キャバクラのボーイと風俗店員、あなたはどっちが向いてる?

ナイトワークをはじめてみたいけど水商売でキャバクラのボーイと、風俗店員という選択で迷っているという方のために、キャバクラのボーイに向いているタイプの男性と風俗店員に向いているタイプの男性を紹介していきたいと思います。自分がどちらの職業に向いているかをチェックしてみてくださいね!

風俗店員・キャバクラボーイはどちらも裏方のお仕事です

風俗店員でもキャバクラボーイであっても、ナイトワークの中では裏方の職業になります。
水商売であればキャバクラ嬢を、風俗であればキャストをより輝かせるための存在であるという認識で裏方に徹する必要があります。

どちらの職業も「自分が目立ちたい!」という方にはおすすめができない職業ということはお伝えをしておきたいです。
ですがキャバクラのボーイの場合は、女性と一緒に席を盛り上げるためにお酒を一緒にごちそうになることや、席についてお客様を接待するという場合もあります。

風俗店員に向いている人

ナイトワークが未経験の人や、接客業がはじめてという人にも風俗店員の仕事はおすすめです。
キャスト女性との会話は少なく、男性客に接客する時間のほうが多いです。

風俗店員はキャスト女性の管理をアナログ式に担当していくことはなく、出勤管理などは全てお店のスマートフォンで一括して管理しているお店が大半です。
仕事とプライベートをしっかりと分けたい!という人にもおすすめです。

また、お客様には各キャスト女性のおすすめできる点や、女性の特長などをいかに魅力的に伝えることができるかという要素も必要になってきます。プレゼン能力に長けている人にも風俗店員の仕事は向いています。

他にもプレイルームの清掃やタオル、シーツの交換なども風俗店員の業務内容にもありますから、意外と体力が必要な職業でもあります。
草食系男子が多くなってる昨今、体力に自信がある!という人は風俗店において貴重な存在とも言えるでしょう。

キャバクラのボーイに向いている人

キャバクラのボーイの場合、風俗店員とは異なりお店の女の子の出勤管理(遅刻をしないようにモーニングコールを入れるなど)や、仕事やプライベートの愚痴を聞いたりすることも多いです。
女性の扱いに慣れているという人や、女性と会話することに慣れていてコミュニケーション能力が高いという人にはおすすめの職業です。

また、キャバクラのボーイはバースデーイベントや通常営業日でも高額のシャンパンが入ったときや、女性が飲みきれないといったときにボーイも一緒に席についてお酒をいただく(フォローする)こともあります。
お酒が強いという人や、男性のお客様の接待もできる!という人は、キャバクラのボーイとして重宝される存在でもあります。
総合的にキャバクラのボーイはコミュニケーション能力が高い人が向いている職業です。

ナイトワークのお仕事がはじめての人

ナイトワークが初めてという人は風俗店員がおすすめの理由は、基本的に覚えたことをそのまま行動に移すという業務が多いからです。
女性を男性客におすすめをする接客や、プレイルームの清掃業務や備品の補充など、未経験でもすぐにできる業務内容が主な仕事です。

普段から社交的でコミュニケーション能力が高い人、普段から気が利くと言われている人には、付け回しの業務などのあるキャバクラのボーイもおすすめです。

迷ったら風俗がオススメ!

自分は風俗店員とキャバクラのボーイ、どちらが向いているのかわからないという人の参考になるような内容を紹介してみました。
それでもまだどちらが向いているんだろう?と悩んでいる方は、風俗店員をお試しでやってみるのがオススメです。
ナイトワーク限らず未知の業界に挑戦するのは、誰でも未経験からスタートしています。ここを最初の一歩として踏み出して頑張ってみてくださいね!

未経験歓迎のナイトワーク求人を探す

The following two tabs change content below.
アルフ

アルフ

どんなジャンルの仕事もそつなくこなすクール系と見せかけて、風俗記事のライティング時は仕事にかける情熱がハンパなくなるファイター。最近はハリネズミに癒されています。