就職や転職は風俗業界を視野に入れナイトレジャーのプロになろう

風俗で働く男性は裏方が主な仕事になる

華々しく表舞台でお客様に癒やしを与えるために活躍をする女の子達の裏で、女の子達がしない仕事を一手に引き受けるのが男性スタッフの役目です。
風俗求人を見ると女性求人ばかりではなく男性求人もあるのは裏方の仕事を求めるためで、男性の仕事は接客サービスではなく店舗スタッフとしてのお仕事になります。

正社員からスタートできる

店舗スタッフの仕事には、受付、ドライバー、WEB広告業務、店長などの仕事があり、とりわけオールマイティに何でも出来るようにと仕事を任せられるのは受付スタッフです。店長・幹部候補を目指す人も、まずはここからスタートするのが一般的なようです。

一般業種の店(アパレルや飲食店など)では受付やドライバーを正職員としては扱わず、アルバイトやパート、委託業務などの形で扱うことが少なくありませんが、風俗業界ではいずれの業務も正社員であることが圧倒的に多いです。もちろんアルバイトという形での採用を行っているところもありますが、風俗業界は比較的就職や転職の敷居が低いため、一般企業でリストラをされてしまった40代や50代の転職が難しい世代であっても門戸を広く開いています。

幹部候補として入る自信がないけれども風俗の仕事をしてみたい、という人には受付の仕事が良く、業務の幅は広いので様々なことに挑戦をする機会もあります。出世コースではないように見えますが「このまま働かせておくよりも昇格させた方が良い仕事をしてくれる」と認められれば、出世の道も開かれる可能性は皆無ではありません。

未経験でも歓迎の風俗業界ですから昇給だけではなく出世のチャンスもいくらでも転がっています。
次は、具体的にどのような仕事をするのか見ていきましょう。

キャバクラ・クラブなどの受付の仕事

受付(フロント)スタッフ

ナイトレジャーと一口に言っても業種は多岐に亘るため、仕事内容も微妙に変化をします。
まずはキャバクラやガールズバーなどのように、女の子がお酒やトークでお客様を楽しませるお店(性的サービスのないお店)の受付スタッフからご説明します。この受付(フロント)スタッフは、お客様が入店した時に最初に顔を合わせる店舗スタッフになります。そのため第一印象となる「身だしなみ」がとても大事です。

そしてフロントは店内にお客様が入る前に指名の確認をし、空席状況を伝える役目を担っています。ホールスタッフに来店の人数や指名、ボトルなどの情報を素早く伝達し、ホールを円滑に回すための情報を伝える役目も担うため、連絡が素早く出来ないとお客様を無駄に待たせることになってしまいます。

初めて来店されるお客様には料金やサービスについての説明をするのも役割の一つで、時折値引き交渉をするお客様もいるのでホールの状況を見ながら値引き交渉に応じ、値引きしたこともホールスタッフに伝えます。
もちろんこの値引きは店内が満席状態で待っているお客様がいる時は出来ませんから、常に店内の状況を把握しておく必要があります。

店内の状況を把握しておかないと満席なのにお客様を通してしまうというミスをしてしまい、お客様を怒らせて帰られてしまうということにも繋がります。
また、お客様に対して待ち時間がどれくらいかということも伝えられないので、ホール全体が今どうなっているのかということを誰よりも分かっていなければなりません。

フロントはお客様とホールの橋渡し役であり情報の伝達係でもあります。お店が繁盛する時間はお客様の入りが激しく激務になるため、円滑に回せるようになると一人前と認められます。

身だしなみや気遣いが大事

フロントは最初にお客様と顔を合わせるスタッフ、言い換えればお店の顔になるわけですから身だしなみには特に注意が必要です。だらしのない格好はNGですし、シャツに皺や汚れ、スーツにも埃一つ付けておいてはだらしがない店なのかと判断されかねません。
出来るフロントと思わせるためには、上記の仕事以外にももう一歩踏み込んでおく必要があります。

例えば来店したお客様の顔と名前、ボトルを正確に覚えられるようにしておくと、次に来店をした時にスムーズに指示出しが出来るようになります。なかなか顔を覚えるのは難しいですが、メモなどを取るようにしておいて記憶に残すようにすると良いでしょう。

初めて入店したお客様はフリーで入店をするため、好みではない女の子があてがわれる可能性が高いです。予め好みの女の子を聞き出しておき、お客様の好みの女の子が来るようにホールに指示を出しておくと良い店とお客様に判断してもらえ、リピートしてくれる可能性もぐんと高くなります。

新規の方には来店の経緯を聞いておくと何に宣伝効果があったのかを知ることが出来ます。お店から出たお客様に感想を聞いておくとサービスの改善に繋げることも出来ますし、不満足で文句を言われた場合でも誠心誠意聞いて謝ることでもう一度チャンスを貰えることもあるのです。
聞いた内容を店長やホールスタッフに話すことによってスタッフ全員で情報を共有することが出来ますから、質の高いサービスに繋げることが出来ます。

