【風俗初心者向け】デリヘルとホテヘルの違い&スタッフの仕事内容の違いを解説!

「デリヘルは家とかホテルに来て、ホテヘルはホテルだけに来るんでしょ?」これも合っているんですが、他にも明確な違いがあるんです。デリで遊びたいと思っている初心者にとってわかりやすく比較をしてみました。そしてスタッフの立場として仕事内容などの違いも解説もしていきます!

デリヘルとホテヘルの違い

違いは場所だけじゃない!

デリヘル(デリバリーヘルス)とホテヘル(ホテルヘルス)はどちらも特定の場所に女の子が派遣してヘルスサービスを行う業種です。

違いとしては、
デリヘル…ラブホやビジネスホテル、レンタルルーム、お客さんの自宅に女の子が行くもの
ホテヘル…お店の近くにあるホテルに女の子が行くもの
といったイメージが持たれがちです。

それも間違っていませんが、他にもクッキリとした違いがあります。

デリヘルは24時間営業をしているところがありますが、ホテヘルは24までと決まっています。

「ゆっくり女の子とイチャイチャしたい」と思っても時間が遅いから利用できない、なんてことが起きます。

ネットで気になるお店を見つけたときは、電話する前にデリヘルなのかホテヘルなのかしっかり確認しておきたいところです。

なんとなく風俗店は夜遅くまでやっているような雰囲気がありますが、そんなことはないです。
“何時でも自分がいるホテルに来てくれる”というデリへルの印象が強いのでしょう。

お店の数にも違いがあります。

店舗数だけで言えばデリヘルの方が圧倒的に多いです。

デリヘルは「無店舗型」という実店舗を持たずに営業をしている風俗店です。

事務所と女の子が待機できるスペースさえ確保すれば運営できる
お店の情報はHPだけ用意しておけばOK
電話のみで受付が済む」という手軽さからデリヘル店をはじめる業者が多いんです。
(風俗業界の中でも一番店舗数が多いのがデリヘル)

ホテヘルはお客さんが直接受付をしないと案内できないシステムとなっており、繁華街にしか受付所がありません。
実際に受付所を構えている点において、(詳しいメリットは後に解説しますが)女の子やお客さんにとって「安心感」や「安全面」が大きいのが特徴です。

東京、大阪などの集客率が高く、栄えているエリアにだけホテヘルがあります。
人の流通が少ないような地方にはホテヘルはありません。
逆にデリヘルはビジネスホテルや人口がある程度ある地域であればどこにでもあります。

サービス内容の違い

デリヘル(デリバリーヘルス)もホテヘル(ホテルヘルス)も基本的なサービス内容は「ヘルス」です。
キスやフェラ、素股、口内発射などの本番行為以外のプレイがメインになります。

流れとしては、お客さんのいる部屋に女の子が伺い、挨拶やシャワーをしてプレイに入ります。
どちらもお風呂で洗体、口内殺菌をした後ヘルスサービスを受け、最後にシャワーで体を流して終了です。

お店によってオプションの種類がありますが、基本的なサービス内容はデリヘルもホテヘルも一緒です。

いくらお金を積んでも本番行為はできないので、ヨコシマな考えは捨てましょう。

料金の違い

相場としての料金の違いはほとんどありません。

デリヘル…60分:15,000円
ホテヘル…60分:17,000円

ホテヘルの方が高く見えますが「ホテル代込みの料金」にしているお店が多いので、感覚的にはデリヘルと変わりません。

「込み」ではない場合でも、料金設定は安くなっておりホテルも比較的安いところを案内されるので、数千円の違いしかありません。

デリヘルになってくると別の部分で費用が変わってきます。

デリヘルをホテルに呼ぶ場合は、そのホテル代が掛かっていますし区域外まで派遣するとその分の「出張代」というのも別途発生します

遠い地域になってくると3,000円もすることもあるのでこの差は大きいです。
デリヘルを利用する前に自宅や自分のいるホテルが圏外かどうかは確認しておきましょう。

ホテヘルだけモザイクなしの女の子が見れる

受付方法にも違いがあるのですが、これがデリヘルとホテヘルの大きな違いになります。

デリヘル…電話での受付のみ。
ホテヘル…実際にある受付所に行く。

ホテヘルはお客さんが直接お店に出向き、スタッフと顔を合わせながらやり取りをするシステムです。
客側にとっても店側にとっても安心ポイントです。

料金も先払いだからトラブルが回避できるし、何かあっても受付所に行けば店員がいるので利用しやすいです。

さらにデリヘルにはない大きなメリットがあります。
それはホテヘルに限り「モザイクなしのパネル写真」を見ることができるんです。

デリヘルもホテヘルもHP上で見れる写真は顔がわからないように加工されています。
これは悪用防止や身バレ対策といった女の子のための配慮です。

デリヘルだとHPにある写真の雰囲気で判断するか店員に希望を言うだけですが、
ホテヘルの受付に行った際には、モザイクなしの写真が用意されているのでじっくり女の子を選ぶことができます。

