モテる男はつらいよ!キャストからの色仕掛けを回避するテク3つ

キャストの管理を行っているボーイにとって気をつけるべきことは、キャストとの色恋沙汰です。原則としてキャストとボーイの恋愛は禁止されていますが、仕事に対するモチベーションを上げるために色恋を管理される場合もあります。しかし、キャストとの恋愛では大きなトラブルもあるため、色仕掛けを回避するためのテクニックを知っておくべきでしょう。

キャストとの色恋を回避するための3つのテクニック

キャストに言い寄られて困っている方は、上手く色恋を回避するためのテクニックを知りたいですよね。キャストとの色恋を避けるテクニックについて、3つに分けてご紹介します。

キャストと二人きりになる場を避ける

キャストが色仕掛けをしやすい状況からなるべく離れるようにしましょう。

例えば、別室で二人きりになって話し込むと、恋愛に発展しやすいシチュエーションになりますよね。キャストから色仕掛けなどのアプローチをされても「仕事が忙しいから」と冷静に断るのが、無難な対応だといえます。

全員に対して平等に接する|別のキャストからの不満を考える

キャストに対して冷たくするということではなく、あくまで仕事上の付き合いとして良好な関係を作ることが重要です。

全員のキャストに対して平等に扱うといった意識を持てば、色恋によるトラブルを避けられます。

ボーイはあくまで、仕事上の付き合いでキャストを管理することが求められます。

特定のキャストと深い関係になってしまうことで、他のキャストは決して良くは思いません。

「何であの子ばかり優遇されているの?」といった不満をキャストに抱かせないために、平等な立場で仕事をこなすべきでしょう。

店内恋愛における危険性について説明する

脅し文句ではありませんが、「付き合っていることが店側にバレたら辞めることになる」や「店内恋愛が原因で売上が落ちたら責任を負う必要がある」など、大人な対応で店内恋愛が禁止されている理由を説明するのが良いでしょう。

キャストとの色恋は危険|キャバクラの店内恋愛におけるデメリット

キャストとの色恋は危険であり、最悪の場合ボーイ側が罰金を払ってクビになってしまうこともあるので注意するべきです。

その他にも、キャストとの色恋における売上面のデメリットが考えられます。

キャストとの色恋における悪影響は店内に限らず、キャバクラに来るお客様にもあります。

お気に入りだったキャストがボーイと付き合っていると知れ渡ったら、お客様が減ってしまうでしょう。結果的に売上が減ってしまうこともあるため、キャストとの色恋は店全体にとってデメリットになってしまいます。

キャストとの色恋におけるトラブルについてお分かりいただけたかと思います。

特定のキャストを優遇して恋愛に発展すると、さまざまな問題が起きることが考えられます。

ボーイの仕事は全てのキャストを平等に管理することが求められるので、一時的な恋愛感情に流されず、冷静に対応するべきでしょう。

The following two tabs change content below.
F月

F月

-196℃の酒をこよなく愛し、つまみを自炊するタイプのキッチンドランカー。最近のマイブームはアヒージョ。