風俗店の男性スタッフの主な職種と業務内容を紹介します

お店で活躍をするのは女性ばかりではない


風俗店と言うととかく女性が活躍する職場のように感じますが、何もお客様に直接サービスをする女性ばかりがお店を切り盛りしているわけではありません。
あくまで女性はサービスキャストであり、サービスの提供が主な役割であってその他の業務については基本的に関わることがありません。その他の業務というのは電話対応などのお客様対応やキャストの送迎、在庫管理や帳簿管理、ホームページの管理などお客様に直接サービスを行う裏方の仕事です。
これらの仕事はキャストは行わず、全て男性スタッフが対応をします。

当然経営という側面にも関わってくるため、どのような役割で仕事に当たるかによってはお店の売上を左右するような重要な決定権も担うようになります。
このように言うとかなり重い役割を担うように感じるでしょうが、一般企業でも全ての人が出世コースに乗り責任の重い仕事を割り当てられるのではなく、正社員という立場であったとしても責任が比較的軽い仕事を担当する人はいます。会社という組織の中には役職にある人ばかりが重要なのではなく、平社員という立場であっても会社の下支えをする重要なポジションでもあるのです。風俗店についても同様であり、お店を様々な形で支える役目を担いますから昇進ありきの形で飛び込む必要は無いということです。

具体的にどのような役割を担うのか、それはお店によっても違いがありお店がどのような形態を取るかによっても変化が現れます。また、そのお店がチェーン展開をしていて全国各地に店舗を持っており母体となる企業で働くということもあります。
本社に勤めて各店舗に指示を出す役回りというものもありますから、やはり運営母体が何処にあるのか、規模がどうなのかということでも仕事の内容が変わりますのでよく確認をしておく必要があります。
具体的に男性スタッフはどのようなことをしているのでしょうか。

風俗店にはどのようなお店があるのか

風俗店に勤務をすると言っても、お店によって形態が変わりますのでまずはどのようなお店があるかということを知っておく必要があります。

ソフトなサービスのお店

風俗は性的なサービスを主とするのですが、業種によっては性的なサービスにも差が出るため、一定以上のサービスは行わないといった違いが出てきます。
比較的ソフトなサービスになるのがおっパブやセクキャバと呼ばれる身体には触れさせるものの、お客様に対して最後までサービスをしない形態であり、キャバクラとヘルスを足して2で割ったようなものです。
勿論抜きのサービスはありませんし強要すればペナルティが発生します。また、オナクラや手コキ店はキャストが服を脱がずにサービスが出来るので、自分の裸を見せることに抵抗がありヘルスやソープに抵抗がある女性が在籍しています。

女性キャスト主導のサービスのお店

男性が積極的に動いて性的なサービスを受けるのではなく、完全に受け身になって全ての主導権をキャストに委ねるのが性感マッサージや風俗エステです。
通常のリラクゼーションやエステの中に性的サービスがあり、この性的サービスは基本的に手で行うため口を使うことに抵抗がある女性には働きやすいのが特徴です。また、服を脱ぐ必要が無くキスなどもNGですから男性は体のコリをほぐし、そして性的な快楽を女性主導で得ることに満足をします。行うマッサージはアーユルヴェーダやリンパマッサージなどオイルを使ったものが多く、マッサージ未経験のキャストであっても習得がしやすくやりやすいのが利点でもあります。

ヘルス

ヘルスにはデリバリーヘルス、ホテルヘルス、ファッションヘルスの3つがあり、デリヘルは無店舗型の出張サービス、ホテヘルは店舗はあるもののキャストの指名を店舗でするだけでサービスは指定した場所で行う出張サービスです。
ファッションヘルスだけが完全な店舗型サービスであり、コスプレなどをして性的なサービスを行うイメクラもファッションヘルスの1つです。主なサービスは性交類似行為、つまりは前戯までであり最後まで行うことはしません。これを認めてしまうと風俗店としても法的にまずい状況になってしまうため、キャストにも行わないようにと指導がされています。店舗を持たないデリヘルは24時間営業が出来るため、副業で働きたい女性には非常に人気があります。

