風俗店で働く上で持っておいた方が良い資格とは

風俗業界は働くための敷居が低い

風俗業界は意外と応募条件がゆるい?

風俗店に勤めようと求人広告を見ると、一般企業では必須項目なはずの項目や条件がけっこうゆるいことに気付くかと思います。たとえば一般企業の場合は学歴や資格・年齢などを重視しますが、風俗店は「年齢・学歴・経験不問」としているところがほとんどです。

さらに一般企業は中途採用だと全くの未経験者より、少しでも経験がある人を雇いたいと考えます。しかし風俗店の場合は女性スタッフだけではなく男性スタッフに至っても出入りが激しい業界であるため、経験者を望もうとすると面接を受けに来る人がとても少なくなってしまいます。
今すぐにでも人が欲しいという状況では最悪店の運営に支障が出る場合もありますので、未経験者でも働く意志があれば積極的に採用したいという事情があるのです。

縛りがあるのは年齢であり、18歳以上であることが求められますがこれは法律上の規定ですので制限が出来てしまうのは仕方がないのです。とはいえ18歳以上の男性であれば風俗スタッフとして働く資格は誰にでもあり、特にこれが必要という資格もありませんから誰でも採用してもらえる可能性はあります。
高校を卒業したばかりの人でも定年間近の人であっても共通して間口が広いため、就職しやすい強みがあるのです。

それでも資格は無駄にならない!

ただ、就職しやすいとはいえ出世をしたいという望みがあるのであれば、やはり勤めてからいろいろな努力をしなければなりません。この業界は能力主義ですから仕事を頑張って成果を出すことで認められるようになるため、一番は結果を求めることではあるのですが結果を求めるにもある程度のノウハウが下地としてあるかどうかによって変化が出ます。
そのノウハウはお店で働いて自分で身に付けていくことでも構わないのですが、今ある自分の能力にプラスアルファで何かを足したいと考えた時にあった方が良いのは知識です。

そしてその知識があることを証明するのが資格であり、自分の能力を目に見える形でどの程度の実力があるかを示すことが出来るため、持っていることは有益であると言えます。
勿論資格があるから評価されるわけではありませんが、勤めた先がチェーン展開をしていて全ての風俗店を取りまとめる本社が存在するようなところであると、資格があることで後々資格を活かせる分野で活躍する機会が与えられる可能性があります。

学歴・経歴不問の男子求人なら「俺の風」

仕事を始める前までに取っておいた方が良い資格

基本的に風俗業界で働く上で資格は必要なく、全くの無資格で履歴書の資格欄が空欄にしかならないような人でも採用してもらえます。しかし、風俗スタッフと一口に言っても業務内容は多岐に亘るため、この資格が無ければ仕事が出来ないというものもありますし、あった方が望ましいと言える資格もあります。

普通自動車運転免許

風俗店のドライバーをしたい人ならば絶対に必須の資格であり、運転免許証を持っていることが条件となります。ドライバーは車の運転が仕事になるわけですから当然として、店長や内勤スタッフであってもこの運転免許を求められることがあるのです。
デリヘルのような無店舗型の、出張サービスが基本のサービスではお客様が指定した場所までは女の子が一人で電車やバスを使って向かうのではなく、お店で指定された場所まで送ります。
帰る時も同様であり、勝手に帰って来てもらうのではなくドライバーが迎えに行きお店に帰ることになるのですが、常にドライバーだけで送迎が出来る状況であるとは限りません。

ドライバーは女の子のサービスが終わるまでは周辺で待機になりますので、一旦お店に戻ってということが出来ません。これは万一お客さんとトラブルがあった場合、ボディーガードや仲裁役として飛び込む必要があるためであり女の子の身の安全を守るという役目も兼ねるためです。ですから女の子からの連絡を貰ったらすぐに動けるようにしておかなければならないので、女の子を送ったら車内で待機が基本になります。

効率良くあちらもこちらもと出来ない事情があるため、動けない時は店長がドライバーの代わりに女の子を送り届けることになるのですが、この時に運転免許証が無ければ送迎業務が出来ませんので女の子を送り届けることが出来なくなります。

内勤スタッフであっても万一店長が動けない時に受付や事務を任せて代わりに送迎をすることになりますので、運転免許証を持っていることで就職の際に優遇される事情があります。
運転免許証を持っていない人は出来る限り先に取っておくと良いですし、持っていてもペーパードライバーの人も運転が業務に入ると考えて運転出来る状態にしておきましょう。

ドライバーの求人情報はココ!

