【風俗スタッフ向け】面接がうまくいかない?女の子が「思わず入店したくなる」面接テクを紹介!

風俗スタッフとして面接に?来た女の子をうまく入店させるには、どうすればいいのでしょうか。女の子を入店させるには、よほどの面接テクニックがないと無理と思うかもしれませんが、そうではありません。女の子はただ不安なだけなのです。その不安を解消してあげれば、女の子はすぐに入店してくれます。

風俗で働く女の子の心理

風俗店に面接に来た女の子が、思わず入店したくなる面接テクニックをご紹介しましょう。
女の子の心理を分析して警戒心を解いてあげれば安心して入店してくれます。ただし風俗で働こうと思ってる女の子の心理は複雑であることを注意しておきましょう。

思い切って面接に行っても、どうしても不安で入店できないこともあるでしょう。風俗という仕事の特殊性を考えれば無理もありません。
風俗は普通の女の子がすんなり入っていける世界ではないのです。面接する側はそういった女の子の心理を汲み取って不安を取り除いてあげることが大切です。
そのためには面接のテクニックというよりもそれ以前に考慮すべきことがあります。

極論を言えば、面接のテクニックは必要ないと言っていいでしょう。
なぜなら女の子は風俗で働く気で面接に来ているからです。こちらが説得して店で働いてもらうわけではないので「巧みな話術」であるとか「魔法の言葉」のような面接テクニックはいりません。

それよりも大切なのは女の子の不安を取り除いてあげることです。
不安さえなければ女の子はその日のうちに入店を決めてくれるでしょう。では、女の子はどんな不安を抱えているのでしょうか。

具体的な不安の内容

多くの場合、女の子は風俗でどんなサービスをするのかを知った上で面接に来ています。
知り合いに風俗で働く女の子がいて、その子から聞いたのかもしれません。あるいはネットで調べてみたのかもしれません。

どちらにしろその女の子が得た情報の中に、不安に感じる部分があるわけです。たとえば「お客様から乱暴に扱われるのではないか」とか「本番を強要されるのではないか」とか「病気の心配」などです。
また、風俗店で行うサービスをこれまでは彼氏という心を許せる相手にしかしたことがない女の子がほとんどです。

しかし風俗店で働くにはそのサービスを好きでもない人にしなければなりません。そういった嫌悪感も女の子が入店をためらう大きな理由となっていることは容易に伺えます。このような不安材料をひとつずつ解消してあげることが女の子の入店に結びつきます

女の子の不安を解消させるコツ

具体的に不安を解消させるポイントを紹介していきます。

まず、面接する場所の照明を明るくしましょう。薄暗い場所で面接すると、それだけで女の子は不安になります。そして面接者以外の男性はできるだけ同室させないようにしましょう。
ただでさえ不安なのに、周囲に男性が多いとよけいに不安になります。

店のシステムと安全対策について説明しましょう。
安全対策とは、お客様に乱暴に扱われたり本番の強要はないことと、病気の心配もないことです。店には常に男性スタッフがいるので、何かあれば声を上げればすぐに駆け付けることを伝えれば安心するでしょう。

風俗店のサービスを彼氏以外の人にしなければならない点についてはそれが風俗の仕事であり、それに見合った収入を得られることを説明すれば、少なからず納得してくれるはずです。また、未経験の女の子にありがちに思われているのが、男性主体のハードなプレイをするんじゃないか、ということです。スタンダード店であれば基本的に負担が少ないソフトプレイなので、そこもしっかり説明しましょう。

大切なのは、このような説明を明るく誠実に話すことです

もちろん話の内容に嘘があってはいけませんし、強引に入店させるような雰囲気などもってのほかです。女の子は風俗で働きたくて自分から面接に来ているのですから、「安心できる。信頼できる」と思ったらすぐに入店してくれます。

女の子が面接しても入店を断るのは、不安があるからです。店の雰囲気や店のシステムのほかに、風俗という仕事に対する不安や嫌悪感があることも考えられます。
女の子が抱いている不安を解消してあげることが入店につながります。これこそが最高の面接テクと言えるでしょう。

俺の風』では、風俗スタッフとして働く上で有益な情報ブログを更新しています。
知識を蓄え、高収入を稼げる男を目指していきましょう。

『俺の風チャンネル』をチェック!

The following two tabs change content below.
アルフ

アルフ

どんなジャンルの仕事もそつなくこなすクール系と見せかけて、風俗記事のライティング時は仕事にかける情熱がハンパなくなるファイター。最近はハリネズミに癒されています。