安定した未来が待っている?風俗業の将来性について

風俗業は将来性があり安定した業界です。人間の「性欲」をターゲットにしていることが、風俗業が廃れない理由のひとつです。その他の理由には新しいサービスの発展などがあります。風俗業の将来性が安定している理由を詳しく説明します。

風俗業は衰退する心配の少ない業界といえるでしょう。人間に備わっている三大欲求のなかのひとつ「性欲」に関わる産業だからです。風俗業の市場はとても大きく、いまなお拡大を続けています。業界の将来性もあるので、ボーイなどの仕事は安定が見込めます。
では具体的にどのような点で安定しているのか、詳しくみていきましょう。

風俗業界自体が安定している

現在、日本は少子高齢化が社会問題となっています。それゆえ特に介護業界などにおいては、人手不足から起こる過労が問題になっています。その点、風俗業は少子高齢化も問題ありません。なぜなら男性の性欲は、年を重ねるごとに多少衰えるものの、全く無くなることは少ないからです。
お金を貯めたまま退職し、時間も持て余している団塊の世代が増えることで、今後も風俗の需要が増えることが推測されています。人間の根源的欲求をターゲットにしている風俗業は、現代日本においても食いっぱぐれのない業界といえるのです。

風俗業は幅広い職種がある実力社会

風俗業のボーイやスタッフは接客からキャスト管理、広告戦略などさまざまな職種があります。普通のビジネスマンと変わらないスキルも求められ、また伸ばしていくことができるのです。
将来性があって安定している風俗業でも、各店舗が斬新なサービスを考えたり、新しい事業を始めたりします。個人の実力が売り上げに直結するのです。
そのなかで自分の努力次第で売り上げを伸ばせば、給料はおのずとあがっていきます。頑張った分だけ評価される風俗業はやりがいがある業種ともいえるでしょう。

実際に風俗業界で働いている人々のインタビュー

安定している風俗業の中でも成長している分野がある

風俗業も日々さまざまな発展を遂げています。そのなかでも成長が目覚ましい分野が「無店舗型風俗」です。これは「無店舗」だけに、お客様が店にいかなくてもサービスを受けられる「デリヘル」や「ホテヘル」とよばれるものです。

風営法の改正によりソープランドやファッションヘルスのような店舗型が減りつつある中、こうした無店舗型(派遣型)の風俗店は近年増えてきました。その発展は風俗業界を支える要素になっています。

風俗業で働くことは自分自身の将来の安定にもつながる

風俗業には社会保険が完備されている会社もあります。福利厚生もしっかりしており、将来性もあるとなれば安心して働くことができます。
風俗業はなんだか怖そうだから……と敬遠しているのは損です。風俗業の将来性は安定しており、安心して働ける環境でもあります。
風俗業で働くことも選択肢に入れてみてはいかがですか?

「俺の風」で男子求人を見てみる