コミュニケーション能力を視覚的に示せるもの

資格である必要は無いのですが、手っ取り早く自分にはコミュニケーション能力があるということを示すものがコミュニケーション能力認定資格です。
風俗業界に入ってくる人の中にはコミュニケーションが上手く取れないという人が意外と多く、これがお客様や女の子からのクレームになっていることがあるのです。円滑なコミュニケーションを取れるようにするためには、コミュニケーションのノウハウについて学んでおく必要があり、苦手な人ほどやっておくべきものと言えます。自信があるという人でもコミュニケーションは一方的に話せば良いというわけではないので、自分のコミュニケーションのとり方が正しいかを確かめる意味でも学んでみると良いかもしれません。

店長として持っていると良い資格

店長候補として入店をし、最初は内勤スタッフとして働き折りを見て店長へと昇格するというシステムになります。お店にもよりますが風俗業界では昇進が早く、努力次第では1年足らずで店長になることも出来ます。
このため、内勤スタッフの指導をすることも業務になりますし、女の子達の管理も主な業務になります。
また、お店を経営するのでそちらの知識もあった方が良いと言えるでしょう。

サービスについて深く知ること

風俗店としての業務の流れはマニュアル化されていることが多いので、どのようなことをすれば良いのかというのは一から作り出す必要はありません。マニュアルを覚えれば最低限の仕事は出来ますし、接客についても同様に最低限の対応は出来るということになります。

しかし、最低限の対応しか出来ないままでいると売り上げを伸ばすことが出来なくなりますし、サービスは良いけれどもスタッフ全体の対応が悪いという評価を持たれる原因にもなります。
どのようなサービスをすればお客様が最初から最後まで気持ち良く過ごしてもらえるのか、また来たいと思えるお店と思ってもらえるのかなどを知っておくことで接客の向上に繋がります。

サービスの基本をしっかりと抑えておくことによってサービス向上をさせるために何をすれば良いのか、という分析を顧客の心理を鑑みた上で作ることも出来るようになります。
接客サービスマナー検定やサービス接遇検定はサービスの基本についての知識を問うものですから、資格取得を目指して損はありませんし、店長が分かっていることで女の子や内勤スタッフに指導が出来ますので一石二鳥とも言えます。

中小企業診断士

この中小企業診断士というのは中小企業の経営課題に対する診断やアドバイスをすることが仕事になり、国家資格に位置づけられています。国家資格が風俗店に必要なのかと思うかもしれませんが、風俗店は乱立しており昨今では店舗型のサービスが徐々に縮小を始めているという現実があります。

景気の煽りをダイレクトに受けてしまうのが風俗業界でもありますので、生き残るためには経営のいろはがきちんと分かっていないと維持することも出来ません。
中小企業診断士の資格勉強をすることで、ヒト、モノ、カネ、情報の流れを横断的に知ることが出来ますので上記の検定が実務に踏み込んだ対応を学ぶのに対し、中小企業診断士では経営のあり方を学ぶことになります。
国家資格とはいえ年齢や学歴など諸々の条件が無く、誰でも受けることが出来るので合間を縫って勉強をすることが出来ます。

万一風俗店が傾いているような状況であったとしても、この資格があれば外部にコンサルタントを依頼する必要がなく自分で建て直しが出来ますのでコストダウンにもなるのです。

カウンセラー

女の子の管理をする上で重要になるのが、メンタルケアです。性的なサービスを中心に行うため、どうしても女の子達は大なり小なり嫌な思いをする機会に恵まれてしまいます。お客様も全てが良識のある人ばかりではなく、お金を払っているのだから何をしても良いという考えで女の子に嫌な思いをさせる人もいるのが残念ながら現実なのです。

