女性が苦手な男子は風俗系の仕事なら克服できる

女性と相対するとなぜか緊張してしまい、何をどう話せばよいか判らずに口ごもってしまう…という男性って意外と多いモノです。ですがほとんどの場合この原因は「女性の前で格好悪いところを見せるわけにはいかない・失敗したらどうしよう」という真面目な性格や責任感の強さからくるもので、それが高じて失敗に対する不安が生じているだけのこと。第三者的に見つめ直せば「まだ相手から何も言われていないのに、勝手に心配している」という、実に意味のない心配だということが判ります。こうした不安・心配の解消法は実にカンタンで、「女性と接する機会を増やしていく」だけで、しっかり克服できます。と、いうことは女性の多い仕事場、「風俗」で働くのが環境的には実は一番!

スタッフならいきなり女性と1対1になることはありません

いくら克服したいからと言っていきなり女性だらけの職場はキツい!と思われたでしょうか?
でも安心してください。いくら風俗系のお仕事とはいえ、スタッフの多くは男性で占められています。

またどちらかと言えばあなたは接客を担当する女の子たちの管理やサポート、教育などを行う裏方なので立場的には対等かそれ以上になることが多いハズ。

まずはそうした環境で「あくまで仕事として」業務上でのコミュニケーションを重ね、次第に相談に乗ったり雑談などをするようにしていきましょう。
業務として女性と接することで自然と接し方に慣れ、自信が持てるようになっていきます。

実は女子も男子を警戒している?同じじゃん!

「風俗で働く女の子って男に慣れててスレた強い子ばっかりでしょ…」
これって完全に男性の思い込みですよね。実際、風俗で働く女の子のほとんどは「普通の女の子」なんです

明るくて元気な女の子もいれば、おとなしくてまじめな子も普通にいます。ドラマや漫画に出てくるメンヘラチックな子や男まさりのヤンキーっていう子はまずいません。

普通の女の子ということは、実は女の子側も「普通」に男性に対してある程度、それなりの警戒心は持っています。
女の子も「風俗で働くような自分を男の人はどう思うんだろう?」と、多少なり不安を持っています。
つまり、あなたが「女の子と喋るの苦手…」という不安を持っていてもそれはおかしなことではなく、誰しも「小さな不安」を持っているもので、風俗の職場はそういう人々がいる環境なわけです。

こうした心理を知った上で女の子と接していけば、むしろ女心まで理解できる器の大きい男になってしまうかもしれません。

最初はショック療法?女性の裸姿って慣れるものなの?

風俗に似た業界でAV映像の編集のお仕事がありますが、彼らが揃って口にするのは「女の裸なんてもう何とも思わない」という驚きの一言です。
確かに映像編集という仕事はモザイク処理など技術的にも難しく、またセンスも問われる仕事ですから、そちらに集中せざるを得ない状況で「女性の裸」と接するわけです。

普通の人からすればなんともうらやましい職業病と言えるかもしれませんが、この「業務上イヤでも女性の裸を見る」というのも女性が苦手なあなたにとっては、免疫力が強化してしまう一石二鳥の仕事なのではないでしょうか?
しかもAVとは違って風俗店は「現場」です。
目の前でスタッフの女の子の裸を見てしまうことが日常の業務になるわけです。最初はいちいち女性の裸にドキドキや恥ずかしさを感じるかもしれませんが、間違いなくすぐに慣れてしまうハズ。
これも女の子に対する苦手意識の克服にもってこいの職場と言える理由の一つです。

一度は風俗のお仕事に男性スタッフとして働いてみることが「女の子が苦手」な人に有効というのがわかりました。
こうした悩みは若いうちに克服した方がいいので、学生で稼げる仕事を探しているならピッタリの業種と言えるでしょう。
なんと言っても悩みや不安を毎日の仕事の中で克服しつつ、何よりも素晴らしいのは「普通以上のお給料」まで手に入るわけですから。女性に対し自信の持てる男になるならば、風俗店のお仕事で間違いナシです。

俺の風」であれば風俗店やキャバクラの男子求人がたくさん載っています。
しかも職場環境が整っている優良店ばかり。
まずは自分が働くエリアにどんなお店があるのかチェックしてみてみましょう!
「俺の風」で求人をチェック!

The following two tabs change content below.
アルフ

アルフ

どんなジャンルの仕事もそつなくこなすクール系と見せかけて、風俗記事のライティング時は仕事にかける情熱がハンパなくなるファイター。最近はハリネズミに癒されています。