ソープ

ソープはお客様との自由恋愛をすることをコンセプトに行っているところであり、店舗内でサービスが完結しています。
料金はヘルスに比べると高く、時間も長いのが特徴であり部屋の中には浴室が完備されてお客様の体を性的なサービス込みで洗ってあげるなど、することの幅は広いです。基本的にはお客様が望む方法に応えてサービスするのが仕事になり、出来るサービスの幅が広い分キャストの裁量に委ねられる部分が最も多いジャンルでもあります。

風俗店の男性スタッフの主な役割

風俗店の男性スタッフは裏方の役目であり、女の子同様にお客様に何らかのサービスをするわけではありません。
中には男性キャストが男性のお客様に性的なサービスをするお店もありますが、それでも裏方には男性スタッフの力が必要になります。

お店を運営する役目を担う店長

お店を展開する上ではリーダーの存在が必要不可欠であり、そしてお店の売上を出すために重要な役割を担います。
キャストは性的なサービスを行いますが、これはキャストごとによってやり方が多少異なるとはいえマニュアル化された動きをしています。ご指名いただいたお客様に対し、このような流れでサービスを行いオプションサービスもどのタイミングで行うのかということについてもある程度マニュアルがあります。
しかし、このマニュアル通りの動きだけを常に繰り返しているとお客様としては目新しさが無くなり、段々と店から遠のいて別のお店に移ってしまうことも考えられるため、どのようにすればリピーターになってくれるのかを常に考えなければなりません。同時に働いてくれるキャストも短期バイトとして入って来た子は別にしても、長く働くつもりで入って来たキャストをいかにして辞めさせずに長く続けてもらうかということを考えるのも重要な仕事となります。
売上をいかにして出すか、そしてキャストの管理をしてストレス無く働いて貰うにはどうしたら良いのかということを考え、円滑にお店が動くようにと舵取りをするのが役目になります。
ただしリーダー業務以外にもサービスキャストの仕事以外で手が回らないところがあれば柔軟に対応をする必要があるため、仕事全般を補佐するという役目もあります。

内勤スタッフ

内勤スタッフはリーダー業務を行わず、事務仕事が中心になります。
まずキャストが使用する道具の管理を行い、不足や不備が出ないようにとチェックを行います。
この道具はオプションサービスに使うものやキャストに持たせる消毒液やローションなど様々であり、不足をしてしまったり故障に気付かなかったりすると、いざ使用する時にキャストが困ってしまいます。特に消毒は性病感染を防ぐために重要な役割を担いますし、キャストが性病に罹患してしまうと出勤停止扱いにしなければならないので欠かすことが出来ません。
また、お店の掃除についても内勤スタッフの仕事になり、店舗型であればシーツの交換などプレイルームを整えるのもキャストではなくスタッフの仕事です。お客様にもキャストにも心地よくプレイが出来る環境を整えておくことが仕事になります。

受付スタッフ

風俗店を利用する時に必ずお客様の要望を聞いてからキャストを斡旋するため、サービスへと展開する前の接客を行うスタッフは必要になります。
これは内勤スタッフが兼ねることもあるのですが、大型店舗の場合はあえて分けていることがあります。無店舗型の場合は電話対応ということになりますが、ただお客様からの要望を聞いてそのまま女の子をあてがえば良いというわけではありません。お客様の中にはこの子でお願いしたいという要望を持たず、条件やお店のおすすめを聞いて来ることがありますので、マッチングをする能力が求められます。
お客様に気持ち良く満足してもらうためには的確にキャストをおすすめするのも仕事となるのです。

ドライバー

ドライバーはその名の通り、指名を受けたキャストの送迎を行います。
これはデリヘルといった店舗を持たない出張型のサービスに多い職種であり、何処かに出向いてサービスを行うようなところは必ず専属のドライバーを用意しています。
ただ送迎を行えば良いのではなく、時にキャストのボディガードを務めることにもなり、お客様とのトラブルが起こった時にキャストを守るという役割もあります。しかしこのようなことは多くあることではないので、基本的にはお客様の元へキャストを運ぶことが仕事と考えて差し支えないでしょう。

社員になりたいのなら店長候補や内勤スタッフ

例えば前の会社をリストラされて、どうしても再就職先が見つからず風俗業界に飛び込もうとしている人は出来る限り前職と同じ程度の福利厚生は求めたいと考えます。
となるとアルバイトという立場よりは社員として働いた方が待遇は良くなるので、正社員を目指して働くことになります。

幹部・店長候補の仕事とは?

