風俗スタッフの前職は?採用されやすい人の特徴

意外?風俗店スタッフの前職はどんなもの?

様々な人が働いている風俗業界

一度風俗店を利用したことがある人はわかると思いますが、風俗店で働いている人には様々なタイプがあります。女の子でいえばずっとこの業界で働いているという子もいますし、普段は大学に通っていてお小遣いが欲しいから風俗店で働いているという子もいれば、中には結婚しているけれど旦那に内緒で働いているという主婦の方もいます。
そのように働いている人の数だけそれぞれの人生があるのですが、それは風俗店で働いている男性についても当てはまります。特に風俗業界は高収入ですから、転職を考えている、という方も少なくないでしょう。それにあたって、どういう職業についていた人がどういうきっかけで風俗店に勤め始めたのか、ということは気になるところです。一体どんな男性が風俗業界で働いているのでしょうか?

やはり夜の仕事をしていた人が多め

基本的に風俗店は夜に営業しているところがほとんどです。
それゆえ働いている人も夜型になりがちなので、生活スタイルを慣らさなくてはいけません。その点、あらかじめ夜型の生活に慣れている人は風俗店の仕事にもすんなりとなじめるという方が多いです。

受付のある接客業

例えば深夜まで営業を続けているカラオケ店などで働いていた、という方が風俗店に転職したという事例もあります。カラオケ店はフロントで受付をしてお客様を部屋に通して後はスタンバイする、というタイプの店が多いのですが、そのあたりは風俗店と似たようなところがありますので同じ感覚で仕事ができるというのも大きいところなのかもしれません。また店舗によっては部屋の清掃もすべてスタッフが行わなくてはなりませんが、カラオケ店などに勤務していれば清掃を行うことも多いですから、それに慣れているという方は多くいらっしゃいます。同様の理由で漫画喫茶や宿泊施設などで働いた経験がある方は風俗店に転職することが多いです。

営業マン

そのほか、営業マンとして働いていた経験がある方が風俗店で働いていることも少なくありません。昼間働いていることがほとんどの営業マンが夜に働いているというのは意外に思えるかもしれませんが、風俗店で働くうえではお客様をもてなすだけでなく女性スタッフとコミュニケーションを取ることも大事なことです。女の子の体調はどうか、最近悩みはないか、もっと働きやすい環境を作れないか、などを踏まえるうえで会話のスキルは欠かせません。そして会話のスキルに一番長けているのは営業マンです。そのような背景で元営業マンが風俗店の店長を勤めているというパターンもあります。
このように夜型の生活スタイルに慣れていることと、会話のスキルを身に着けていることは風俗店で働くうえで欠かせないものとなるのですが、その両方を備えているのは居酒屋などの飲食店で働いた経験を持つ方が当てはまります。夜に営業している飲食店ではお酒にまつわるトラブルが起こりやすいですから、それを未然に防ぐためにコミュニケーションスキルを身に着ける必要があります。その点、飲食店の経営をしたことがある人は次の職業として風俗店を選ぶ傾向にあるといえるでしょう。

風俗店の店長

そして、何よりもよくあるのはかつての職業も風俗店の店長だった、という人です。前の店が無くなったので他の店に移ってきた、という人もいますが、中には資金をためて自分の店を作った、という人もいらっしゃいます。風俗店で得たノウハウを風俗店で生かす、というのは至極当然の流れといえるでしょう。このように風俗店で働いている人は様々な前職を持っています。

風俗店で働くにあたって皆が持ってる能力は?

このように前職で得たスキルを活かしながら働いている人が多い風俗業界なのですが、他にも持っていて損はないスキルはたくさんあります。最初に挙げられるのが文章力です。今の時代はインターネットでサイトを持ちながら営業を続けているお店がほとんどですから、そこに載せる文言次第で客を呼び込めるかが決まるといっても過言ではありません。そのため先程は挙げられませんでしたが、広告代理店で働いていた方が風俗店で働いているという例も少なくありません。広告代理店はキャッチコピーで人を引き付ける能力を身に着けなくてはなりませんが、風俗業界もそれが生かせる場所です。

また、企画立案の能力も必要となります。
会社で様々な企画を立案した経験がある、という方にとって風俗業界は自由に物事が決められる範囲が多いのでオススメです。例えばキャンペーンを打ち出したい、新しいサービスを打ち出したい、という時はある程度店側の裁量に任されている部分が多いですから、前の会社では思うようにいかなかったけれど風俗店で働きだしてからはやりがいを感じている、という人は多くいらっしゃいます。

もちろんこれらのスキルを職業に就く前からすべて備えている必要はありません。仕事をやりながらどうすればお客を呼び込めるかと試行錯誤をすることでスキルは身についていくものです。しかしながら、ここまでで挙げたスキルのなかでいくらか自信のあるものを持っている、という方は風俗業界に飛び込んでみてもいいのではないでしょうか。それをアピールできれば採用される可能性も高くなるでしょう。

また、普段から様々な風俗に通っていてそこで興味を持って就職してみた、という方ももちろんいらっしゃいます。普段の風俗通いで自分ならこうする、こうすればもっと良くなる、というビジョンを持っておくことは大切なことです。ある業界に飛び込むにあたってその業界のことが好きであるということは何よりのアドバンテージです。

未経験でいきなり飛び込むのもアリ!?

ここまで様々な前職を紹介してきましたがもちろん中にはこうした職業を経験していないで風俗業界に就職した方もいらっしゃいます。

例えばこれまであまり良い給料で働けていなかった人が高収入の風俗業界に飛び込んだところ、水に合ってこれまでよりもいい境遇に置かれた、という例もありますので、決して風俗業界に馴染みのない人が就職してもいいことはない、ということはありません!特に変わり種としては大手の会社に勤めていたにもかかわらず辞めて、風俗業界に飛び込んできた、という方までいらっしゃいます。その方はそれまで良い給料の仕事に恵まれていたものの、やりがいを見いだせず迷っていたところ、風俗店の募集を見かけて応募したのですが、元々風俗業界に興味があったためアイディアは豊富にあり、結果それまでの仕事の給料よりも収入を得ることに繋がりました。

その他にもコールセンターで働いていた経験を活かして風俗店に勤務している、という方もいらっしゃいます。
コールセンターの業務でコミュニケーションのスキルが身につくことは言うまでもありませんが、風俗店はクレームが少なからずある業界でもありますので、危機管理能力を求められる部分はあります。どうすれば適切な対応ができるかなどを学べますので、風俗の前職としては意外にうってつけの職業といえるかもしれません。

このようにそれまで無関係だと思えていた前職で得たスキルと風俗業界で求められるスキルが一致する例もありますので、決して早合点せず、もしかしたら風俗店は自分に合っているかもしれない、という気持ちで臨んでみるといいでしょう。まずは【俺の風】で仕事探し!ご自身が気になるお店があれば、連絡してみましょう。

未経験のための高収入男性求人『俺の風』

The following two tabs change content below.
Pascha-Egg

Pascha-Egg

東京と大阪を行ったり来たり。出張多めの風俗ライター。バイクが趣味でしたが最近はめっきり電車移動で睡眠時間確保!肉汁たっぷりのハンバーガーが好物。