未経験者向け!風俗スタッフの面接までの流れと心得!!

「風俗スタッフ求人の応募方法は?」「準備物は?」などの疑問にお応えして、今回は風俗業界で面接を受けるまで流れや、心得をご紹介します!!

未経験者向け!風俗スタッフの面接までの流れと心得!!

今回は風俗業界未経験者の方のための面接までの流れと準備物、心得などをご紹介します。
風俗店のスタッフの応募が初めてという方はさまざまな不安を抱えていることだと思います。
「面接の時に必要なものってなんだろう…」
「最初の連絡ってWEB?それとも電話?」などの疑問を解消します。

自信を持って面接に挑めるように前日までに準備物をしっかり用意して、
晴れやかな気持ちでお店の門をくぐりましょう!!

 

~風俗スタッフ求人の問い合わせについて~

月収50万円稼げるようになりたい!風俗店でバリバリ働きたい!と思っていても、
最初のこの段階がおざなりになってしまっては、先方に印象良く迎え入れてもらえません。

「風俗業界」といえば昔から、コワいお兄さんが多いようなイメージを持たれていますが、
実際はそういったお店は非常に少なく、いるのは一般企業に勤めていた方ばかり。
だからこそ一般常識的なビジネスマナーが必要です!

面接での採用基準はそれほど高くはなく、情熱がある男性ならどなたでも採用!と言われることが多いですが、
やはり、より高収入の大手グループや高級店などは対策をしていないと落とされてしまいます。
そこでまずご紹介したいのが一番最初に“どんな人か判断される”
募集の問い合わせの仕方
についてです。
風俗スタッフ求人の問い合わせ方法は大きく分けて、「メール」と「電話」の二つがあります。
それぞれの問い合わせについてご紹介します!

 

電話で連絡する場合

直ぐにレスポンスがとれる一般的な手段として、「電話応募」があります。
メールとは違い、今掛ければ今返事が返ってくるので双方にとって一番手軽な手段であると言えます。

電話では「〇〇の求人を拝見してお電話差し上げました、❍❍と申します。」
と、電話をした理由と名前をしっかり伝えましょう。ここで面接の日にちや、質問・疑問を聞いておきます。

特に確認すべきは面接日程と当日の持ち物です。この二つは間違えてしまわないように
「❍月❍日❍時ですね。」などと、しっかり復唱するようにしましょう。
記憶だけでは不安なので、電話を掛ける前には近くにペンとメモを置いておきましょう。

また、お店の忙しい時間帯にはなるべく電話での応募は避けましょう。
時間に余裕がありそうなときに掛けるのがベストです。

 

メールで連絡する場合

続いては、「メール応募」です。

メールは、一般企業でよく送られるビジネスメールとあまり変わりありません。
明確な決まりなどはありませんが、一般的には【挨拶文】→【名前】→【応募職種や簡単な経歴】→【意気込み・結びの挨拶】→【自分の連絡先】の順で書いていくのが望ましいです。

メールは電話とは違い、残ってしまうものなので「間違いはないか」、
「失礼な言葉遣いではないか」をしっかりとチェックしたうえで送信しましょう。

メールは、求人情報サイトのメールフォームや、店舗メールアドレスから送信できます。
また、最近ではLINEで応募というお店も増えてきています。メールを送信するよりお手軽ですが、
その分軽率な文章になってしまう危険性もあります。間違ってもスタンプなんかは送らないでくださいね…!

 

~面接までに用意するもの・注意事項!~

面接に行く途中、「あ…職務経歴書忘れてきた…」となってしまったら笑えませんよね。
面接に行く前には、前日までにしっかりと持ち物の確認
当日の身だしなみチェックは怠らないようにしましょう!
続いては、面接に必要となるもの、面接で気を付けることなどをご紹介します。

 

面接時の必要物

まずは面接に必要となるもの(※正社員の場合)をご紹介します!
すぐに用意できるものや、役所に行って取ってこなければいけないものもあるので
面接日から逆算して二日前までには全て揃えておくようにしましょう。

持ち物

●履歴書
●職務経歴書
●印鑑(※認め印です。朱肉も持っていくと安心です。)
●写真付きの身分証明書
●住民票
●通帳(給与振り込み用)
●筆記用具とメモ帳
●その他指定された物 等

当然ですが、忘れ物は大変印象が悪いです。
遅刻と忘れ物だけはしないようにしてください!!
面接前日には持ち物を2回確認しておきましょう。
備えあれば憂いなし
です。印鑑を押す際にお店側で出してくれる朱肉なども持っていくと印象が
良いです。(もちろん、ない場合はなくても大丈夫です!)忘れ物で減点されてしまってはもったいないです。
自信を持って面接に臨みましょう。面接時に必要な履歴書の書き方を知りたい人はこちら→履歴書の書き方

 

面接時の身だしなみ

 

髪の毛がはねていたり、スーツの袖のボタンが取れかかっていたり…身だしなみが出来ていない人は
第一印象が悪いです。人の印象は出会って三秒で決まると言われています。
人の行動が他者にどのような影響を及ぼすかを調べた「メラビアンの法則」では、口調や話す早さなどの聴覚情報が38%、見た目などの視覚的情報は55%!言語情報はたったの7%!というデータが出ています。

これを読んで「じゃあ、話す内容ちゃんとしなくてもいいじゃん…」なんて思わないでください。
あくまで第一印象の話です。面接官は、このお店で働きたい!と思ってくれている人を採用したいはずです。
清潔感に気を配ることも大変重要ですが
話の内容もしっかり考えた上で面接に臨みましょう!

身だしなみ

【髪型】…清潔感のある短髪。ロングヘアの方は切るか、
     黒か茶色の髪留めでまとめましょう。

【服装】…皴のないスーツとシャツを用意しましょう。
スーツの色も紺やグレーなど落ち着いた色のものが望ましいです。
また、アクセサリーなどは基本的にNGです。
面接会場に行くまでに身だしなみチェックをしておきましょう。


その他にも、爪や口臭などエチケットマナーもしっかりと守りましょう。
身だしなみは何より『清潔感』が大切です。自分がお客様として来たときに不快感を与えないだろうと思う
恰好で十分です。面接時の服装について詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。→面接時の服装

 

面接時の逆質問

「志望動機」と「前職でやってきたこと」などは聞かれるので用意しておくものですが、
面接の終盤に「質問はありませんか?」、「何か分からないことはありますか?」と、
面接官が質問をしてきた時にやる気をアピールできるような質問があると好印象です。
お店の雰囲気についてや、希望条件などについて聞くのもいいでしょう。正直に気になったことを聞くと、
実際に働いたときのギャップも少なくなるので質問は沢山用意しておきましょう。

 

~面接前の心得(まとめ)~

風俗店の店舗スタッフ採用の際に重要視されるのは、

常識はあるか、コミュニケーション能力はあるか、です!

普段の自分を意識しながら、敬語で丁寧に話すことを心掛けましょう。

人の印象は3秒で決まります!採用してもらえるよう、きっちり面接官の目を見て
聞こえる声で挨拶をし、あなたの熱意をアピールしましょう。

男性高収入求人なら【俺の風】で!