風俗スタッフの求人に応募する時の「履歴書」の書き方

風俗スタッフの求人に応募する時には、きちんとした履歴書を提出しないと非常識なイメージを持たれてしまうこともあるので要注意。どのような履歴書を書けば、面接時に良い印象を与えることができるのでしょうか?

風俗店の男性スタッフの求人に応募するときには、履歴書の提出を求められることがほとんどです。面接に向けて良い印象を与えるためにも、履歴書の基本的なマナーや書き方をチェックしておきましょう。上手な履歴書の書き方について紹介します。

履歴書の基本的なマナーをおさえよう

一般的な会社員などに比べると、風俗業界は学歴経験不問の求人も多いもの。とはいえ、きちんとした履歴書を提出できない場合「常識がない」「協調性がない」「だらしない」という評価をされてしまい、採用される確率もグッと下がるので注意が必要です。

一般企業に応募するときと同じように、マナーを守った履歴書を提出しましょう。

履歴書はボールペンや万年筆で記入し、間違えて記入してしまった箇所があった際は新しい履歴書に1から書き直しをします。修正液を使わずに書くのが一般的なマナーです。

また、写真欄には6ヶ月以内に撮影した証明写真を貼付します。このときの写真は、できればスーツ姿が無難です。髪型や表情など、清潔感や第一段階(書類の印象)で落とされないように気を付けたいところです。

記入すべき必要事項に漏れがないよう注意しましょう。最近では、手書きではなくPCで履歴書を作成してメールやWEBで応募をするというケースも多く見られます。相手の企業が求めている方法に従って履歴書を送付しましょう。

学歴欄や職歴欄は正確に記入する

学歴と職歴は間違いのないよう正確に書きましょう。風俗業界はサービス業なので、過去に接客業やサービス業の就業経験があれば優遇されることも多いものです。別の業種で働いていた場合でも、どんな仕事をしていたのか、どんなスキルがあるのかをきちんと説明できれば問題ありません。

履歴書に書いた前職の仕事内容や退職理由については面接で聞かれることもあるので、具体的に説明できるよう整理しておきましょう。

志望動機欄で熱意を伝えるコツは?

風俗業界の求人に応募する人のほとんどは「お金を稼ぎたい!」という志望動機を持っているもの。採用担当者からすればそういった志望動機は分かりきったことなので、もう一歩踏み込んだ志望動機を書いてアピールしましょう。

やる気をアピールしたり将来への展望を語ったりと、志望動機にからめて自分なりの熱意を伝えましょう。このお店でどう働きたいかという展望や自分の経験を活かせるポイントなどがあれば一緒に書いておくと良いですね。

ポジティブな書き方を心がける

履歴書の志望動機欄や資格欄、本人希望欄はポジティブなイメージで書くよう心がけましょう。例えば入社可能日を記載するときに「○日までは就業できません」と書くよりも「○日から働けます」と書いたほうが印象アップにつながりやすくなります。

また、運転免許証やパソコン操作のスキルなどがあれば風俗業界でも重宝されるので、こういった資格などもぜひ記載しておきましょう。

ネガティブでマイナスな表現を避け、ポジティブな履歴書を書くのがイメージアップのポイントです。

風俗店に提出する履歴書は、応募者の第一印象を左右するものです。履歴書の基本的な書き方を踏まえつつ、熱意の伝わる自己アピールを書いて、採用につなげたいものですね。

お仕事探しは『俺の風』で!

The following two tabs change content below.
エビフライト

エビフライト

趣味は美味しい洋食屋とアジア料理屋巡り。大好物のエビフライに合うソースを探し求めています。アダルトライターの他、グルメライターとしても活動しています。