“#新社会人へのアドバイス”をどう受け取った?連休明けに差をつけよう!

Twitterのハッシュタグで「新社会人へのアドバイス」があふれかえる時期ですが、その情報の精査をするのは実際の新社会人には難しいかと思います。人は欲しい情報しか見えない!連休明けに飛ぶ(消える)人々になるかならないかはあなた次第。

#新社会人へのアドバイス

4月になったとたんTwitterで「#新社会人へのアドバイス」のタグ付きツイートがすごい勢いで発生し、春の訪れを感じました。チラッと見ただけでも玉石混交、中にはタグ使用者を「何様だ」とディスる空リプまで発掘され闇も感じた今日この頃。リアルな新社会人の皆様はいかがお過ごしでしょうか。

ツイートの内容はだいたいこんな感じ。

お役立ち系

・仕事では自分の代わりはいるので無理をしない。(健康面などで)自分自身の代わりはいない。
・セルフケアをきちんとしよう
・挨拶をきちんとしよう
・仕事のことをツイートすると身バレするからやめよう
・ほうれんそう(報告・連絡・相談)は大事
・出すのは「辞表」でも「退職願」ではなく「退職届」
・辞めても次が決まってないとしんどいだけのでまだ辞めるな
・プライベートのことはあんまり話すな
・最低睡眠時間は寝ろ

ネガティブ系

・早く辞めろ
・楽しい仕事なんてない
・会社はクソ
・お前なんて社会の歯車だ
・若いうちの苦労は買ってでもしろ

ポジティブ系

・楽しいことややりたいことをして稼げる人もいる
・未経験OKの仕事は世の中にたくさんある
・会社に行けばお金がもらえると思うとラッキー
・社会の歯車=必要なパーツ。歯車にもなれないやつよりマシ
・いらない苦労はしなくてよくない?
・お金が手に入るとやりたいことができるようになる、大人最高
・週末のビールがうまい

見たいものしか見えない

正直、入ったばかりで右も左もわからない状況なのに、そのアドバイスが本当に良いことなのか・悪いことなのか・そもそもリアルなのかなんて、わからないと思います。

さらに人間は「見たいものしか見ない」習性があるので、自分に都合の悪い情報はたぶん視界に入ってもスルーしてると思うんですよね。ネガティブな情報ばかりチェックしてしまう人は、心のどこかにうっぷんが溜まってるんじゃないかなと思います。「ほんとは働きたくない」とか。

この状況になっていると、立派な社会人が素晴らしいポジティブアドバイスをつぶやいていても、どこの馬の骨だか知らん誰かの「だから会社はクソ」みたいなネガティブツイートの方に興味を惹かれ、「ほらやっぱりクソだ」とニヤニヤするという負の連鎖に堕ちていきます。人は堕ちるときはとめどなく堕ちるのでどうか気を付けてください。

ついでに「挨拶は大事」はガチです。こんな当たり前のことをツイートされるほど、挨拶もろくにできない人間が多いのだと思うとやりきれませんね。

「俺の風(おれのかぜ)」をご覧の皆様ならなんとなくイメージすると思うんですけど、風俗業界って変な人が多そうじゃないですか?(※あくまでイメージです)
実際「ちょ…おま…」みたいなトンデモ人間が面接に来たりしているようです。つまり、一般常識があってふつうに挨拶ができるだけでちょっとレアみたいなところもあると言えます。これはチャンス!まさに「普通のあなたで大丈夫」という求人フレーズそのものです。

どうせ「見たいものしか見えない」なら、自分のプラスになり、テンションが上がるような情報をインプットしていきたいところです。愚痴や不満はカギ付きのSNSなり友達なりに話してアウトプットしていきましょう。どこかの誰かの愚痴や不満を自分の中にインプットしていく必要はないのです。

正直まだわからないよ

とはいえ4月の頭にしてすでに「もうこの職場アカンかも」と思ってしまった人もいるとは思います。新卒カードがきくうちに早めの転職を検討し始めた方もいるのでは…。

ですが、一応ちょっと待った!

