ノンバーバルコミュニケーションで好印象を!風俗業界で重要な人材へ

風俗業界で男性スタッフとして働いていくには、お客様やほかのスタッフに好印象を持ってもらわなければなりません。そこで活用したいのがノンバーバルコミュニケーション。言語以外の所作で相手に好印象を与える方法をご紹介いたします。

風俗業界で働くうえで大切なのは、「お客様に好印象を与える」ということです。お客様は男性スタッフの態度や印象を見て、そのお店を利用するかどうか決めることがあるからです。
好印象を与えるために活用したいのが、「ノンバーバルコミュニケーション」。今回はノンバーバルコミュニケーションの内容と、上手に活用して相手に好印象を与える方法をご紹介いたします。

ノンバーバルコミュニケーションとは

コミュニケーションには話し言葉や文字などの言語(バーバル)で行うものと、顔の表情、声色、身体の振る舞いなどの非言語(ノンバーバル)で行うものの2種類があります。
アメリカの心理学者アルバート・メラビアン博士の実験によって、話し手の印象は言語ではなく、非言語のコミュニケーションが大きく影響することが分かりました。さらに、実験結果によるとバーバルコミュニケーションによって伝わる内容はわずか7%で、残りの93%はノンバーバルコミュニケーションによって相手に伝わるというのです。
ノンバーバルコミュニケーションによって相手に伝わるものには、「見た目」「しぐさ」「表情」などといった視覚情報と「声の質」「声の大きさ」などの聴覚情報があります。
これらの非言語的な要素を上手に活用することで、相手に好印象を持ってもらえるのです。

ノンバーバルコミュニケーションで好印象を与えるテクニック

うなずき

うなずくことは基礎的な動きだと思うかも知れませんが、意外と大切です。自分がどれだけ真面目に話を聞いていても、無反応だと話し相手は「ちゃんと聞いているのだろうか」と不安になります。
話し相手に「ちゃんと話を聞いていますよ」ということを示し、意識的にうなずくことが大切です。
これはお客様のご要望を聞くときだけでなく、例えば女性キャストからプレイ内容やお客様のことで相談を受けたときなどに、相手に安心感を与える方法として非常に有効です。

話すスピードや声の大きさを調整する

いくら良い話をしていても話すスピードや声の大きさが原因で、その人の印象を左右する場合もあります。
話すスピードが速くなると相手にせっかちな印象を与え、逆にゆっくりすぎるとマイペースな印象を与えてしまいます。話すスピードが速い人は、場合によってお客様にプレイ内容や禁止事項が伝わらないこともある為、注意が必要です。
声が大きな人は元気がある印象を与えることができますが、粗雑に聞こえてしまう可能性もあります。反対に声の小さな人は神経質で繊細な印象を与えかねません。
話すスピードや声の大きさは自覚しにくいことがあります。同僚や友人などに普段の声の大きさを聞いておくと良いでしょう。

視線を合わせる

接客などをしているときにも、視線をしっかりと合わせることは重要です。相手の話を聞くときはもちろん、話すときにも視線を合わせることで誠実な印象を与えることができます。
「人と目を合わせるのが苦手……」という方は相手の鼻先を見るようにすると良いでしょう。相手は「自分の目を見て話をしてくれている」と錯覚するので、効果的な方法です。

好印象を与えて仕事に活かそう!

風俗業界で男性スタッフは、お客様に好印象を与えなければなりません。身だしなみを清潔にするのはもちろん、お客様に接客態度などで不信感を持たれてしまうと、店の信頼も失ってしまいます。
ノンバーバルコミュニケーションを意識して実践することで、相手に好印象を持ってもらうことができます。
上記に挙げた方法を参考に、仕事に活かしてみてください!

【俺の風】では、話し上手も聞き上手も働きやすい求人を取り揃えています。
気になった方は是非、お近くのエリアから絞り込み検索をして自分に合った会社を見つけてください!

自分の持ち味を活かした仕事なら【俺の風】で探そう!