分好みのいいスーツを買えばいいのです。

仕事中の服装について

実際の仕事中はどんな服装なのかは、できればあらかじめ聞いておきましょう。求人情報に記載しているところもあれば、面接で説明があるところもあります。特に説明されなかった場合は、自分から聞いておきましょう。お互いに「あの時聞いておけばよかった(言っておけばよかった)」とならないように、わからないことはその場で聞いたほうが良いです。

仕事着がスーツの場合

仕事着がスーツだけど、いきなり何着もそろえるのはお金が…という場合はお店に相談すれば貸してもらえたりします。どうしてもすぐに用意できない時は、正直に話してみてください。スーツ貸与の店、補助金を出してくれる店…などもあります。

仕事着が私服の場合

一般的に「私服OK」は「ビジネスカジュアル」な服だと思っておきましょう。「スーツじゃなくてもいいですよ」というニュアンスなので、決して「なんでもいい」わけではありません。

どこまでがビジネスカジュアルかはそのお店や会社の雰囲気によりますが、ポロシャツやチノパンOK、ノーネクタイ、ジャケットの下にTシャツOKなど様々ですので、悩むくらいならお店の人に確認しましょう。

内勤スタッフや作業系(カメラマン・調理師など)は本当にTシャツにデニムといった私服でも大丈夫なところもありますが、それでもあまり個性的すぎたり他人に威圧感を与えるような恰好はNGです。

お店には他の同僚もいますし、働きにきている女の子もいます。勇気を出して入店してきた女の子に「怖い人がいる、やっぱり怖い業界なんだ」と思われてしまってはNGですよね。他人から見てどう思われるかは意識しましょう。好きな服はオフの日に着ればいいのです。

【ダメな服装例】

・上下ジャージ、スウェット
・黒の鋲打ちレザーに革パンでパンク風
・暴走族風(夜露死苦)
・ヴィジュアル系
・その他一般常識的に仕事向きでないと思われる服装

大事なのは清潔感!

面接時の服装はスーツが基本で、その上で大事なのは清潔感です!アイロンがかかったシャツを着て、汚れのない恰好で向かいましょう。誠実さが伝わるような雰囲気が出ていればなお良しです。

服装に関して少しの工夫で合否が左右されるなら、ベストを尽くして挑みましょう!