何事かあって辞めるという話になってしまうと、女の子が頑張ってくれた分の売り上げが落ちますからお店としても非常に困ったことになります。この時に親身になって相手の話を聞き、女の子が抱えてしまったストレスを上手くほぐしてあげる必要が出てきますが、人の心理をきちんと学んだ上で傾聴するのと、ただ話を聞くだけでは受け取り方が変わります。

それに、何と言って良いのか分からないようなことであってもカウンセリングの手法を使うことによって上手く女の子の心を解きほぐすことも出来るようになるのです。
職場の悩みが主なものになりますので、産業カウンセラーを受講しておくと良いでしょう。
カウンセラーは民間資格で多くありますので、自分が受講しやすいものを選んで資格取得に臨むのも良いかもしれません。

風俗スタッフとして持っていると良い資格

接客サービスマナー検定やサービス接遇検定は店長ばかりではなく内勤スタッフであっても持っておいた方が良い資格です。お客様と接する機会は女の子だけではなく、女の子とお客様を結び付けるとっかかりになるのが内勤スタッフだからです。

また、これから紹介するものは店長であっても持っておいた方が良い資格ですので、こちらの取得も目指してみましょう。

簿記や秘書検定、ビジネスマナー検定など

受付スタッフやドライバーにはあまり必要ないかもしれませんが、事務スタッフや店長を狙っているスタッフにはあった方が良いスキルです。
内勤スタッフでも事務や経理に関わるスタッフの場合、お金の管理についてはきちんと知っておく必要があります。
いざ管理を任されて何も分からず帳簿の付け方も見方も分からないでは意味がありません。
多くの場合はパソコンでの管理になり、手書きの書類を作成する機会は無いとは言っても、やはりパソコンでの管理も土台になっているのは簿記ですので理解しておく必要があります。
簿記検定は1級まできっちりと取得する必要はなく、初歩の初歩である3級は取得しておくと仕事に有益になります。

また、店長の補佐という役目を兼ねることもありますし、電話対応など店長の代わりに行うことも出てきます。
この時にきちんとした対応が出来るように、秘書検定やビジネスマナー検定を受けて社会人としてあるべき態度を身に着けておく必要があります。
働いているのが風俗業界とはいえ、接点を持つ人達の多くはその他の業界で働く人達です。
一般的な常識やマナーを持っている人達を相手にするのですから、風俗業界だから必要ないというわけではありません。
相手が業者であったとしても対応が丁寧でしっかりしているところは信頼に繋がりますので、お店の信頼を得るためにもこうした資格は勉強して損はありません。

パソコン関係の資格

お店を繁盛させるためには積極的な宣伝が必要であり、一昔前は駅前でビラやティッシュを配ることが宣伝の中心となっていましたが、今はネットでの宣伝が主流になっています。店長や内勤スタッフの業務の大半を占めるのがホームページの管理であり、ホームページは最強の宣伝ツールになっているのです。

ホームページの作成自体は業者に頼んでしまっても良いのですが、それでも女の子の出勤情報やイベント情報など自分でも更新しなければならないものがこまめに出るので作成の方法を知っておく必要があります。
ホームページ制作能力認定試験などはホームページを作る上でのノウハウがあるかどうかを見るものですので、受けておいても良いでしょう。

また、ホームページだけではなく、ワード、エクセル、パワーポイント、フォトショップなどのソフトを多用することになりますので、この辺りの資格は持っておいた方が良いということになります。
エクセルはマクロの組み方を知っていると重宝しますので、余裕があればVBAエキスパートまで取っておくと出来ることの幅が格段に広がります。