正職員として最も入りやすいのが上を目指していく役回りです。
当然入職直後から幹部や店長として働けというのは無理な話ですし、前職が風俗業でもない限りノウハウがありません。風俗業に飛び込む男性のほとんどが未経験者で、客として利用したことがある人もいれば全く利用をしたことがない人もおり様々です。出だしは皆フラットな状態からスタートするため育成の体制もきちんと整っており、今まで平で働いてきたからリーダー候補として働く自信がないと考えなくても大丈夫です。将来何かしらのポジションに就くことが決まっているので給与も高めであり、能力があれば早い段階での昇進がが可能です。自分で経営をしてみたい、日本で一番の店にしてみたいなど運営に関わり仕事の自由度を求める人にはやりやすいポジションにもなります。

内勤スタッフの仕事とは?

リーダーとして働くことは望んでいないけれど、それでも正社員として働きたい場合は内勤スタッフとして働くのがおすすめです。
立場は普通の店員ですが業務の幅は広く、事務仕事の全般だと考えた方が良いでしょう。事務作業の中には経理や電話対応なども含まれるため、時にはお客様対応をする役目も担うことになります。今はネットを駆使して情報を集める時代ですので、ホームページの管理も重要な仕事になることがあり、パソコンの知識を求められる機会は少なくはありません。パソコンが出来ないからと採用を断られることは無いでしょうが、やはり出来る人と出来ない人の二人がいれば、出来る人を雇いたいと思うものですから事前に知識を付けておいた方が良いかもしれません。ある程度基盤が出来上がってマニュアルが存在するような店であれば良いのですが、チェーン展開をしておらず新規立ち上げという状態であればホームページの作り方などは全て手探りで行わなければなりません。パソコンの使い方についてきちんと覚えておくと、有利になることがあります。
また、基本的には出世コースには乗らないのでそのお店で長く働く形にはなるのですが、勤め先がどのようなところであるかによっては栄転という可能性も無いとは言えません。お店での働きが認められて有能な人材であると判断された場合、能力を評価され大きな風俗店では本社へと移動になり、そこの内勤スタッフとして働くことも考えられます。

WEB関連の社員の仕事とは?

それほど規模が大きくない風俗店では内勤スタッフが兼ねることがあるのですが、母体が大きく本社が存在するようなところだとWEB専門のスタッフを別に置いて仕事をすることがあります。
大きなところであれば内勤スタッフの扱いも一般企業と同様に事務や経理、企画などと分かれていますのでWEB関連の仕事も独立しているのです。
母体が大きくなればホームページを作ってお店の宣伝媒体に使う以外にもパソコンを使う作業は出てきますし、顧客の名簿なども本社のサーバで管理をされていることがありますので情報流出が怒らないように管理をするなど業務の幅は多岐に渡ります。
前職がSEなどでパソコンに深く関わる仕事をしていた人はこちらの道を選ぶのも良いかもしれません。

副業やアルバイトならドライバーや受付スタッフ

学生や本業はあるからメインとして働くつもりはないけれども、それでも自分の都合が良い時間に働きたいという場合はドライバーや受付スタッフがおすすめです。
正社員としての採用よりもアルバイト採用が多く、日当や時給が高いので普通のアルバイトをするよりもずっと稼ぐことが出来ます。

ドライバーの仕事とは?