これはホテヘルだけの特権と言っても過言ではありません。

『所要時間』でも違いがあります
デリヘルは女の子の移動の時間が掛かります。

お店の車でドライバーが運転して向かいますが、うまく辿り着けない可能性も充分あるでしょう。

思いつきで「すぐに女の子と遊びたい」と思ってもなかなかスムーズにいかないということを考慮する必要があります。

一方ホテヘルは、受付所から徒歩5分ほどにあるホテルを利用するので、女の子の移動時間というのがほとんどありません。

つまり受付の案内とホテルの入室がスムーズに進めみさえすれば、女の子とすぐに遊べちゃうんです。

※ここまでは風俗初心者の方向けにデリヘルとホテヘルの違いを解説をしてきました。
ここからはスタッフ目線でデリヘルとホテヘルの違いを解説していきます。

デリヘルスタッフとホテヘルスタッフの違い

スタッフの仕事内容

デリヘルもホテヘルも店舗スタッフの基本的な業務内容は同じです。

雑務(事務所や女の子の待機所にある備品のチェックや補充、清掃)
WEBの更新(新人情報や出勤情報、キャンペーン情報などのアップ作業)
女の子の管理(出勤時間の確認や予約状況の確認、接客後のフォローなど)
電話対応(問い合わせや予約)
受付での接客ホテヘルのみ
閉め作業
専属ドライバー業務(女の子をホテルなどの目的地まで送迎する/デリヘルのみ)

より具体的な業務内容はコチラで解説しています!
デリヘル男性スタッフの仕事~1日の流れ編~

ホテヘルのスタッフ独自に『使っているホテルの状況を把握しておいたり(閉業していたりや名前が変更していないかなど)、対面での接客』など、ならではの要素があります。

「デリヘルに比べて仕事が多くない?」という印象ですが、
「電話より対面接客のほうが得意」とか
「営業時間が24時までだから安定した生活リズムが良い」が好ましいと思う人もいるので、一概にホテヘルの方がキツイということはありません。

そして、その中でも大きな違いと言えば、客側のときと同様「受付」での業務が異なります。

受付・案内の違い

一番の違いは「受付」での接客シーンに違いがあります。

デリヘルは電話でのみ受付をするので、主にトークだけでお客様の対応をしなくてはなりません。
好みの要望にそぐえない場合には、口頭のみで別の女の子の魅力を説明しクロージングしなくてはなりません。
そこでの会話でお客様に期待感や安心感を与えるテクニックが必要です。

またリピーターになってもらうためにも信頼関係を築く話術も求められます。

客側としては「店員=店のイメージ」とも捉えるので、ある程度のコミュニケーション力が必要です

新人にいきなりそこまでのトークスキルを求めることはありませんが、そのレベルを目指して精進していくことになります。

ホテヘルは受付用の店舗を構えているので、対面での接客をします。
スタッフの見た目の印象もお店の評価につながりますので、身なりを清潔にしておく心掛けが必要です。

対面接客ならではのメリットがあります。

お客様の表情を見ながら話せる
パネル写真を見せながら女の子を紹介できる
料金の受け渡しが安心」といった要素です。

実際にお客さんの顔色を伺いながら話せるので、臨機応変に接客ができます。
さらに受付にはモザイクなしのパネル写真が置いてあるのもお客さんにとって嬉しいポイントです。

女の子を自分で見て判断するわけなので、後から「説明されたような子じゃなかった」と言ったトラブルの防止にもなります。
※ただし口頭のみで“想像させて女の子を期待させる”といったテクニックが使えません。

