タトゥーが入っていても風俗スタッフとして働ける?注意すべき点は?

体にタトゥーがある場合、風俗スタッフとして働くことは可能なのでしょうか? 風俗店の男性スタッフの求人には「タトゥーOK」と記されているものも多くあります。タトゥーがある男性が働くときに気をつけたいポイントについて紹介します。

体にタトゥーや和彫りなどが入っている場合、風俗スタッフとして働くことはできるのでしょうか?
世の中には、タトゥーを入れていると不採用になってしまうという職場もあります。「人は見た目ではなく内面」といいますが、見た目が周囲に与える印象というのはやはり大きいといえます。
今回は、タトゥーを入れている男性が風俗店スタッフとして働けるのか否かについて、またタトゥーがある人が働くときのポイントについても探っていきましょう。

タトゥーOKの求人は意外と多い!

「タトゥーOK」と記されている風俗スタッフ求人は意外と多いもの。男性スタッフはスーツで働くという風俗店もあれば、私服OKという風俗店もあります。いずれにしても、タトゥーOKの求人を出しているお店のほとんどは「服からタトゥーが見えなければ問題ない」と考えています。

ファッションとみなすことができるサイズのタトゥーなら、見える位置にあっても問題ないというお店も少なくありません。自分らしく働くために、タトゥーに寛容な求人を探すのもおすすめですよ。

タトゥーはできるだけ隠すようにする

風俗店の男性スタッフは、お客様を誘導案内する接客業です。お客様の中には、タトゥーに不安感をもつ人もいるので、極力隠すなど配慮をしたいものです。

また、タトゥーがあると風俗キャストの女の子に怖がられてしまうこともあります。最近は、女子大生や社会人といった普通の女性が風俗キャストとして働くケースも増えてきました。面接にやってきた女の子に「怖いお店なのでは?」と思われてしまうことのないよう気をつけたいですね。

面接時や採用後に気をつけたいポイント

「タトゥーがあると採用されないのでは?」という思いから、面接のときにタトゥーを自己申告しない人もいますが、これはNGです。タトゥーを入れていることがあとあと判明すると、周囲に悪い印象を与えてしまうことになります。面接のときには「タトゥーがありますが、働けますか?」と誠意を持って尋ねるようにしましょう。

採用後にも、タトゥーを周囲の人におおっぴらに見せて回るような行為は避けましょう。長く働いてしっかりと稼いでいくためには、衣服でできるだけタトゥーを隠し、余計なトラブルを避けるようにするのが正解です。

熱意を持って仕事をすることが大切

風俗店の求人の多くは、学歴や職歴をあまり重視しません。風俗業界はいわゆる実力主義で、これまでの経歴ではなく、どれだけの成果をあげるかを重要視しています。お店としては、タトゥーが入っていても、やる気を持って真面目に働いてくれれば問題ないわけです。
実際、タトゥーが入っている男性スタッフであっても、短期間で店長業務などの重要なポストを任される例は数多くあります。

タトゥーを入れていても採用される可能性が高いというのが、風俗業界で働くメリットのひとつといえます。
大切なのはタトゥーのあるなしではなく、熱意を持って働けるかどうかです。タトゥーがあっても働きやすい風俗業界で自分の力を思う存分発揮し、ガッツリと稼いでいきましょう。

稼げる仕事探しは『俺の風』!

The following two tabs change content below.
F-Shrimp

F-Shrimp

スーツより小物(靴や時計)にこだわる元ファッション系男子。海外旅行でグルメにハマり常に各地を旅したいと思っている風俗ライター。趣味は美味しい洋食屋とアジア料理屋巡り。