デリヘルのような風俗店の受付の仕事

次に、女の子がお客様に性的なサービスを行ういわゆる「風俗店」の受付スタッフについてです。こちらはキャバクラのフロントとは違って内勤が主な仕事になります。デリバリーヘルスのような出張型風俗店の場合は電話でお客様の応対をし、ピンサロやソープランドなど店舗型風俗店の場合は店舗内で応対をします。

やり方に違いはありますが、基本的な業務は電話か直接かの違いでありお客様の希望を極力叶えることが仕事になります。例えばお客様から特定の女の子を指名するのではなく、いくつかの条件を提示された場合、その条件が若い子でサービスが丁寧、優しい雰囲気の子であるとしたらこの条件に合致する女の子を素早くマッチングしなければなりません。

お客様が望む女の子と在籍している女の子が上手く合致すればお客様は満足をしてリピーターになってくれるわけですから、失敗をするわけにはいきません。このため女の子の情報はきちんと頭に入れておく必要がありますし、女の子のスケジュールについてもある程度把握しておかなければマッチングは難しいです。

気遣いとセールストーク

お客様に女の子をおすすめするにあたって、お客様の条件に合致していることに加えてセールスポイントやおすすめする理由について上手く話す必要があります。この女の子ならば満足させられると踏んでも、上手く勧められずに別の子を指名されてしまうとお客様に満足のいくサービスを提供することが出来なくなる可能性が出てしまいます。

強引にやればお客様を怒らせてしまいますが、ある程度は誘導をかけておすすめする子を指名するようにしなければなりません。良い受付になるためには女の子を積極的に売り込むための営業トークも必要になります。

お客様の要望に最適な形で応えることが主な業務となるのです。女の子をおすすめするだけではなく、サービスの説明についても新規のお客様を相手にした場合はする必要がありますから受付はこれも行います。サービスの説明がきちんと出来ないとトラブルの元になりますし、男性にこれからサービスをしようという女の子に余計な苦労をかけさせてしまうことにもなってしまいます。

良い受付はサービスを行う女の子達に安心して仕事に専念をしてもらうように、女の子達にとって余計な手間を何もかけさせません。ただ女の子をおすすめするだけの仕事、と考えているとお店の評判を下げてしまうので注意が必要です。

事務作業や送迎業務もあります

また、店舗スタッフは事務作業を兼ねることがあります。事務作業はパソコンを使った業務になり、各種データ入力業務や顧客などの情報管理業務というようなお店の中で完結する仕事です。エクセルを使うところも多いですが、専用ソフトを使っているところもあるため一概にどのソフトを使っているとは言い切れないところがあります。

どうしても人手が足りない時は女の子をドライバーの役目も担うことがあり、運転免許証はあった方が良いと言えます。女の子の管理も仕事になる場合があり、受付単体ではなく何らかの業務との兼ね合いというケースが多いです。

どのような人材が求められるか

身だしなみ・清潔感・愛想

どのような分野であってもお店の顔となるお仕事ですから、まず求められるのは身だしなみがきちんと整っている人です。デリヘルなどの受付が顔を出さなくても良い分野ならば多少は甘く評価してくれることも無いとは言いませんが、極端なことを言えば受付に立っている人がパンクスタイルだったとしたら、万人が入りたいと思うでしょうか。また、清潔感のないヨレヨレのTシャツを身に付けている人や、髪もぼさぼさで無精髭が生えているような人がいるお店に入りたいでしょうか。多くの人は利用することを躊躇って別のお店に移ります。

身だしなみはその人の第一印象を決定づけますし、特にお店の顔となる立場であれば尚更身だしなみには注意をしなければなりません。受付に求められるのは丁寧さであり、顔を出す職種であればお客様に笑顔で接客が出来るスタッフが好まれます。

お客様や女の子への対応

これは風俗に限らず接客を主とするどのような業界でも言えることですが、お客様はいくら女の子と遊ぶことが目的とはいえ無愛想に接客をされるよりも笑顔で接客をしてもらった方が気分も悪くなりませんし、受付の態度が悪いからと苛立った状態では女の子とのプレイを純粋に楽しむことが出来ません。

対応が悪いせいで女の子に皺寄せが来てしまい、自分の過失ではないのに謝罪をしなければならなくなったとなればサービスを行った女の子も気持ち良くありません。仕事によっては女の子の管理も入ってきますから、このようなところで信頼関係を壊してしまうと仕事にも差し支えてしまいます。「こんなことがあったから辞める」と言い出されてしまえば立場も悪くなってしまうので丁寧な対応が求められるのです。

言葉遣い

丁寧なだけではなく、女の子をお客様に売り込む営業のような仕事も出来なければなりませんから、言葉の使い方が上手い人は好まれます。前職が営業職やそれに準じる職種の人にとっては営業の延長とも言えるものですから、上手く顧客を掴むことが出来るまでそれほど苦労はしないでしょう。