自分はかつて面接のときにベテラン女性経営者に「仕事は3週間で慣れます。3ヵ月もすれば1人前ね」と言われたことがあります。何人もの従業員を見てきた彼女が言うのだからきっと平均3週間で新人は仕事に慣れるのでしょう。

言われたときは「3週間で覚えられなかったらどうしよう」と不安しかなかったのですが、案外イケました。大丈夫でした。もちろん日々新しい出来事や覚えることは増えていくのですが、3週間の間に基礎がだいたいできるのであとは慣れていくだけです。

そして魔の3ヶ月目も無事に乗り越えました。この時期は慣れがでたために「ダレる」という現象が発生するのですが、ちゃんとやりがいや目的を見つけたり、責任を感じるようなことがあるとシャキッとします。恋愛も3ヵ月目が最初の難関とかいいますし、3ヵ月って期間は何かあるんでしょうね。

もちろん業種によってこの期間は違うと思いますが、とりあえずそれくらいいないと職場のことや人のこと、仕事のこともわからないのでは?と思います。

なので「殴られる」「言葉の暴力を受ける」「給料が遅れる」「上の人間がヤバい」「生理的に無理」というような本気のブラック・合わない職場でない限りは、ちょっとだけ、せめて4月~5月の間だけでも、様子を見た方がいいかもしれません。#新社会人へのアドバイス

※↑「生理的に無理」はほんとに存在するので、この場合は1週間で飛ぼうが誰もあなたを責められません。無理して体を壊すよりはるかにマシです。くれぐれも無理はなさらないでください。

GW明けに消える人々、輝く人々

これは社会人に限らず学生でも起こる現象。そう、新生活に入って初めての大型連休(ゴールデンウィーク)で何かネジが外れてしまい、連休明けにいなくなる人種が存在します。教室のアイツ、社内のアイツ、サークルのアイツ…。彼らはもといた場所から立ち去ったきり二度と戻ってきません。

そうした人々は周囲との交流も浅いので、その後どうなったかを誰かが知るはずもなく…。どこかで元気に生きているならいいですが、せっかく手にした職(や学校)を離れていくあてもない無駄な期間を過ごしているならもったいないことです。

これを読んでいる皆様は、連休明けにどこかに飛ぶことなく、むしろ英気を養ってバリバリやりたいことでお金を稼いで休み前にうまいメシと酒でヒャッハーする楽しい人生を送っていただきたい!
飛ぶなら飛んだで、より良い就職先を見つけてバリバリやりたいことでお金を稼いで以下同文!

今いる場所で悩んでいる人も、いつかその沼から出てヒャッハーな時間を過ごす時が来ます。
でもそれは、沼に自ら沈んでいくようではたどり着けない境地です。

就職・転職で迷ったときにきくアドバイスは、Twitterのハッシュタグでもいいですが「誰が(どんな人が)・どんな立場で・どういう状況で発した言葉なのか」をちょっと意識してみてください。
当サイト「俺の風」では、実際に高収入の風俗業界で働く人々が、それぞれ役職のついた責任ある立場で、インタビューに応えてくださっています。

「風俗はちょっと…」としり込みしてしまったあなたも、「ほんとはちょっと興味がある」というあなたも、「むしろ風俗業界で働きたい」というあなたも!ぜひ一度現場のリアルな声の記録をご覧ください。

実録!風俗店員インタビュー

「俺の風」ではこうした風俗業界の求人情報を随時掲載しています。
本気で未経験OKの仕事ばかりなので、少しでも気になった方はぜひ、沼から出る一歩を踏み出して応募してみてください。それでは良い新生活を!

男性求人をお探しなら『俺の風』で!

 

 

The following two tabs change content below.
ZAWA

ZAWA

ブラック会社からの脱出に成功した経験を持つライター。転職は「妥協・諦め」ではなく「意欲」が大事だと実感している。猫好き。おっぱい星への片道切符を握りしめている。