転職したい!それなら「風俗業界」でリスタートがオススメ!

今、世の中は稼ぎづらくなっている

今、世の中がどんどん稼ぎづらくなっていると思いませんか?
長時間労働が当たり前のようになり、サービス残業が横行しているため手取り賃金はほとんど増えていません。1997年のサラリーマンの平均年収は467万円でしたが、2015年の平均年収は415万円で今も下がり続けています。
これは正規雇用のサラリーマンを対象とした数字であるため、非正規雇用を含めればもっと下がるはずです。
賃金は下がり続けているのに労働時間は長くなっているわけです。これでは格差が広がるばかりだと思いませんか?
稼ぎたいと頑張っているのに、頑張れば頑張るほど1時間当たりの賃金は減っていくというパラドックスに陥っています。その上、一度も転職したことがない上司からは、うちの会社はまだマシなほうだと言われ続けるわけです。
新卒で入社した社員は、その上司の言葉を鵜呑みにしてしまう人が多いようです。もしかしたら、あなたも仕事を辞めたいと思いつつ、転職したらさらにきつい現実が待っているから無理だと考えていませんか?

しかし、世の中には、良い環境で働いている男性はたくさんいます。
転職したこともない上司の言葉を鵜呑みにしていたら、スポイルされ続け使い潰されるだけです。
転職は、使い潰されないための賢い選択です。

高収入求人の難易度は高い?

高収入の仕事は巷に溢れているように見えますが、それなりの学歴や経歴が求められるものばかりだと思いませんか?
歩合制なら結果を出せば誰でも高収入を得ることができますが、そのハードルは決して低くはありません。
高学歴や経歴を求められる求人や売上などの結果を求められる求人ばかりで、転職は難しいと感じる男性も多いでしょう。
最初は頑張れたとしても、どうしても結果を出すことができず転職を繰り返すことになるかもしれません。

それならば、先の上司の言葉は本当のことなのでしょうか?
いえいえ、そんなことはありません。
これは高収入求人の探し方が悪いだけです。
高収入を求めるのなら、風俗業界に転職することをおすすめします。
風俗業界に怖いイメージを持っている方が多いようですが、現在ではクリーンな会社や企業が多くなっています。大手グループ風俗店などは、普通の企業とそれほど変わりません。それどころか、きちんと有給休暇を取ることができ福利厚生が手厚いなど、高収入なのに働きやすい環境が揃っています。
これはまだあまり広まっていない事実ですから、転職するとしたら今がチャンスです。これから日本がますます稼ぎにくくなって来る前に、風俗業界でしっかりした地歩を固める時です。

お客さまに喜んでもらえるサービス

風俗業界に、怖いイメージや偏見を持つ方はまだまだたくさんいます。
負のイメージがある一方、これほど世の男性に癒しを与えている接客業はありません。
お金をもらった以上、お金の価値だけのサービスを提供しよう、満足してもらおうと努力しています。
これほどすぐにサービスの善し悪しが判断できるサービスはないため、少しも気を抜くことはできません。
それだけに、喜んでいるお客さまが多いということは、喜んでもらえるサービスをしているということです。
不用な物を売りつける営業などより、ずっとお客さまに癒しと喜びを提供しているといえます。
今や風俗業界は5兆円産業となり、押しも押されもしない日本の一大産業となっています。
成長する風俗業界に目を付け、一流企業のサラリーマンが風俗業界で起業することも珍しくありません。
これまでの怖いイメージはまだ消えていませんが、その中身を見るとクリーンな風俗店もかなり増えてきています。
風俗業界には、確かにモラルの低い男性がいることも事実です。
しかし、そのようなモラルの低い男性がいる風俗店は、いつの間にか消えてしまうことも事実です。
一方、良い噂が立てば、新規店舗であってもすぐに繁盛店にすることもできます。
真面目に取り組めば、風俗業界ほど成功できるチャンスがある業界はありません。

転職したほうがいいタイプ・しないほうがいいタイプ

チャンスが多い風俗業界ですが、転職をすれば誰でも成功できるわけではありません。
転職全体に言えることですが、転職したほうがいいタイプとしないほうがいいタイプの人がいることは確かです。

転職したほうがいいタイプ

転職したほうがいいタイプとは、次の4つのタイプの人です。


1.転職する理由が明確な人

2.叶えたい条件がある人
3.諦めてもいい優先順位を決められる人
4.給与の話をキチンとできる人

現職のどこに不満があったのか、それがハッキリしている方は転職活動でぶれることはありません。
また、ぜひ叶えたい条件と諦めてもいい条件をハッキリ認識していれば、些細な条件の違いで迷うことはありません。どんな良い環境の職場でも、叶えたい条件のすべてが揃っていることは稀です。
何を諦めてもいいのか優先順位がハッキリしていなければ、あり得ない好条件の求人を求めてさまようことになりかねません。
また、内定承諾前に給与の話をするのは気が引けるものですが、大事な話を先送りにしてはいけません。自分の給与をキチンと確認できない人が、他の重要事項をキチンと確認できるでしょうか?

転職しないほうがいいタイプ

転職しないほうがいいタイプとは、次の3つのタイプの人です。


1.何もアクションを起こさない人

2.ルーティンワークに疑問を持たない人
3.高望みをする人

現状に不満があるにもかかわらず改善のためにアクションを起こそうとしない人は、必要な努力をせずに誰かに責任を転嫁する人です。
このような方が転職したとしてもまた不満を漏らすだけでしょう。
何も考えずルーティンワークばかりしている人は、どのような仕事をしても工夫をしようとはしません。新たな価値を創造しようとはしない人ですから、現状維持のままのほうが居心地が良いでしょう。高望みをする人が、その望みを叶えてくれる求人に出会えることはほとんどありません。自分の市場価値を判断することができない人を採用してくれる企業があるでしょうか?
この3つのタイプに当てはまる方には、転職はおすすめできません。

狙い目のお店は?

風俗業界にクリーンな企業が多くなっているのは事実ですが、すべての風俗店が良い企業というわけではありません。
そこで狙い目となるのは、大型グループの風俗店や大型風俗店などです。
顧客満足度ランキングや覆面調査ランキングなどで、上位にランクインしているところを狙いましょう。
ランキング上位にランクインしているということは、そこで遊んだお客さまが非常に満足していることを表しています。
お客さまを満足させるには、女の子だけでなく男性スタッフも全力でバックアップする必要があります。それができている風俗店は、女の子だけでなく男性にとっても働きやすい頑張り甲斐のある職場であることが多いからです。
クリーン化が始まった風俗業界で真面目に頑張れば、数年で年収1000万円に到達するのも夢ではありません。
偏見を打ち捨て、これに気づいた方だけが成功することができます。

脳の認知的不協和をご存知ですか?

「脳の認知的不協和」という言葉をご存知ですか?
この言葉は、社会心理学者フェスティンガーが提唱した認知的不協和理論に出てくる言葉です。
脳の認知的不協和とは、知識・意見・信念などに不一致がある場合、自分自身で自分の脳を騙し環境に適応させようとする心理のことです。
たとえば、薄給で激務な仕事に従事している人は、やり甲斐のある仕事だと脳を騙して乗り越えようとするわけです。
転職することで、給与に見合わない激務をさせられていたことに初めて気づくことも少なくありません。
そのため、脳の認知的不協和のことをブラック企業脳などとも呼びます。
薄給・激務で仕事を辞めたいとお考えの方は、ブラック企業脳に支配され潰される前に転職されることをおすすめします。