風俗店員・男性スタッフにお客様が求めていること【男子風俗求人】

風俗店では、キャストの女の子の質はもちろん大切ですが、それと同じくらい、もしくはそれ以上に男性スタッフの質の良さが大切です。いくら女の子が可愛かったり感じが良かったりしても、男性スタッフの態度やマナーが悪いと、それだけでお客様がリピートしてくれる可能性を下げてしまいます。そこで、お客様は男性スタッフに何を求めているのか?お客様が思わずリピートしたくなる男性スタッフってどんな接客をしているのか?について今回はご紹介していきます。

風俗店員・男性スタッフにお客様が求めていること【男子風俗求人】

男性スタッフがお客様と接するタイミングっていつ?

風俗店に行ったことのない方は、「風俗店の男性スタッフって、お客様と接するタイミングはあるの?」「お客様の相手をするのはキャストの女の子の仕事じゃないの?」と思われるかもしれません。ですが実は、男性スタッフもお客様とガッツリ接するシーンがあるんです。

店舗型の場合

ソープランドやファッションヘルス、ピンクサロン、セクキャバ(おっパブ)のような実店舗を構えている風俗店では、男性スタッフは受付でお客様対応をします。このときのご案内や態度で「本当にここで遊ぶかどうか」を決めるお客様もいるので、店に入ってきたからといってイコール集客ではありません。実際の売り上げを左右する最初の段階という、とても重要なポジションです!
また、内勤スタッフがお客様の送迎ドライバーも兼任しているお店なら、送迎時のご挨拶やご案内もする必要が出てきます。

派遣型の場合

デリバリーヘルス(デリヘル)や派遣型風俗エステのようなお店は、実店舗を構えていません。事務所内で電話対応をするのが男性スタッフの仕事です。そのため直接お客様と対面することはありませんが、電話での受け答えやコース料金のご案内などがとても重要になります。

ご案内次第で集客UP!

男性スタッフによる女の子のご案内はとても重要!というのも、プロフィール写真を見るだけではどの女の子を指名するか決められないお客様がほとんどだからです。特にモザイクが濃いめだったり、プロフィール欄がない女の子の方が多いので、お客様は何を基準に選ぶか迷っている場合が多いです。

男性スタッフはそうしたお客様の悩みを踏まえた上で、「〇〇ちゃんは明るくて話し上手な子なんですよ」「△△ちゃんはちょっとおっとり癒し系なので、やさしく話を聞いてくれる子なんです」といった感じで女の子を紹介しつつ、お客様の好みを聞き出してマッチングしていきます。ここでの男性スタッフのトーク次第で、お店の売上やリピート率が決まるといっても大袈裟ではないくらい、男性スタッフの接客は大切な要素です。

こんな男性スタッフは嫌われる!

態度が悪いとプレイ&リピートにも影響が…

受付スタッフの態度が悪かったり、言葉遣いが悪かったりすると、当然お客様に嫌われてしまいます。「このお店は男性スタッフのマナーが悪いからもう使いたくない」と思われてしまうことも。風俗店には限りませんが、社会人としての最低限のマナーは必要です。

また積極的すぎるトークも、まだ常連でないお客様には敬遠されがちです。お客様の女の子の好みをまったく聞かずに「お客様には絶対この子が合います!」と無理にオススメしたりしてしまうと、お客様は引いてしまうかも。

受付の対応が悪いとお客様のテンションが下がった状態で、女の子が接客しなければなりません。仕事熱心で明るい子ならなんとか盛り上げられるかもしれませんが、初心者の子や慣れてない子には「不機嫌そうなお客様」につくのはけっこう厳しいものがあります。本当のサービス力の半分も出せずに終わってしまうかも…。
そうすると結局「受付も最悪だったし、女の子もイマイチだった」となり、お店にリピートすることはないでしょう。

良い受付だとこんなメリットが!

逆に、丁寧で親切なご案内ができたとしましょう。そうするとお客様は「風俗店のわりには良い受付だったな」という安心した気持ちで女の子とご対面となります。万が一女の子がお客様の好みでなかったとしても、「今日の女の子はちょっとハズレだったけど、親切な受付だったから、また利用してみようかな」と思う方もいます!

実際にそういうことの積み重ねで「女の子もいいけど、そもそもお店が好き」という理由で常連になるお客様もいるので、きちんとした対応はメリットたくさん!良いことは増えて、デメリットがないので、まじめに接客するに越したことはありません。

お客様の心を掴む男性スタッフ接客法

風俗店にいらっしゃるお客様が思っているのはだいたい2つ。「可愛い女の子と出会いたい、仲良くなりたい」「自分だけ優遇されたい、選ばれたい」ということ。なので、この2つの気持ちが満たされるような接客をしてあげれば、お客様の心をガッチリと掴むことができます。

まずは、お店に興味を持ってくれたお客様の好みをしっかり聞き出すこと。自分ばかりしゃべるのではなく、会話の8割はお客様がしゃべっていた、というくらいに聞き役にまわりましょう。そして好みをしっかり聞き出せたところで、「そんなお客様にぴったりの可愛い女の子がいるんですよ」「お客様が絶対気に入りそうな、明るく話の面白い女の子が実はウチにいるんですよ」と勧めていきます。

勧めていく中での言い方にもちゃんとコツがあります。「いつも空いているわけではない人気の女の子なんですけど、今日はたまたま空いているんですよ」「お客様ラッキーでしたね」という感じで、特別感、運が良かった感を強調した言葉遣いをしてみましょう。そうするとお客様も「このチャンスは逃さないほうがいいかも」「自分だからこそ引き当てられたのかも」と選ばれた感を感じてお店に入ってくれること、間違いなしです。

まとめ

男性スタッフは、女の子よりも先、いちばん最初にお客様と接することになります。いわば隠れた「お店の看板」みたいなもの。男性スタッフがお客様の期待に応えられるかどうかで、お店の売上が変わってくるといっても過言ではありません。お客様が求めていることをしっかり読み取って、お客様に好かれる男性スタッフを目指しましょう!

当サイト『俺の風』では、風俗店の男子スタッフやキャバクラのボーイ(黒服)、デリヘル送迎ドライバーなどの男性求人を掲載中です!新規募集も随時更新!就職・転職などのお仕事探しはぜひ当サイトをご活用ください。

お仕事探しは『俺の風』で!

The following two tabs change content below.
アルフ

アルフ

どんなジャンルの仕事もそつなくこなすクール系と見せかけて、風俗記事のライティング時は仕事にかける情熱がハンパなくなるファイター。最近はハリネズミに癒されています。