上手くお客様のニーズに応えられ、それを押し付けるのではなくお客様が気持ち良く乗ることが出来る勧め方をしてくれる人はレベルが高いスタッフとして見られるのです。それでも一番求められているのは、風俗業界に入ってこのようなことをやりたいと断言出来る熱意のある人です。

風俗業界は様々な分野で勤めていた人が転職をするので、未経験者が非常に多いです。そのため経験の有無を問うのは然程意味が無く、自分が何をしたいのか、どう働いていきたいのかと熱意を持ってしっかりと答えられる人がお店としては欲しい人材になります。
いかにお店の売上を上げるかが店舗スタッフの課題になりますから、それを提案することが出来る立場になれることが望まれているのです。

受付スタッフとして就職する前にしておきたいこと

業務内容を見てもらえばわかる通り、風俗だからと特別なことをしているわけではなく扱うサービスの違いだけでしていることは一般的な職種とほとんど差がありません。

パソコンスキル

必須ではありませんが、業務の幅を広げたり即戦力になったりするためにパソコンの扱い方を覚えておきましょう。完璧に使えるようになる必要はありませんが、それでも最低限エクセルとワードを扱えるようにしておくと事務作業を任せられた時に困ること無く手際よく仕事が出来るようになります。

会計ソフトなどの特殊なものを使っている場合でも、エクセルの使い方が分かっているとその応用として何となく使えることがありますし、全く何も分からなくてもお店で独自で作っているソフトでなければネットで調べて使いこなすという手段もあります。

とはいえ、やはり基礎が分かっていて調べて使いこなすのと基礎が出来上がっていない状況から使いこなそうとするのは習得までに差が出来てしまうので、パソコンの扱いには慣れておきましょう。

運転免許証(運転スキル)

また、車の免許を持っていない人は出来るだけ取っておくと採用される可能性がぐんと上がります。店舗スタッフは業務の性質上店から離れるのは良くないのですが、それでも状況次第では送迎ドライバーとして駆り出される可能性も無いとは言えません。

資格は経験不問の風俗業界において、あれば広く評価される資格でもありますから、合宿所などで素早く取っておくと良いでしょう。

洋服(身だしなみ)

実際に働き始めて、スーツやタキシードなど制服を貸してくれるところもありますが多くは自前で服を用意する必要があります。女の子の場合だと服装は私服なのですが、男性スタッフは私服ではなくスーツ着用になります。

制服があれば制服着用にはなるものの、出勤にスーツを着用するのは一般企業と変わらず、お店の顔になる立場ですから殊更身綺麗にしておく必要があります。ビジネススーツにネクタイ、革靴はきちんと用意をするようにし、アイロンがけをして人前に出ても恥ずかしくない状態に仕上げておきましょう。

風俗業界は職歴や学歴、経験などが全て不問で横並びの状態からスタートしますが、これは言い換えれば実力主義の世界であるということです。努力をしたことが認められるのではなく、結果を出して初めて認められる世界ですから、のんびりと働こうと考えていると激務に翻弄されて押し潰されてしまう可能性も皆無ではありません。きっちり覚悟を決めて真剣に働く心構えを作っておくようにしましょう。
高収入には高収入なりの苦労があるのは風俗店でも同じです。

仕事をする上で大事なのは真剣に取り組む姿勢とマナー

風俗は男女共に給料設定が高いので一般職と比べればずっと高収入ですが、実力主義の世界でもあります。仕事に対するモチベーションが低く成果を上げられない場合は、容赦なくリストラの対象にもなり得てしまうのです。

逆に、成果を真剣に上げることが出来れば出世することも夢ではなく、何処までも昇り詰めることが出来る業界です。

受付スタッフであっても真剣に仕事をしてお客様に少しでも楽しんでもらえるようにマッチングなどを行って、良いサービスを提供出来れば昇給にも繋がりますし稼ぐことが出来るようになります。

風俗だから、と甘く考えて飛び込めば挫折するのが早い業界でもありますから、真剣に考えて挑まないと折角就職が決まったのにすぐに辞めてしまうという勿体無い結果に終わってしまうことも考えられます。

社会人としてのマナー

そして忘れてはならないのは、社会人としてのマナーをきちんと持つことです。これは風俗業界でも当然のように求められます。風俗だから一般的なマナーは何も知らなくても雇ってくれるだろうと考える人がいますが、実際は風俗の方がマナーがどれほど守られているかをよく見ています。

風俗を利用する人は風俗業に関わらない一般の人ですから、商売をする相手に合わせてマナーを身に付けておかなければならないのです。気持ち良く満足してもらうためには女の子とのプレイ以外の面でも気合いを入れてサービスをしなければなりませんから、非常識な態度はサービスの質を貶めるだけになってしまいます。

受付の対応一つで全てのサービスを台無しにすることが出来てしまう、責任重大な職務です。風俗だからと特別視せずに一般企業に務めるのと同じ感覚で仕事に挑むようにして下さい。

努力をすれば報われる業界ですので、よりよい仕事が出来るように真剣に取り組む姿勢やマナーなどを忘れないようにしましょう。