ラブホテル豆知識:デリヘルや風俗スタッフなら知って損なしラブホ事情

デリバリーヘルスのような派遣型風俗店は、主なプレイ場所としてラブホテルを利用する男性客が多いです。ホテルヘルスであれば特に、受付所周辺のホテル限定での利用となるため、周辺にあるラブホテルやレンタルルーム事情に詳しくなっておいて損はありません。お客様へのご案内にも役立ちます。知っているようで知らなかったラブホテルの豆知識を紹介していきます!

事務所周辺にあるラブホテルを活用しよう!

ファッションヘルスやソープランドのような店舗型風俗店とは違い、デリバリーヘルスのような派遣型風俗店では女性キャストを派遣先まで案内(送迎)する必要があります。派遣先が遠いとそれだけ時間のロスが発生しますし、知らない場所だと万が一何かトラブルが起きた時の対処に困ってしまいます。

その点事務所付近であれば案内の時間もかかりませんし、事前にホテルの下調べも出来ているはずですから、万が一の時も安心です。女性の安心感にも繋がりますし、回転率も上がり、効率よく仕事を回すことができるのです。

ラブホテルによって休憩料金の差、内装の良し悪し、設備の違いがありますから、お客様から「とにかく料金の安いラブホテル!」とか「内装がキレイなラブホテルが良い!」といった要望にも応えることができるように、事務所周辺にあるラブホテルのホームページなどを見て情報収集しておくとよいでしょう。情報を知っていると、お客様を誘導しやすくなります。

特にこの作業は、ホテルヘルス(受付型デリヘル)なら必須ですよね。もうすでに受付付近のホテルはチェックしてあるという方でも、常に情報にアンテナを張っておくことをおすすめします。
※ちなみに最近はラブホテルと呼ばず「カップルズホテル」ということもあるようです。

都心ではラブホテルの他にレンタルルームが増えてきたので、お客様に積極的にレンタルルームをご案内する機会も増えたかと思います。

レンタルルームとは

レンタルルームというのはデリヘルやホテヘルのような、プレイルームをもたない派遣型風俗店で使用されている簡易休憩施設です。時間単位でリーズナブルに利用ができます。

もちろん風俗利用の他に、カップルがラブホ代わりに使ったり、ビジネスマンが出張の時の宿泊所として使ったり、ビジネスで待ち合わせに利用されることもあります。特にきれいなレンタルルームでは、残業で終電を逃したOLさんが泊まったりすることもあるようです。

基本的に広さはあまりなく、狭い個室にシャワースペース・ソファー・ローテーブル・テレビなどが設置されており、その他の設備は各レンタルスペースによりまちまちです。

レンタルルームのデメリット

ベッドがない

ラブホテルとは違い、レンタルルームは宿泊施設ではないので、ベッドが置かれていないのが特徴です。
※ベッドを置くと宿泊施設の扱いになるため。その代わり寝転んで休めるようなソファベッドやマットなどが設置されています。

シャワーが狭い

ラブホテルならシャワーだけでなく浴槽がついているところがほとんどですが、レンタルルームではシャワーのみです。しかもとても狭いので、1人ならいいけど2人で洗いっことなるとちょっと厳しいかも。さらに、アメニティが有料でタオルレンタルでお金を取られたりします。

防音じゃない

レンタルルームは防音設備がラブホテルよりも弱く、廊下と室内を隔てるドアの下には若干のスペースが開けられているなど、機能としては店舗型風俗店のプレイルームとなんら変わりはありません。

レンタルルームのメリット

予約ができる

ラブホテルは宿泊でないと予約ができない(休憩やフリータイムの予約はとれない)ことが多いですが、レンタルルームは予約ができます。

ラブホに入るのとは違い雑居ビルが多い

ラブホテルはホテル街にありますし、建物の外観からして「そこに入っていったらラブホ利用確定」です。カップルならいいのですが、既婚者の方やパートナーがいる方にとっては、不倫現場や浮気現場を誰かに見られるリスクがあります。

その点レンタルルームは見た目は普通のビルだったり、他のテナントも入っている雑居ビルのフロアにあったりするので、言い訳がしやすいです。もし誰かに見られても「◯階の飲食店で待ち合わせしてた」「疲れたから休憩したかったんだけど漫画喫茶は狭いから、それより静かなこっちにした」などなど。

料金が安い

ラブホテルよりも利用料金はとても安く低料金に設定されています。お得な値段で利用できるとなれば、レンタルルームに行ったことがない人でも興味を持つかもしれません。

これらのことを踏まえて、はじめてレンタルルームを利用するというお客様にラブホテルとレンタルルームの違いを聞かれても、上手に答えられるようにしておきましょう!

あえてラブホテルを利用するメリット

お客様としてはより安くお得に風俗店で遊びたい、という人が多いです。しかし最寄りのレンタルルームに空きがない状況の時は、ラブホテルでのご案内しかできない場合もあります。ラブホの休憩料金は若干高く設定されていることの方が多いので、利用を躊躇してしまう人も…。そんな時にはメリットを色々伝えられると良いです!

ラブホテルの方が防音性に優れている
内装や設備など、プライベートな空間として雰囲気やムードを楽しむことができる
アメニティが豊富(女の子が喜ぶ&自分も便利)
テレビに入っている、無料で見れる映画が方法
ドリンクや軽食を頼める
普通の食事を注文できるラブホもある
お風呂が広くて女の子とゆったり入れる
ベッドも大きくてプレイに集中しやすい
タオル、ガウンなど一通りそろっており便利

などなど…。もちろんそのホテルによって設備は異なるので、よくチェックしておく必要があります。中には「古くて汚いからレンタルルームのほうがマシ」なんてところもあるかもしれません。女の子の感想も聞いてみましょう。スムーズなご案内に繋がるような接客トークをできるようにしておくと損はありません!

まとめ

派遣型の風俗店で働くスタッフならば、事務所周辺にあるラブホテルやレンタルルームの情報をしっかりと把握しておいて損はありません。
もちろん事務所周辺以外にも離れた地域へのご案内ということもあるでしょう。派遣可能な地域内にあるラブホテルの休憩料金の平均や、最安値のラブホテルならここ!というような情報を知っておけば、予約の取りこぼしやスムーズなご案内へ繋げることもできますね!

最近は内装やアメニティにこだわったり、設備を充実させたりして、女の子が「女子会」で使うようなホテルも増えてきました。レジャー色を強くしてダーツやカラオケのできるホテルもあります。
また、レンタルルームも日々進化しています。常に様々な情報を入手して、お客様を楽しませ、女の子も気持ちよく接客できるようにしていきましょう!

仕事見つかる!男子求人情報

The following two tabs change content below.
アルフ

アルフ

どんなジャンルの仕事もそつなくこなすクール系と見せかけて、風俗記事のライティング時は仕事にかける情熱がハンパなくなるファイター。最近はハリネズミに癒されています。