風俗業界で出世できる男性と出世できない男性の違いとは

どこの業界や企業でもスタートラインはみんな同じ「新人」ですが、数年もたつと業界未経験から始めたにも関わらず、一歩先に出世する人が現れてきます。出世できる人とできない人は、何が違うのでしょうか? 風俗業界で出世できる男性のポイントをご紹介しましょう。

1. しっかりと仕事に取り組むことができる

風俗業界は多くの店や会社が存在し、かなり競争の激しい業界です。風俗業界をメインで支えるのは女性ですが、店やサービスをプロデュースし、メインキャストである女性へのサポートをしっかり行うのは男性の仕事。裏方なので地味な仕事が多いのですが、なくてはならない役割なので、真面目に熱意を持って仕事に取り組む必要があります。

風俗業界の男性スタッフは定着率が低めで回転が早いのが特徴です。しっかりと腰を据えて、働き続けられる人が求められています。昼職でも必要とされる「真面目に仕事に取り組む」という姿勢を持っていると、それだけで出世への道が開けます。

2. 風俗業界での目標を持っている

出世する人は目標を持っています。たとえば「店長になりたい」「年収1000万プレイヤーになりたい」「いつかは自分の店を持ちたい」など。明確な目標があれば、そこまでに何をすればいいのか見えてきます。
漠然とした目標だけではなく、そのための道筋や期限など、より具体性を持たせるよう心がけるのが出世を目指すコツとなります。

「年収1,000万」を目標にするにしても、とりあえず言ってみただけの目標と、計画性のある目標とでは説得力が違います。何年後に達成するのか、そのために身に着けるスキルや知識は何か、1年後・2年後・3年後の目標年収など。具体性があるほど、出世に近づきます。

目標まであまりに遠すぎるとモチベーションの低下は避けられません。特に年収1,000万という目標は時間がかかりますので、長期的な目標達成以外にも、短期的な目標設定が大切です。

3. コミュニケーション能力が高い

風俗は接客業ですから、コミュニケーション能力は必要不可欠です。店に来る客への接客マナーはもちろん、店の女の子のシフト管理やトラブル解決も男性スタッフの仕事。店の女の子は客の前では笑顔ですが、バックヤードでは疲れてとげとげしい態度を取ることも少なくありません。彼女たちの不平不満を上手に聞いて、トラブルを解決する能力も求められます。

さらに、女性スタッフだけではなくお店全体をグイグイと引っ張っていくようなリーダーシップも大切です。ポジティブ思考で前向きに現状改善・売上拡大を目指せると出世に近づくことができるでしょう。ただし、リーダーシップを存分に発揮するためには周囲との信頼関係が必要ですので、コミュニケーションは欠かさないようにしましょう。

仕事ができる人がどんな特徴を持っているか、ご紹介しました。何も特別な能力が必要なのではなく、仕事に対する熱意が重要です。具体的な目標を持つことで、熱意が生まれるので「こうなりたい」という目標を見つけることが出世への第一歩です。

当サイトでは業界未経験でも、学歴・経歴不問で歓迎している男性求人を多数掲載しています。どんな仕事があるのかを知るのもまずは一歩!ぜひお仕事探しの参考にお使いください。

未経験OK!男性求人を見る

The following two tabs change content below.
F-Shrimp

F-Shrimp

スーツより小物(靴や時計)にこだわる元ファッション系男子。海外旅行でグルメにハマり常に各地を旅したいと思っている風俗ライター。趣味は美味しい洋食屋とアジア料理屋巡り。