「俺の風」ではWebスタッフ募集も絞り込み検索できます

オプションとして持っていると有益な資格

特別無くても困らないですが、あると便利な資格も存在します。

英会話

昨今では外国人観光客が日本に訪れるようになり、一時は爆買いなどの派手なお金の使い方をしていた頃もありましたが観光客がお金を落とす先は風俗業界も含まれています。
来るお客様全てが日本語が分かる人であれば良いのですが、中には日本語が全く分からずにサービスを受けに来る人もいますので対応に困ってしまいます。
ネイティブと雑談が交わせる程度まで話せる必要はありませんが、それでも最低限度何を言っているのかが分かってこちらも会話が出来る程度でないと応対が出来ずお客様を逃してしまうことになってしまいます。
世界で最も多く使われる言語が英語ですし、日本に来る観光客は英語を話せる人が多く英語なら意思の疎通が取れるというケースが多いです。
もし、興味があるなら英会話を勉強して関連した資格を持っておくと便利かもしれません。

リラクゼーションや介護など体のことを知る資格

風俗嬢として働いている女の子達のほとんどが未経験からスタートしているため、中には一応経験はあるものの男性の体のことをよく知らない人もいます。
風俗店でもサービスについては研修を行いますが、男性の体についてよく知らないままサービスを行っても、何となく気持ち良さそうにしてるから良いんだという感覚だけで覚えてしまいそこに理論が伴いません。
男性の体の構造はこのようになっていて、こうすると気持ちが良いのだという理屈をきちんと伝えて教えることで女の子にも納得が出来、実際のサービスでも理論に基づいた方法で出来るようになるのです。

人の体の構造を学べる資格で取りやすいのはリラクゼーションや介護の資格です。
また、業界は違いますがお客様との接し方について視点の違いを学ぶことが出来るので、お店でのサービスのあり方に取り入れることも出来ます。
特にお店が性感マッサージや風俗エステといった類であると、経営者であってもリラクゼーションのロジックを分かっていた方が良いので尚更取っておく資格と言えるでしょう。

文章力を上げてみよう

ホームページの管理の他にもブログを更新したり、イベント情報をお知らせしたりと文字を書く機会が所々で現れます。ホームページは究極の宣伝ツールですから、出来る限りお客様の目を引くような書き方をしなければなりません。

どれほどホームページそのもののデザインが良く女の子達が可愛かったとしても、やはりそこに添えられる文章にインパクトが無ければ目を引かなくなってしまいます。
ただ箇条書きに書かれたものだけを見ても心に響くことがないですし、きちんと文章にしたとしてもだらだらと長く書いているだけではやはり行ってみようという気にはなれなくなります。
文章読解・作成能力検定は読む能力もですが、文章を書く能力を見るものであり、検定に通るには文章を書く力を身に付けていく必要があります。
どのように文章を作成すれば良いのかという基礎が出来ていれば、お客様の興味を惹いて訴えかけるにはどうしたら良いのかというようなノウハウも自然と分かるようになるので取得しておく価値は高いです。

資格を取る勉強をすることで自分の可能性を広げられる

以上の資格を取得しておくと、業務を行う上で便利なものになるでしょう。
資格を取得したからとそれで何かが大きく変わるわけではありませんが、仕事で使える資格を持つということは知識がベースとなって今の環境を大きく変えていくことが出来ますので、今の状態をより良くするためのとっかかりに出来る可能性があります。

内勤スタッフであれば基本的には自分に与えられた業務だけを忠実に行っていればそれで良いというところはありますが、それでも店長を目指したいなどの目標があるのならばプラスアルファの働きや知識があった方が良い仕事が出来るようになります。

店長止まりではなく本社へと移動をして仕事をするということになった場合でも、資格を持っていることで業務の幅が広がって本社で重宝をされるという可能性も大きくなります。
スキルを多く持つことは自分の可能性を広げることにも繋がりますので有益なことなのです。
それに、風俗店を辞めて転職活動を行うことになった時でも資格がありそれをどのように活かせたかというアピールが出来ます。

知識を資格という形で持っておくことは自分の能力をアピール出来る材料ともなります。
今働いている環境で持っておいた方が良い知識は何なのか、そしてその知識に合致した資格は何なのかを調べて取得をすると取っただけ無駄だったという不一致を防げます。
取って損をするようなものではないので、積極的に資格取得を行ってみましょう。

資格があってもなくても!応募しやすい男性求人まとめ