人手不足の今がチャンス!高収入を目指せるデリヘルドライバー

どこでもドライバー不足が深刻

年末、大手運送会社の配送がパンクしたことで、ドライバー不足であることが誰の目にも明らかになりました。今はどこの業界でもドライバー不足が深刻です。昔はドライバーといえば、仕事はきついけれど高収入な仕事の代名詞でした。ところが今ではサービス残業が多いため、どんなに働いても収入はそれほど多くはありません。1日中走り回っても手取りは普通の仕事と変わりがないので、多くのドライバーが見切りをつけたとしても当然です。コストカットを名目に、低賃金で働かせすぎたつけが回ってきたということでしょう。

風俗業界でもドライバー不足が深刻ですが、その理由は運送会社とはかなり違っているので同列で語ることはできません。女の子と比べれば低いものの、一般のドライバーに比べ高い給与を手にすることができます。

デリヘルドライバーの仕事は、女の子を無事送り届けるだけでなく、気持ちよく仕事ができる環境作りなども行います。女の子を送り届けた後は空いた時間を自由に使うことも可能で、意外と融通の利く仕事です。それでいて高収入なのですから、ドライバーの仕事としては最上位でしょう。それでも人手不足なのは、デリヘルの増加に人材の調達が追い付いていないからです。

店舗が増えているのに人手がなかなか集まらないのですから、人手不足になるのは当然です。しかし、デリヘルドライバーが厚遇されていることが知れ渡れば、新たに始める人が増えるでしょう。人手不足の今がデリヘルドライバーを始めるチャンスです。

デリヘルドライバーの仕事内容

デリバリーヘルスなどの派遣型風俗店では、お客様の自宅か指定されたホテルまでデリヘル嬢が伺い、そこでサービスを提供します。キャストの女の子が電車や自動車を使って指定された場所まで行くのはあまり現実的ではありません。そこで、デリヘルドライバーが派遣先まで送り届けます。

女性は事務所で待機していることもあれば、近くの喫茶店や自宅で待機していることもあります。大切な女性キャストを送り届けるわけですから、あまりに運転が乱暴な場合や方向音痴では勤まりません。以前は道順を頭に叩き込んでおくことが必要でしたが、今はカーナビがあるためよほどの方向音痴でなければ誰でも目的地に到着することができます。

目的地に送り届けるだけでなく、何かあった時に女性を守ることや、料金の受け渡しなどを受け持つこともあります。送迎と警護以外をドライバーが受け持つことはあまり多くありませんが、それぞれの店の経営方針次第で仕事内容が変わるので、どこでも同じというわけではありません。

キャストを1人送り届けたなら、待機場所まで戻り別の女の子を送り届けます。後はサービスが終了するまで待ち、仕事終わりの子を事務所や自宅へ送り届けます。ここまでがデリヘルドライバーの一般的な仕事です。そのため、仕事中はほとんど車の中で過ごすことになります。

給料について

デリヘルドライバーの給料は、ほとんど時給制か日給制のどちらかになります。給料がどれくらいになるかは、それぞれの地域によってかなり差があり、店によってもかなり違うためあらかじめしっかり確認しておきましょう。

希望の条件をしっかりと伝え、条件に合ったお店を選ぼう

いざ働きはじめてから条件が違い驚くというのでは遅すぎます。面接時に、希望の条件をしっかり伝えれば、その条件に沿うように考えてもらえる場合もあります。雇用形態は様々で、正社員として雇用しているところもあれば、アルバイトや業務委託として募集している店もあります。副業として働くのであればアルバイトや業務委託でもいいでしょうが、転職先として考えているのなら正社員を選んだほうが有利です。もしくはアルバイトでも正社員登用制度がある店を選ぶべきでしょう。

希望の条件で就職するには、あらかじめしっかり交渉することが必要です。人材不足の今なら、融通を利かせてくれる可能性がかなり高いため、転職するなら今の他にありません。副業としてもかなり優秀ですから、夜のアルバイト先としてもおすすめです。

給料の支払いは、現金手渡しのところもあれば振込のところもあります。現金手渡しであれば、給料日にその場で受け取れるため、すぐに飲みや遊びに使うことも可能です。一定以上の収入があれば確定申告をする必要が出てくるため、一定以上の収入が出そうな場合は調節するのが良いかと思われます。

ガソリン代と必要経費

もしも時給が高い求人があったとしても、すぐに時給だけで選ばないようにしましょう。時給の金額とともに、ガソリン代などの必要経費をどちらが負担するか必ず確認しましょう。大型グループなら、店のワゴン車で送迎し、ガソリン代も店が持ってくれるところがほとんどです。
ところが、小さな風俗店の場合、車はドライバー自身の自家用車、ガソリン代も自腹ということも珍しくありません。また、スマホの通信費も自腹になることもあります。
これでは、必要経費が上乗せされていることで時給が高く見えるだけで、思ったほど高収入にはならない可能性があります。

送迎にガソリンを消費するだけでなく、待機している時も想像以上にガソリン代を消費するものです。夏の暑い時期にエアコンを使わないわけにはいきませんし、デリヘル嬢が一緒なら節約することもできません。せっかく高収入を得ようと思ったのになかなか利益が出ないということにならないように、面接時にガソリン代や必要経費はどう扱われているのか必ず確認しましょう。

キャストの女の子との恋愛禁止

風俗業界で働く男性にとって、女性キャストとの恋愛禁止は常識です。車のなかで長い間2人きりになると、どうにか仲良くなりたいと考えるのは自然なことかもしれません。もしも、恋愛に発展したりしたら女性が退店させられるだけでなく、自分も責任を取らされるかもしれません。

また、仲良くなろうとして女の子の気分を害したとしたら、罰金だけで済まなくなることもあります。目的地まで送り届けるまでの間に機嫌を損ねたら、そのキャストだけでなくお客様やお店に損失を与えることになりかねません。女の子からクレームが来たら、店としても何らかの対処をする必要があります。愚痴を聞いてあげるぐらいはOKですが、一線を越えることがないようにしましょう。フォローすることは大切ですが、必要以上のことはせず当たり障りのない対応を心がけるのが一番です。

条件をよく確認してから応募を!

普通程度のドライビングテクニックがあり、社会人としての一般常識とマナーを身につけていれば、デリヘルドライバーは誰でも始めることができます。応募する場合は、雇用形態と時給、応募資格など、基本的な条件をきちんと確認してから応募しましょう。
現在、店舗型の風俗店が伸び悩むなか、派遣型のデリヘルは増える一方で、求人はたくさんありますから、よく見極め自分に合った仕事を見つけてください。

稼ぐならチャンスをつかみ取れ!ドライバーの男性求人情報を見る