『料金の受け渡し』でも違いがあります。

デリヘル…女の子がお客様から受け取る
ホテヘル…受付でスタッフが料金を受け取る

ホテヘルは受付で料金を先払いで受け取ります。
スッポカシや所持金不足トラブルが起きない安心感があります。

デリヘル・ホテヘルのスタッフに向いている人の特徴

デリヘルとホテヘルのスタッフの仕事で違いと言えば「接客する場面」です。

デリヘルは電話で、ホテヘルは対面です。
「電話で話すのは苦手だけど、直接顔を合わせて話すのはできる!」という方はホテヘルが向いており、
「相手の目を見て話すのは苦手だけど、電話だったら楽」という方はデリヘル向きです。

どちらの業種でも言えることですが、1人で黙々と作業することもあればアクティブに動くこともあります。

持っていると重宝される要素として【ひたむきに頑張れる】【お店のためにアイデアを発信できる】【攻め続ける精神】です。

“活力があって飽きっぽい”性格であればこの業界に向いているハイブリッド人材と言えます。

給料の違い

お店によってどうしても差は出てしまいますが、スタート時の月給相場は…

デリヘル月給26~30万円
ホテヘル月給25~35万円

となっております。
ただしほとんどの店舗には歩合制や手当等があるので、インセンティブが加わればこの限りではありません。

業界の特徴でもある「スピード昇進・昇給」によって1年あるいは半年で重役になることも可能です。
そのクラスになれば格段に給料もアップしていきます。

マネージャー月給50~60万円
店長月給80~100万円

これはデリヘルもホテヘルでも同じ収入額です。
大体どこの店舗も似たり寄ったりですが、大手グループ店などになってくればより顕著になってきます。

一般企業では学歴も高く、経歴が厚いような人間でしか手にすることができない“月100万円”
ただこの業界であれば“学歴・職歴・年齢”も関係なく、自分の頑張りだけで手にすることができるんです。

ここでオススメしたいのは『ホテヘル』

もし働き口としてデリヘルとホテヘルのどちらをオススメするか…断然『ホテヘル』を推します!

店舗型ヘルスの数は法律の関係上これ以上増えることがなく、
デリヘルは無店舗ではじめられるから数が増え続けることで、悪質な店舗が目立ってきます。

デリヘル業界のイメージダウンはどんどん下がってきます。

これは風俗店を利用しているお客さん側にも周知されている事柄。

これに対しホテヘルは、解説してきたようにお客さん側にもお店側にも「安心感」や「安全度」が高い風俗です。
つまり将来性があり、潰れる危険がないということ。

また「効率」や「管理」についてもホテヘルの方が都合良いです。

ホテヘルは、待機所からホテルまでの距離が近いので女の子の移動時間がほとんどありません。
プレイ前後の無駄がない分回転率が上がります。
範囲もホテルだけなので、女の子の管理がしやすいのはメリットです。

比べてデリヘルはホテヘルと同じくらいのコース時間に加えて移動時間があります。
待機所と目的地間が遠いほど時間が掛かるし、その分次のお客さんに案内することができません。
“時間とコスト”が負担される上、非効率的です。

大阪はホテヘルのメッカ

栄えていない地方にも存在するほど店舗数が多いデリヘルと比べて、ホテヘルは繁華街にしか点在していません。

東京で言えば渋谷や池袋、新宿、五反田が有名です。

ただ大阪の方がホテヘルはアツイです。
日本橋、梅田、飛田新地、谷九などの繁華街にめっちゃあります。

地域制も相まって激安店の需要がものすごく高く、利用客が絶えません。

日本橋だけでも30件近く点在しています。
その中で大手グループ店や勢いのある店舗もあるので、自分に合った求人を探しやすいです。

ホテヘルであれば他の店舗と比べても集客率が高く、安定した売上げが見込めるため将来性があります。

ライバル店が多いと競争率も高い印象がありますが、競り負けてる店舗の給与や待遇が悪いということは決してありません。

“激安”というテーマ性と人口の多さ(観光客なども含む)によってそもそもの売上げが高いのです。

つまり「自分がここで働きたい!」と思える店舗があれば、悩まず飛び込んじゃえ!ということです!

関西の求人一覧はコチラ

ホテヘルに働いている人にインタビュー!

俺の風」は男性向けの高収入ナイトワーク系の求人サイトです。

未経験から働いている方や全く関係ない職業から転職してきた方など、実際に働いている男性スタッフにインタビューをしています。

貰っている給料、仕事のエピソードなどリアルな意見が飛び交っているので、興味がある人にとっては有益な内容となっています。
是非チェックしてみてくださいね!

『ホテヘル』の求人をチェック!