キャバクラや風俗店が「キャストと男性スタッフの恋愛禁止」な理由

ナイトワークでは一般的に女性キャストと男性スタッフの店内恋愛はNGとされています。キャストとの店内恋愛がバレてしまった場合、重いペナルティが課されるケースも多いのです。 多くの風俗店がキャストとの恋愛を禁止している理由とペナルティについてご紹介します。

キャストとの恋愛はお店の風紀が乱れてしまう

キャバクラにしても風俗店にしても、キャストはお客様と疑似的な恋愛関係を提供するのが仕事です。お客様も目の前の女性が「今だけは自分のもの」という時間を楽しみます。
キャストの女性にプライベートの彼氏がいるというのが想定内だとしても、店内にいるとなれば話は別。キャストが常に彼氏を意識している状態では「今だけは自分のもの」と言えず、お客様としては面白くありません。

また近くに彼氏がいる場合のキャストは接客への集中力が散漫になりやすく、サービスの質が落ちてしまう可能性もあるでしょう。

店内恋愛があると、関係がこじれた時に職場の人間関係にも影響が出てしまいます。特に三角関係など複数の人間が絡んでくると、営業中もギスギスして目も当てられない、という状況になることも有り得ます。
当事者でなくても、男性スタッフがキャストの一人だけをひいきするようなことがあれば、他のキャストから不満が出てしまうかもしれません。

女性が多い職場であるだけに、女性同士のトラブルはできるだけ起こさないことが大切です。そして女性同士は間に男性が入ると収まりがつかなくなることも多いので、店内の風紀を保つためにも店内恋愛は禁止されているのです。

キャストを守り売り上げを確保するため

ナイトワークにおいてキャストはいわば商品です。そのキャストに手を出してキャストのやる気がそがれたり、接客力が低下するようなことがあればお店にとっては大きな損害となります。
またお店側からすると、従業員が大切な商品を「タダで勝手に使う」ということ自体も許せない行為です。順調な交際の末めでたく結婚や出産となればまだしも、ヘタに関係がこじれてお店を辞めてしまうようなケースもあるかもしれません。
このようなトラブルを起こさないためにも、キャストへの手出しは厳禁とされています。

「キャストとの恋愛禁止」ルール違反に課されるペナルティとは

キャストと恋愛関係になっていることがお店にバレた場合、罰金やクビという重いペナルティを課しているところが多いようです。50万~200万円までとお店によって幅があるものの、高額な罰金が課されます。

この金額については入店する際、誓約書にサインを求められますが、法律的には支払う必要はないお金で、脅された場合は警察への相談も可能です。しかしなぜこんな高額な罰金をわざわざスタッフに提示するのでしょうか?

それはスタッフ同士の恋愛が、お店の運営や売上に大きく影響するからに他ならないからです。ナイトワーク業界は広しと言えど「あいつはキャストに手を出した」という噂が広まれば、クビになった後のリスクは大きくなってしまうでしょう。

お店に内緒で付き合っている人もいるのは事実ですが、店内恋愛がお店へ与える影響の大きさを知っておけば、なぜ店内恋愛NGなのかわかります。ナイトワーク業界で働くなら、こうしたスタッフ同士の恋愛事情については気を付けておきましょう。

The following two tabs change content below.
F-Shrimp

F-Shrimp

スーツより小物(靴や時計)にこだわる元ファッション系男子。海外旅行でグルメにハマり常に各地を旅したいと思っている風俗ライター。趣味は美味しい洋食屋とアジア料理屋巡り。