会社にバレずに副業したい!夜の日払い風俗バイトと確定申告

「副業」そのものは法律で禁止されている行為ではありません。しかし、多くの企業が就業規則で副業を禁止しています。そもそもなぜ、一般的に副業は禁止されていることが多いのでしょうか?マイナンバーなどで副業がバレたりしないものなのでしょうか?今回はバレ対策やバレない方法を詳しくご説明します。

そもそもなぜ副業をしてはいけないのか?

考えられる理由としては主に以下の3つが挙げられます。

本業であるその企業の業務に差し支えが生じる懸念
副業側でトラブルがあった場合本業側の企業に差し支えが生じる懸念
副業で競合他社などで就業された場合、その企業の秘密やノウハウなどが流出してしまう懸念

確かに企業側から見れば雇っている社員に副業を理由に悪影響を及ぼされては堪ったものではないでしょう。
しかし、これらは悪意を持ってその企業を貶める魂胆があるわけでない限り、逆に雇われている側としては「所得を増やす自由を奪われている」ことに他なりません。

本業の給料だけでは生活していけない
もっと生活水準を上げたい
あとちょっとでいいから自由に使えるお金を増やしたい

これは誰しもが普通に持っている「向上心」です。
今の会社の給料にプラス所得を持ちたいというのは全く持って自然な思考です。
また勤めている企業と揉め事を起こさずにできれば…と考えるのもまた自然なことです。

では「会社にバレずに副業をする」ためにはどうしたら良いか。
そのために絶対必要なポイントを次にお話ししてみたいと思います。

絶対に会社にバレない方法「究極」はこれしかない!

まず「どうすると副業が会社にバレるのか?」を考えてみましょう。

通常は市役所などから企業側にその個人の「住民税についての通知」が送られます。
企業側は支払っている給与に値する税額通知であればよいのですが、アナタに副業などの所得がある場合はその分も含まれた計算になるため、支払っている給与に該当する値より多くの税額が通知されてしまうのです。
そのため企業側に副業がバレてしまう、というのが一般的な顛末です。

しかし、このケースは「あなたが何もしていなければ」という状況での話。
実は住民税の支払い方には二通りあって、企業が払う一般的な上記のような場合を「特別徴収と言います。
これを自分で支払えるようにする「普通徴収」というものに切り替える手続きを市役所などで済ませておけば、住民税の額を企業に知られることはなくなり、したがって企業側にバレることもなくなる、というわけです。

「普通徴収」に切り替える手続きは市民税課など該当の窓口で口頭で伝え、書類にマルをするだけです。
もちろん「普通徴収」に切り替えた後は副業での所得分を切り離し、個人で納税する必要が生じますので自分で管理できるようにしましょう。

住民税以外でもう一つ気を付けておきたい確定申告対策

「普通徴収」の手続きをしたからと言って、絶対にバレないか?と言うとそうではありません。
非常に稀なケースなのですが「申告した分を課税対象として認めてくれなかった場合」があり、その場合は雑所得が「普通徴収」ではなく「特別徴収」として扱われる可能性があるのです。

ですので確定申告時にその旨を伝え、「普通徴収」になるのか確認しておきましょう。
さらに普通徴収に切り替えた際、企業側が「特別徴収額の決定又は変更通知書」を観ることでバレてしまうケースが考えられます。
しかしこの書類は封がなされており、個人情報に関するものなので常識的に考えれば”企業がそれを開封して中を見る”ということは考えにくいモノです。

この両ケースを心配するのであれば、指摘があった際、もしくはその前に企業側に「確定申告をした」ことを伝え、確定申告の理由に「ふるさと納税をした」と答えれば納得を取り付けることはできるはずです。
ですので理由を合理的にするためにあえて「ふるさと納税をする」というのも一つの方法だと言えるでしょう。

ちなみに「ふるさと納税」をする際には「ワンストップ特例制度を使わない」という形式を選択する必要があり、そうすれば受領書が届くので、源泉徴収票を持って確定申告すればもう完璧です。

マイナンバーで副業がバレることはないの?

結論から言うと、マイナンバーで副業がバレることはありません。
なぜなら、会社側でマイナンバーを元に副業の有無を調べることができないからです。

会社においても、役所においても、マイナンバーの利用目的というのは法律によって厳格に定められています。
会社側で、社員が副業しているかどうかを調べるためにマイナンバーを使うことは法律上許されていませんし、役所側で、会社から問い合わせを受けた人が副業しているかどうかを会社に回答することも法律上許されていません。
ですので、たとえ風俗バイトでマイナンバーを提出していたとしても、それがキッカケで会社側に副業がバレることはありません。

副業としては割のいい風俗求人!おすすめは「デリヘル送迎ドライバー」

副業として、簡単に始められる風俗求人としておすすめなのは「デリヘル送迎ドライバー」です。
普通免許さえ持っていればどなたでもすぐに始められる人気のお仕事。
接客スキルも不要ですし、何よりも人手が常に足りない業種なので、年齢や社会経験が不問の店舗がほとんどです。
「今スグ収入を増やしたい!」という方はあれこれ考えるよりもまずは「送迎ドライバー」から始めてみることをオススメします。

ここまでお読みいただいてお解りの通り、副業を会社にバレないように対策するには、ちょっとした工夫と手間さえかければバレ対策は十分可能です。国も推奨する働き方改革の最たる手段はやはり副業。
副業するならぜひ高額収入を見込める「俺の風」のチェックをお忘れなく!

『俺の風』から『俺の物語』を始めてみる?

The following two tabs change content below.
たぬきの風

たぬきの風

ふざけることが大好きな小太りライターです! 将来はふざけるのを仕事にして生きていくのが目標☆ さぁ!一緒に世の中をぶっ壊していこうぜ!!