運転をすることが仕事になりますが、ただ運転をすれば良いというわけでないのは先程も言った通りです。
お客様は指名をした時に時間の予約もしており、お店もこの時間に行くということで約束をしています。
この約束は金銭が発生するものですからルーズに考えていてはならず、きちんと時間通りにキャストを目的地へと運ぶのが仕事になります。
当然時間に間に合わないからと荒々しい運転をするのではなく、事故に遭わないように安全運転を心がける必要もあり、このため常にどのルートを通れば確実に目的地まで約束の時間よりも早く辿り着けるかを知っておく必要があるのです。約束にルーズなお店はお客様からの信頼を失い、次に繋がりませんし悪評としてネットの口コミに書かれてしまえばお店の売上にも関係します。

また、お客様とのトラブルに対応をしなくてはならないこともあるため、いつでも女の子から連絡を受けた時に飛び込めるようには考えておかなければなりません。
お店側もお客様とのトラブルを想定しているのでドライバーをサービス中は近くで待機させることがあり、この時間は自由時間ではあるのですが完全な休み時間として捉えてしまうと万一の時に迅速な対応が出来ません。
それに加えてキャストが送迎中の車の中で愚痴を零してきた時も聞き手になる役割も担いますから、ある意味ではストレスケアも仕事の一つと考えて良いかもしれません。
ただ運転をするだけではなく、キャストの安全を最優先に考えることが仕事になります。

受付スタッフの仕事とは?

学生のアルバイトで最も多いのがこの勤務形態であり、店舗を持つ店では勤務時間に制限があるため、店舗を持たないデリヘルなどの出張サービスの夜勤などにあてがわれることがあります。

機械的にマニュアル通りな対応をしていても良いのですが、アルバイトと言えども店の利益を出すためには必要な存在ですし、逆に最初に接客を受けた男性スタッフの態度が悪いのが気になって次からの利用を止めようと考える人もいるので店の顔としての振る舞いを考えねばなりません。
例えばコンビニに入った時に店番をしている店員の態度が悪ければ、どれほど商品が良かったとしても二度目はないように、どれほど質の良い女の子が揃っていたとしても遊ぶために嫌な思いを最初にしなければならないのかと思うとうんざりもします。だったら他所の店で遊べばいいや、と思われないようにするためには店の看板を背負っているのだという意識を持つことが重要です。

先程も話したように、お客様の希望に添えない時はこちら側から売り込んでいかなければなりませんから、営業トークがある程度は出来ないといけません。
何も本物の営業職のように売り込む必要はなく、この子なら確実にお客様が望むサービスをしてくれると推せるように自分なりに考えておくだけでもおすすめする時の喋り方に変化が出ます。
アルバイトと言ってもお店に貢献してくれる人を無下にはしませんから、努力次第では更なる高収入を目指すことも出来るでしょう。

業種や目的をよく考えて自分に合った職種を選ぼう

風俗店で働くことは然程難しいことではなく、一般常識が著しく欠如しているなどの問題が無ければ大抵は採用されるものです。風俗業界では慢性的な人材不足であり、有能な人材が育ちにくいという背景があります。
風俗業への偏見であったり、人間関係のトラブルであったりと理由は様々ですが、定着率があまり良くはないのは事実なので受け入れる間口は非常に広いです。
ですので入りやすい土壌はあるのですが、折角入ってもすぐに辞めてしまうようなことになるのは流石に勿体無いと言えます。勿論短期バイトとして入っているのならば全く問題は無いのですが、短期ではなく長期で出来る限り長く働き続けたいと考えている人には辞めてしまうのは勿体無いのです。
こうならないためにも、自分はどのような業種に向いているのか、自分は一体風俗業界で何をやりたいと思っているのかなどを考えてみるとミスマッチを防げます。

人材育成が出来ていないということは逆に考えればレベルが高くはない、つまり努力次第では何処までも高みに登っていけるということです。一般企業では係長や課長などの役職者になるのも難しいですが、風俗業界では努力次第で幹部になることも夢ではありません。
当然年収においても1000万以上稼ぐのも他の業界と比較をすれば難しい話ではなく、売上が出せれば何処までも高みに登っていくことが出来ます。自分が何をしたいのか、ということをしっかりと見定めていればどのような職種を選んだとしても特別問題にはなりませんので、収入の高さや肩書きだけではなく、自分の適性などをよく考えて決めると良いでしょう。

男性高収入求人なら【俺の風】で!