風俗業界はブラック!?世間のイメージと実情を徹底解析!

本当にブラックなのか?風俗業界のイメージと実情

風俗業界はブラック企業が多い?

風俗業界は高収入求人が多いことで知られています。
あまりに高収入であることで興味を持つ方がいる一方、長時間労働やいきなり店長を任されるなど重い責任を負わされるのではないかと思われている方が多いようです。あまりの激務さに転職を決めたという体験談などもあり、世に言うブラック企業に違いないと思われているフシもあります。
このようなネガティブなイメージが広がったのはどうしてなのでしょうか。
そして、実際の風俗業界は、世間一般に信じられているようにブラック企業ばかりなのでしょうか。風俗業界にまつわるイメージと本当の実情を確かめてみましょう。

慢性的な人手不足

ご存知かもしれませんが、風俗業界は今や一大レジャー産業となっています。
市場規模は5兆円を優に超え、旅行業界などをしのぐほどになっています。
一気に市場規模が拡大したため、店舗運営に関わるスタッフは常に不足している状態で超売り手市場です。風俗店のなかには、その日その日でなんとか運営できればいいと考える経営者がいるのは事実です。そのような経営者が運営する風俗店では、普通に長時間労働が行われ毎日激務に追われるのは当然でしょう。
しかし、そのような経営を続けていると、スタッフやキャストに見限られ、さらなる人手不足で立ちいかなくなってしまいます。このように淘汰されていった風俗店は枚挙に暇がありません。
風俗業界には、このような風俗店だけでなく、運営方法を工夫することで人手不足を乗り越えたホワイト企業もたくさんあります。最小限の人員で店舗運営を行えるノウハウを身につけ、頑張る優秀な人材は正しく評価し高収入を与えることで人心を掌握する力にも長けています。

正しく評価され頑張れば高収入を得られることから、ホワイト企業の従業員の満足度は高く運営する店舗が提供するサービスも最高ランクです。そういうホワイト企業は、人材募集に苦労しなくても人が集まってきます。
そのため、8時間勤務や完全週休2日制が普通となり、一般の企業より手厚い福利厚生を実現しているグループ店も多くなってきました。
長時間労働が普通であったブラック企業並みの風俗店が消えていく一方、一流企業よりずっとホワイトなグループはさらに規模を拡大させています。
昔ながらの長時間労働や激務といったイメージは、すでに過去のものとなりつつあるのです。ブラック企業がないわけではありませんが、それは一般企業でも同じことなのではないでしょうか。

裏の社会との関係

ネガティブなイメージをもたれる原因の1つに、裏の社会と関係があります。
昔の映画やドラマなどには、借金のカタに娘や恋人が泡に沈められるといった設定が山ほどありました。映画やドラマの擦り込みで、風俗業界は裏の社会とつながりがあると思われている方も多いようです。暴対法などができて以来、裏の社会と関係があるような風俗店は営業できなくなっています。
一般社会でも反社会勢力がどんどん排除されつつありますが、それは風俗店でも同じことです。法令を遵守できない風俗店は、営業ができたとしてもまともな広告を行うことすらできません。
広告を出すことができないことで客を集めることができず、どんどん淘汰されているのが実情です。
現在、風俗店では、ネガティブなイメージを一掃しようと、一般企業以上に法令遵守する店が増えてきました。表立って反社会勢力と関係があることがわかれば、今では営業を行うことすら難しいでしょう。
最近では、一流企業で活躍していた方が風俗店を手掛けることも珍しくなくなっています。これだけ隆盛を極める風俗業界なのですから、事業を始めたとしても何もおかしいことはありません。このような傾向に拍車がかかれば、さらに健全な風俗店が増えていくことでしょう。

ハードではないが楽でもありません

風俗業界は、収入は高いかもしれないけど激務でハードから続けられそうにないと思われている方が多いようです。
転職する場合でも、最初から検討リストに入れないという方も少なくないようです。一昔も二昔も前のネガティブなイメージに左右され、せっかく良い環境の職場があるのに最初から検討しないというのはもったいない話ではありませんか。
確かに、いまだに長時間労働であったり、ハードな労働環境の風俗店がないわけではありません。しかし、今では、8時間勤務や完全週休2日制の風俗店が一般に思われている以上に増えています。
長期休暇が普通に取れたり、生涯学習を支援する制度があるなど、一般的な企業より待遇の良い風俗店も珍しくありません。もしかしたら、普通のサラリーマンより、よほど厚待遇で仕事をしているのではないでしょうか。

もちろん、仕事ですから、ハードではないとしても楽ではありません。仕事をする上で悩んだり落ち込むこともあるでしょう。しかし、それは普通のサラリーマンをやっていても同じなのではないでしょうか。
頑張れば評価してくれる風俗店のほうがやり甲斐があるかもしれません。

優秀な人材が求められています

風俗業界では、これまでにない人材が求められています。
これまでのイメージから脱却するためには、これまでにない人材が必要だからです。優秀な人材といっても、高学歴や優秀な経歴が求められているわけではありません。有名大学を出たなどの学歴は一切必要ありません。必要なのは大人の社会人としての一般的なマナーと真面目さ、そしてある種の勘の良さです。
風俗業界は一般の業界と違い、法規制が厳しいため大々的な広告を出すことはできません。通常の方法が使えないわけですから、集客するには少し頭をひねらなければなりません。どの媒体の広告を出せばいいのか、どのようなキャッチフレーズを使えばいいのか、写真やバナーはどうするか…など、考えなければならないことはたくさんあります。
これらのことを最初からそつなくこなせる人はそれほどいません。
必要なことは、一般的な常識を持ち、新たなことを考える努力を惜しまない真面目さです。上で挙げたことは、自分で解決しなくてもアウトソーシングすることもできれば、誰かに知恵を授けてもらうこともできます。自分に力がなくても解決方法はいくつもあるのです。
考え続けることを諦めない人が優秀な人材だと言えるかもしれません。

必要とされるのはコミュニケーション力

風俗業界で成功するためには、コミュニケーション力は必要な力です。
お客様からの問い合わせの電話に、いかに適切に対応するかによってお店が繁盛するかどうかがかかっています。お客様の言葉から必要な情報を汲み取り、その情報に照らし合わせ最適なセールストークをする必要があります。お客様の問い合わせに適切に対応できなかったとしたら、せっかく関心を持ってくれたお客様を逃がしてしまいかねません。
キャストのマネジメントにも、その時々で適切な対応が必要です。これは何も風俗業界に限らず、一般の会社でも同じかもしれません。

ネガティブなイメージを持たれている風俗業界ですが、スタッフの待遇は並の企業よりずっとホワイトです。
そして、求められる人材も一般企業と変わらなくなってきました。
求められる人材が一般企業と変わらなくなっているのなら、一般の企業の長時間労働で四苦八苦しているより、風俗業界で上を目指す方がよほどやり甲斐がありそうです。

【俺の風】には、週休2日制の男性求人も多数掲載しています。仕事とプライベートをしっかり分ければ充実した生活が送れます。

週休2日制の求人